ウンザリにゃ。




また わっか......

P1280544.JPG



 

もう あきました。
 

P1280545.JPG



うんざりですにょ。

P1280546.JPG

(おばちゃんは、この雨にウンザリですよ。)

 


 

花
 

留学生は見た!

 

3人目は、中国のQさんです。


日本人の日常対話によく慣れてる中国人はみんな一つ同じの共通認識がある。それは「日本人の話し言葉がパターン化すぎでつまらなくて、本意も見えない」。いいどもよくないども、特徴を無視して、どんな服に対しても「かわいい」、どんなことに対しても「すごい」、どんな食べ物に対しても「おいしそう」(特にコンビニの弁当も…)。そうすればマナーがいいという理由がわかるげと、でも旁観者として「日本人が可哀想だな」と思うながら、対話の参加者としてそういうことをウンザリしている。

 




わー、するどい!
いつも穏やかでエレガントな雰囲気のQさんが、
こんなことを思ながら日本人を観察していたとは......

いいこともよくないことも(よくてもよくなくても)、
「とりあえずほめとけ。」という感じのこういう発言は、
たしかに日本人同士の会話には、とても多いですよね。

ただし、ほんとうに親しくて遠慮のない関係だったら、
もっとゆたかな(そして本気の)表現も飛び交っていると思います。
 

何、そのリボン、小学生じゃあるまいし。

すごーい!というほどじゃないけど、すごくないこともないかもね。

今どきのコンビニ弁当は、俺の母ちゃんの弁当よりうまいっす!

......という具合に。


でも、それほど深く付き合うつもりのない関係で、
ひとまずその時間を無難に過ごせればいいだけの場合には、
あえて本音をさらしたりはせず、定型表現で省エネを図るんですね。
Qさんがお見通しの通り、それがマナーにもかなうのでしょう。

 

そんな「お行儀がいいだけ」のワンパターンウンザリしたら、
観者の立場を離れて、お手本を示してみてはどうでしょう。


Qさんのきれいな発音で、さらりと気の利いたコメントをしたら、
いっぺんに会話が生き生きしたものに変身しそうです。

「外国人だから空気読めなくて、テヘ♪」

みたいな雰囲気でやれば、うまく行くと思います!

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

あしたは台湾のWさんです。