猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
         
3よし #イチャモン編
★日本語文型【(〜て)よし、(〜て)よし。】

 




おばちゃんが ぶつぶつ いってるですにょ。

P7030028.JPG


さてさて。
オリンピックより頻度の高い東京都知事選がスタートしました。
私は、鳥越俊太郎氏のスピーチが気になってしかたありません。
 
例の「3つの『よし』」です。
いろいろバリエーションはありますが、
おおよそ、次のような文脈で使われています。
 
・東京が「住んでよし、働いてよし、環境によし」という3つの「よし」を持つために、私の全力をささげたいと心から思っています。
住んでよし、働いてよし、環境によしの東京にしたい!

 
「(〜て)よし、(〜て)よし。」は、きのうの解説に書きましたように、
1つのもののステキな活用法を2つ以上紹介するときに使う文型です。
ここでの「1つのもの」とは、「東京」です。
つまり、こういうことになります。

 ・東京は住んでよし。(東京に住む=場所格)
 ・東京は働いてよし。(東京で働く=場所格)

ここまでは、いい。
問題は、3つめの「よし」です。
きのうの解説に付記した通り、活用法や楽しみ方の例、
あるいは取り合わせの相手などが 名詞で表せる場合、
格助詞の「に」を使って、直接その名詞を放り込むことができます。
 
 ・東京は(住んでよし、働いてよし、)環境によし。

変です。
形の上では同じ構文に見えるけれど、変です。
「環境」が「東京」の活用法? 楽しみ方?
次のような例と比べてみれば、はっきりするでしょう。

 ・東京は(住んでよし、働いてよし、)観光によし。
 ・東京は(住んでよし、働いてよし、)子育てによし。

これなら、違和感なく、するすると耳に入ってくるはずです。
「よし」の意味も、格助詞「に」の働きも同じだし、
観光や子育てをする「場所」としての「東京」だと、素直に解せます。

鳥越さんは、「東京が環境に優しい。」と言いたいのかもしれません。
あるいはもしかして「東京の環境をよくしたい。」かもしれません。
でも、それでは、「よし」の意味が前の2つと明らかに違ってくるし、
「東京」と「環境」の格関係も、ずれてしまうことになります。
「住んでよし、働いてよし」に続けて並べるのは、無理があります。
 
この手の違和感は、他言語に置き換えると見えやすくなるもの。
英語訳を探してみたら、こんなのが見つかりました。
 

 

 "Let's create a new Tokyo where it is good to live and work, and is environmentally friendly!" (The Mainichi)
 

 

ちゃんと「よし」の違いを訳し分けています。


"I want to bring about three 'goods' in the sense that (Tokyo) is a good place to live, a good place to work and also good for the environment." (The Asahi Shimbun)
 

 

やはり、3つめには違う格を当てています。
 

 


 

 

揚げ足取りをしたいわけではありません。

でも、政治家(になる人)には、ことばを大切にしてほしい。

ことにも、選挙戦中、何度も繰り返すつもりのフレーズならば、

もう少しこまやかな神経を使ってほしいのです。
 

 

耳に引っかかる日本語は、その内容まで疑わせます。
しっかり考えて、本気でしゃべっているんだろうか、
ふとした思いつきを連呼しているだけなんじゃないか、

――そんなふうに思ってしまいます。
 

 

この記事を書くために、氏の演説の動画を何本か視聴しました。

(あー、ごめんなさい。微妙に嘘つきました。2本しか見てません。2本が限界!)

ことばが滑らかに出て来ない様子に、さらに違和感が募りました。

むろん、立て板に水がいいというのではありません。

でも......
 

ほんとうに言いたいことがあるのかしらん?

ほんとうに準備と覚悟ができているのかしらん?
 

 

準備万端、早くから立候補を表明していた宇都宮さんを

文字通り、押しのける形での立候補です。

野党統一候補を立てることの是非とはべつの問題を感じます。
 

 

宇都宮さんの被選挙権と、私の投票権がないがしろにされた、

――そんな苦い味が、舌にザラつきます。
 

 

私は誰に入れたらいいの?

猫らよ、教えて。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   
 

| 日本語★やゆよ、わをん | 08:05 | comments(6) | - |
3よし

★日本語文型【(〜て)よし、(〜て)よし。】

 

 



辞書というものは、
 

 

 

肘かけにして、よし、


P5160013.JPG

2016.07.04「そこの、チミ!」


 

 

 

足を乗せて、よし、

P1090133.JPG

 

 

 

枕にして、よし。


P7030030.JPG

 


本来の利用法は、

はて、何でしたっけ?

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 


※文型の解説に続きます(↓)。

続きを読む >>
| 日本語★やゆよ、わをん | 07:48 | comments(6) | - |
そこの、チミ! #解説編

★日本語【役割語】

 

 

すまん、すまん、待たせたね。

P5160018.JPG

 

 

さて、お待たせしました。役割語についての解説です。
役割語とは聞きなれない用語かもしれませんが、
近年、日本語学で熱い注目を集めている、話し方の一種です。

ウリすけは、ただの(かわいい)猫ですが、
今回のようなセリフをかぶせると、いっぱし大物感が漂います。
年齢は60過ぎ、この世界で威を張ってきた、やや黒い感じの人。
ここでそんな印象をもたらしているのが、以下の口調です。

 ・楽にしたまえ。
 ・うまく行っとるかね?
 ・何だと?
 ・忘れようじゃないか。

しかし、現実の「大物」がこんなしゃべり方をするでしょうか?
黒いかどうかは別として、現実の社長さんとか部長さんとか、
はたまた町内会長さんとかを思い浮かべてみてください。
テレビドラマの社長さんたちじゃなくて、現実の、です。

わが身辺に「社長」がほとんど存在しない現実はさておき、
少なくとも私は、実在の人物がこんなしゃべり方をするのを
これまで聞いたことがありません。

でも、ドラマや外国映画の吹き替えではしょっちゅう聞くし、
映画の字幕や漫画の吹き出しや小説のセリフでもよく見ます。

つまり、現実には(冗談以外では)ほぼ誰も使わないのに、
いかにも○○みたいな感じを与えるしゃべり方

――それが、役割語です。

重役風だけではなく、ほかにもいろいろあります。

 ・あら、いやですわ、そんなことおっしゃっちゃ。

 ・見てみい。これがワシの新発明じゃ
 ・オラ頭悪いだで、何にも知らねえだよ
 ・わたし、悪いない。お前、あやまるあるよ。

さらには、たぶん本当に誰も聞いたことのないのもあります。

 ・ワレワレワチキューオセーフクスルタメニキタ。
 ・ウリはそんなこと言ったことないですにょ

だから、セリフに役割語を使い過ぎる脚本家や小説家は、
リアルな会話を書く力がない人だと言えるかもしれません。
でも、表現者にも受け手にも役割語の了解があるからこそ、
日本語の小説の会話は、とてもテンポのいいものになります。
いちいち「と彼は言った」だの「と彼女は笑った」だの、
発話者を知らせなくても、誰のセリフかわかるからです。

それでもやっぱり、注意してほしいな、と思うのは、
新聞や雑誌のインタビュー記事です。
黒人男性アスリートの 'I' を、無条件に「俺」と訳したり、
ハリウッド女優の談話の文末にやたら「わね」を使ったり、
そういうのって、余計なナニカ、言わなかったナニカ、を
記録者が勝手に付け加えることになると思うからです。

それと、留学生相手の日本語の読解授業などでは、
音読という作業をバカにしてはいけません。
アクセントやイントネーションの担うものは大きいのです。
読書をするときに、大人は声なんて出さないものですが、
外国語としての日本語を読むときには、欠かせません。

