猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密!
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←日本語バナシは無期休業中......
         
シンデレラ?

 

 



うっとり......

P1250739.JPG

灰色しましまが、うっとりと抱きかかえているのは、

薪ストーブ用の革手袋。

 

 


今シーズンは、妙にこの手袋が気に入って、

日に一回は、こんなふうなのです。

 

P1250732.JPG
P1250734.JPG
P1250735.JPG
P1250736.JPG
P1250737.JPG
P1250738.JPG
P1250740.JPG

昨シーズンまで、こんなことなかったと思うんですよね。
いったい何がこうまでウリ猫を陶酔させるのか。

 


革手袋は、燃え盛る薪をつかんで位置を直したりするのに使います。

ですから、炭化した薪や灰で汚れているのですが、
染みついたその燻煙のかほりがイイんでしょうか。
ちなみに、グリコはまったくの無反応です。

 



ウリすけが、灰色ネコでよかった。

P1250741.JPG

ほっぺの白いネコだったら、

柄ゆきが変わっていたことでしょう。

 

 

もとから灰かぶり。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

| ひとやすみ | 02:22 | comments(1) | - |
まだまだイケる。


 


このぽってりした物体は、
マダム・グリコ

P1250696.JPG

いったい何歳になるんだろう。

 



私ども一家が当地に越してきたのが2003年の暮れ、
当時お隣の家猫だった彼女は、すでに貫禄十分の中年猫でした。
その後、ワケあってわが家の庭に居を移したのが2010年暮れ。
☆グリコが家を失った件

さらに、彼女にとっては悪夢のような災難を契機に、
正式にわが家のメンバーになったのが、2014年の12月。
☆グリコ・ホイホイ事件

 




見よ、この柔軟性!

P1250694.JPG



見よ、この目ヂカラ!


P1250698.JPG
 

 

まだまだ、やるわよ。

 




ベッドの上り下りには踏み台が必要だし、
耳の後ろにハゲはあるし、
歩く姿も、かな〜り、ギクシャクしておいでですが、
まだまだ、なまなかなコムスメには負けません。
そろそろしっぽが二股に分かれる頃合いかも。

 


マダムにとってはろくでもない記憶ばかりの12月、

とくに表立ったお祝いはいたしませんが、

世話役は、そっと杯を掲げておりますよ。


元気でいてください。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   
 

| ひとやすみ | 08:44 | comments(10) | - |
引退式


覚えておいででしょうか、わが家の長老家電、
あっかる〜いナッショナ〜ルの、ホームベーカリー。
ちりめん山椒粗熱取り事件に巻き込まれ、
軽微ならざるケガを負いつつも奇跡の生還を果たしたお方。

無口な英雄は、その後も黙々とパンを焼き続けてきましたが、
内釜のこびりつきがひどくてパンが取り出せない事態に至り、
このほど、ついに引退を決意なさいました。



こちら、同郷出身の新人さん。
二度とあんな事故のないよう、ウリ猫に引き合わせる。

PB120007.JPG



関係にゃいと言いたげな、灰色しましまに、
前任者からも、無言の圧力。

PB120010.JPG


何しろ保証書に「平成7年9月」とある。
御年、21歳と2か月です。
まことにおつかれさまでございました。

先代のニャンタとも暮らしたことがあるのだと思うと、
なおさら感慨深くて、別れがつらい。


なのに......


そんな飼い主の湿っぽい感傷を何とも思わぬこの態度。

P1250590.JPG



まあ、いいけど。
しょせん、機械なんだから。

P1250594.JPG



でも、朝の路上のごみ収集所に置いたとき、
ものすごく気がとがめて......

P1250596.JPG

あとをも見ずに足早に立ち去る、
あやしすぎるおばさんになってました。



でね、
思ったんですけどね、



8年前、この灰色しましまを捨てた人は
どんな気持ちだったんだろうか......

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   
| ひとやすみ | 09:03 | comments(4) | - |
名残り柿




去年なかなかの豊作だった庭の筆柿。
2年続けて、今年もやる気満々でした。


が、どうも秋になっても気温が下がらず、
下がったと思ったら今度はいきなり真冬なみの冷え込みで、
いまいち味が乗らぬまま、シーズンを終えました。

そんな次第で、鳥もつつかぬ、渋いのが残った。

P1250611.JPG



この色は、マダムのほうが似合うかしらね。

P1250621.JPG
新発売「ぐりこのたまご」♪



もともと甘柿なのですが、干せば干し柿になります。
過去2回、製造に成功しておりますが、
今年は「乾いた寒風」が吹かないので、どうかなあと迷いつつ、
皮をむいて部屋の中に干してみたら、

その翌々日は、こんな絶好の干し柿日和に。

 

 

P1250701.JPG

半世紀ぶりの11月の積雪だったとかで、
なかなかのよい眺めになりました。

 

ここはどこ?と問いたい。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

| ひとやすみ | 02:22 | comments(5) | - |
(春)夏(秋)冬



猫、びっくり。

P1250711.JPG

11月の東京に雪が積もった翌朝、
お隣の庭には、今を盛りのもみじ。

びっくりして、カメラも傾く。



この白いものは、何?

P1250720.JPG


日本には四季がある、と思っていたのですが、
どうもわたくし、うっかりしていたようで......
ええと、今年は、秋、ありましたっけ?





この日の室内ミニドラマ。


おばちゃん、どうにかしてにゃ。

P1250707.JPG

 

 

 

P1250704.JPG



行列のできる窓際。

P1250706.JPG

縦に並ぶ必要はない

と、おばちゃんは思うんだがな。
 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

| ひとやすみ | 09:02 | comments(4) | - |
        
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode