言っちゃえ言っちゃえ!




机の上に、猫が、います。





その猫のアンヨです。





じ+ゃ+ま!




こんな妨害にもめげず、ワタクシはがんばりました。
今学期のシリーズ、最終回です。


花

 


留学生は見た!

5人目は、ロシアのVさんです。
 

私は背が高い。日本でも、ロシアでも、どこでも高い。だが、ロシアでもトクに子供に見られることが多いが、日本ほどではない。たぶん、背が高いだけでなく、カミもきんぱつでぐるぐるして、スタイルも違うせいで見られるかもしれない。でも、私の背に向く「タカイ!」「デッカイ!」「スゴイ!」とか言われるなんて、イヤだ。日本人の友達に聞いてみたら、「高いとはほめ言葉だよ」と言われたので、「スゴイ!」と「タカイ!」までいけるが、「デッカイ!」や「デッケー!」などを聞くのがとてもイヤだ。私も答えとして「小さいね〜」と言おうと思うが、どうかな?




うわあ......
いったい、いつの話?
江戸時代?
初めて異人さんを見た、江戸時代のどこか山奥の村の話?

――と、聞きたくなりますが、
Vさんによれば、このうち1回は、

現代の、東京秋葉原でのできごとだったそうです。
しかも、相手は(無邪気な)子どもではなく、
大の大人だったそうです。
情けない!

実際、すらりと伸びやかな肢体のVさんを見て、
その人はすなおに「背が高いなあ。」と思ったのでしょう。
思うだけなら、まあ、しかたがありません。
でも、それを愚かしい子どものごとく、
口に出して言ったのは、なぜか。

それは、Vさんが金髪で「いかにも外国人」に見えたためでしょう。
きっと自分が日本語で何を言っても通じないと思ったのでしょう。
だから、多少失礼なことを言ってもだいじょうぶ、と思ったのでしょう。

オオバカモン!
 

 


 

 

この大馬鹿者のしたことは、二重にヒドイと思います。
 

1つは、ひとの体をじろじろ見てコメントすることが、

相手をどんなに不快にさせるか、想像できない無神経さです。

以前、足が長い、目が大きいとほめられるのがイヤだ、

と書いてくれた人がいました。⇒☆スリランカのAさんの作文

たとえほめるつもりだったとしても、イヤなものはイヤなのです。
 

そしてもう1つは、自分とは「異種」の存在に対しては、

「同種」に対するときとは違う基準で接していいと思っている点です。

この人も、日本人の顔をした日本人が相手だったら、

こうまで失礼な言動はしなかったに違いありません。
 

だから、Vさんに賛成です。

「小さいね〜。」と言ってやることに、大賛成です。

いや、「ちっせーな!」のほうがいいかな。

アンタのしゃべってる日本語はぜ〜んぶ理解できてますよ!と

思い知らせてやるために、ここはあえて崩した日本語で。
 


 

では、そのときにそなえて、

ウリ猫先生から、特別レッスンです。



今度そういう失礼なことを言うヤツがいたら、





ビシッと言ってやんなさい。




「ちっせーな!」



はい、りぴーとあふたーみー。

(この表情も、マネしてね。)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

そしてそのオオバカモンが、じつは案外イイヤツで、

そこからVさんとたのしい会話が始まるといいな、

と夢想しています。

 

あしたの土曜日も、小さいオマケ記事あります。