からっぽなほめことば



むっつり猫、かわいい!

P8160026.JPG



白目、かわいい!

P8160028.JPG



邪魔猫、かわいい!

P8160025.JPG


花
 

夏休み恒例シリーズ

あと2回でおわります。

 

留学生は見た!

今回もいちばん多かったのは、


「日本語ほめすぎ注意!」

「英語で話しかけるのヤメテ!」
でした。

ダイジェストでお送りします。
 

ドイツのKDさん

(「おはようございます」と言っただけで「日本語が上手ね」とほめられて、)もちろん、ほめられたくないわけではないが、こういうのからっぽなほめことばをやめてほしいです。

 

台湾のLCさん

日本語を話すとき、たまに日本人から「日本人と思った」…「もう日本人だ」。日本語を勉強している人にとって、これはまさに最高の褒め言葉が、振りかえて考えると、なんだが違和感をする。…私もちゃんと自分の国、自分の文化を持つ人だ。そういう言い方は褒められていることを知っているけど、少し本人の意思が無視されたと気がする。

 

 

インドネシアのSAFさん

みためは外国人だから、日本人ががんばってえいごでこたえる。…ぎゃくに日本人がしゃべるえいごがぜんぜんわからなくて、なかなか通じない。日本語でこたえればいいのにと思う。

 

 

カナダのDWさん

(台湾人の友だちと買い物に行ったとき、店員がDWさんを無視して台湾人の友人に話しかけた。)とてもくやしい経験だった。はだの色や顔のかたちで言語力を判断されるのは決していい気持ではない。日本人には、人の見ためは外国人でも日本語ができないわけではないし、見ためがアジア人でも日本人とはかぎらないということを覚えてほしい。

 

 

トルコのYさん

外国人だと分かるとすぐに英語で話かけようとする人がとても多いと思う。…私にとってはちょっといやだ。英語は私の母語じゃないし、英語で話かけられるともっと困まる。

 




 

なるほど〜。
「からっぽなほめことば」

KDさん、うまいこと言いますねえ。

 

 

そして、

たびたび主張してきたことですが、
ここまで留学生が言っているのです。
私も何度でも主張したい。


道路や施設の標識の
多言語化は、当然必要です。
でも

話すときのことばは、
「おもてなしの英語」より
「やさしい日本語」を磨きませんか。

簡潔な、わかりやすい日本語を。


**


猫は、
猫はいくらほめてもいいと思います。

 

 

ただ、ねえ......

 

 

 

パソコンいじめは、やめて。
排気口ふさぐの、やめて。

P8160021.JPG

残暑と猫圧にあえぐパソ子。
 


にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

残暑残念猫





やっと涼しくなった。
そう喜んでいたら、
また暑いじゃないの!


そんな9月のある日。

P8180056.JPG

玄関土間に横たわる猫。
優雅である。








うむ。

P8180054.JPG




優雅だ!

P8180053.JPG




にょほっ。

P8180057.JPG
 

ああ、また、

猫を拭かなくちゃ。
 

 

今度こそ

ほんとうに涼しくなった。

――信じていいのかな?
 

 



にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

台風被災地で

疲労の極にある方々が、
この気温の乱高下で

体調を崩されませんように。

うら・おもて

 




ウラ。

 

P1350195.JPG





 

オモテ。
 

P1350197.JPG

......。

オモテの顔は、
見ないほうがよかった気がする。


花

 

 

夏休み恒例シリーズ

あと少し


留学生は見た!

クロアチアのSPさんです。


これはたぶんそのようにおもしろいことではないかもしれませんが、よく言われたことは「日本人ははっきりひていしない」ということです。私はそれをなんども聞きましたが、どうしてそれをしないとまだよくしっていません。例えば、だれかのさそいをことわるとき、日本人は「行きたくない」と言いません。そのとき、いつもあいまいな表現を使っていますので、本当の気持ちをあまり伝りません。そして、それはひていするときだけではなくて、色々場面で日本人は自分の気持ちをかくします。クロアチアでもそういう人たちがあるかもしれませんが、ほとんどの人たちは何もかくしません。

 

 


以前にも、これと似た視点から
感想を書いてくれた人がいました。
☆中国のQさん
☆台湾のWさん


根っから日本人の私からすると
「隠している」というつもりは
あんまりないんですよね。


たとえば誘われたという場面だったら、
「で、どこに何時に集まる?」
といった具体的な相談を始めない限り、
それは「行きたくない」のシルシ。

 

 

互いに、そんな想定のもとに
会話を成立させている気がします。

 

 

問題は、

その想定を前提にしていていいのか

という点でしょう。



**


「それが日本ルールなんですよ。」
留学生に呑み込んでもらうか、
あるいは、
「それじゃあダメなんだよ、

日本人、変わらなくちゃ!
と発奮するか......

 

 

どっちがいいでしょう?
 


 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