道草クッキング





おひさしぶりの、アストロノート・ウリ。

P4250009.JPG

めずらしく、おばの帰りを玄関に出迎えてくれました。



ただいま〜。



あ、そっぽ向くのね。

P4250013.JPG




おみやげが気に食わなかったらしい。

P4250010.JPG


そんな顔しなくても......




花

さてさて、おみやげに摘んできたのは、
正真正銘の「道草」。

 

イタドリの新芽です。

P1310609.JPG


どこにでもある草ですが、わが家近辺にはないなあ、
と思っていたら、最寄り駅の階段脇で発見。
ツツジの植え込みから、ひゅんひゅん頭を出していました。


乗降客のきわめて少ない駅です。
背中に監視カメラの視線を感じつつも、
かまうもんか、と柵から身を乗り出して摘んできました。


ミツバチ博士のjunbee先生が教えてくれたレシピを
一度ためしてみたかったのだ。


イタドリの穂先のベーコン炒め。



ありゃま、湯気が。




ふーっ!

P1310615.JPG

 


うーむ。
何だかスジっぽく写っちゃいましたが、
そんなことはないのです。
やわらかくて、と〜ってもおいしいのです!
かすかな酸味が、何ともいえません。

 


 
どうやら怒涛の4月もゴールが見えてきました。
両腕を広げたGWさんの胸に倒れ込めそうです。
自転車操業のご同輩、がんばりましょうぞ!


自転車操業でも、
道草食ってるヒマはあったのよね、ワタシ。

  

 


※しばらくグリコの登場がありませんが、彼女は元気です。

 ウリをエリカラ巻きにしちゃうくらい、元気いっぱいです。
(今回は左耳の脇をザックリ、やってくれました。とほほ......)

目は雄弁。





おばのお気に入りのイスを占拠する灰色しましま。

P1310476.JPG




写真a.ふつーにカワイイ。

P1310477.JPG




写真b.何か言いたいことがあるらしい。

P1310478.JPG

んー、何だろう。

「きれいに撮ってね。」って言ってるのかな?



話が通じないので、あきらめて寝る猫。

P1310495.JPG


「カメラ、あっち行けにゃ。」と言いたかったものと思われる。

 
たぶん、それが正解。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

テッちゃんに捧ぐ

 





もれなく参加のおじゃま猫が寝ているすきに――、

P1310447.JPG

きょうの記事は、テッちゃん各位に捧げます。



SL
 
鉄道ファンの方々は、こんな部分写真だけでも、
これが何なのか、おわかりになるのでしょうね。

P1310426.JPG

左右の大きなポケットとはべつに、
右の胸にこんなかわいいポッケが。


いわゆる「ナッパ服」です。
紺色なのに「菜っ葉」とは、これいかに。


まあ色の信号も信号と呼ぶ日本語ですから、
そのへんはご了承いただくとして、
このナッパ服は、国鉄時代、高山本線の機関士をしていた亡父のものです。


国鉄って何?と思ったそこの若人よ、
日本道のことですよ。
今はJRとか呼ばれている、あの組織です。


わが父は、その高山本線で蒸気機関車の機関士をしていました。
シュッポシュッポ煙を吐いて走るSLを運転していました。
かっけー。
(SL廃止後は、ディーゼル機関車になりましたけれども。)



P1310430.JPG

襟はキリっと詰襟で、袖はかわいいラグラン袖。
なかなかオシャレですよね。


乗務のときはもうちょっとカッチリした服だった気もしますが、
これだったのかなあ。
とにかく、頭には帽子をかぶって、
アゴひももシャンと締めていたような記憶があります。
 

ズボンのフライは、ボタン止め。
しかも比翼仕立てになっています。




退職してしばらくしてから、
「由美ゃ、こういうの好きやろ。」と言って、
私にくれました。


父はわりと体格のいい人でしたから、私にはブカブカでしたが、
それでも何だか心たのしくて、薪集めで山に入るときとか、
庭で薪を割るときに、たまに身につけていました。


でも、何しろ純綿製で、洗うとくっちゃくちゃになるし、
乾きにくいし、重いし、で、あまり実用的とはいえず、
ついついタンスの肥やしになっていました。


それが、1年ほど前、熱烈な鉄道ファンと知り合いになりまして、
何かの話のついでに、「私、ナッパ服持ってますよ。」と自慢したら、
たちまち目を輝かせて、見たい見たい!とおっしゃる。
そのあまりの喜びように、いや、もらってくださいな、と言ったら、
そりゃもう喜んでくださいまして。


で、さしあげることにしました。
ゴワゴワのナッパ服に、どうにかこうにかアイロンをかけ、
高山本線の思い出などをちょろりとメモにして、ポケットにしのばせました。

P1310434.JPG

 


しあげは、コロコロ。
猫飼いの家にある濃色の布というのは、どうにも厄介ですな。

P1310428.JPG

念入りに灰色しましまの毛を除去。




と、そうこうしているうちに、
何だか「父を嫁に出す」ような、妙な心境になってしまって、
ひとりで行かせるのは不憫なような気になってしまって、
ふだん使っていたお気に入りの風呂敷に包みました。
風呂敷さんといっしょに輿入れさせようという、ね。

P1310437.JPG

私より若いお人にもらっていただけたので、
その分、ナッパ服の寿命が延びたような気がします。

 
母も、話を聞いて喜んでくれました。
あんなもの欲しがらはる人がござるんやなあ。
それより、あんたがまだ持っとったことに、びっくりやわ。


めでたし、めでたし。
 
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

※ほんっとにもう、何のブログなんだか、迷走しております。
 連休をまたいだら、通常営業にもどれるんではないか、と
 はかない望みを抱いております。
 今しばらく、ゆるゆるとおつきあいくださいませ。