「いやですわ」というセリフひとつとっても、
思わぬ落とし穴が待ち構えていたりするかもしれず、
音読によって、学習者が穴に落っこちるのを救えるからです。

 ・あら、いやですわ、あたくし、そんなこと。
 ・いやですわ、そんなん、ワテようしまへん。

 

レースの日傘のマダムか、汗だくの大阪のおっちゃんか。
その落差は大きい。

にほんブログ村 日本語(外国語)   人気ブログランキングへ

 

 

=日本語学習者のみなさんへ=

タイトルの「そこの、チミ!」の「チミ」は、「キミ(君=あなた、お前)」のことです。「ち」と「き」は、発音に使う口の中の場所がとても近いので、方言などでもしばしば入れ替わることがあります。そして、話し相手に向かって「ちみ!」と呼びかけるのは、役割語の一つで、「社長さん風」です。しかも、鼻の下に「ちょびひげ」を生やしているようなイメージの社長さんです。

| 日本語★やゆよ、わをん | 08:39 | comments(8) | - |
そこの、チミ!

★日本語【役割語】




やあ。

ま、楽にしたまえ。

P5160013.JPG

 


で、順調に行っとるかね?

P5160018.JPG
 

 



何だと?!





あー、あの件ね。

P5160019.JPG

 


あの話は、忘れようじゃないか。
いいね?


P5160020.JPG


完全でっちあげ吹き替え版
『フィクサーと呼ばれた猫』

近日公開!しません。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   
 

※にほんブログ村のランキング参加カテゴリーを

 「日本語教育」から「(外国語としての)日本語」に変更しました。

 このところ、外国人学習者向けの記事をほとんど書いておらず、

 日本語ネイティブ向けの記事ばかりだなあ、と反省しまして。

 これまでの「日本語教育」での応援、ありがとうございました。

 「外国語」カテゴリーにも興味深いブログが目白押しです。

 これからも、改めましてどうぞよろしくお願いいたします。

 

※きょうのウリ猫は「役割語」全開でしゃべっております。

 「役割語」についての解説は、あした火曜日に!

| 日本語★やゆよ、わをん | 08:05 | comments(7) | - |
ネーミング募集!

★日本語【ようで(いて)、(じつは)…。】

 

 

 



キリッとしているようで、

ちょっと抜けたところのあるグリコさんです。


P5060042.JPG

どこが抜けてるって?





頭の上が、





こんなことになっております。

P5060046.JPG

P5060050.JPG

P5060040.JPG

ぶわっはっは♪

採れたてサラダに夢中になってるうちに、
葉っぱの切れ端が頭に乗っかっちゃいました。
(おばがわざと乗っけたわけではありません。)

ねこ

ツンとしているようで、そのじつ甘えん坊なのを、
「ツンデレ」と言いますね。
まことに言いえて妙、造語力に脱帽です。

しかし、グリコさんの場合、性格は「デレデレ」です。
そのくせ、顔だけはキリッとしているのです。
そして、その顔で、しばしばこういうことをしてくれる。

こういう猫を表現する、何かいい表現はないものでしょうか?


キリ+デレ×2+ヌケ=?

ブログランキング・にほんブログ村へ   


※「〜ようで(いて)、(じつは)…。」の解説と、おまけ写真(↓)。

 

続きを読む >>
| 日本語★やゆよ、わをん | 09:41 | comments(4) | - |
へえ、入れるんだ!
★日本語【(へえ、)…んだ!】
 

おばは、二度見しましたよ。

ウリのお気に入りのかごに、




グリコ!!

P5190023.JPG



庭猫を卒業して同居を始めてからというもの、
精力的に勢力を拡大してきた黒っぽい姐さんですが、
灰色しましま愛用のこのかごにだけは、
これまで入ったことがありませんでした。
(☆こんな緊迫のドラマ☆もありましたっけ。)


入るのは無理だろう、と思っていました。
ボリューム的に、ね。
3.2キロの灰色でもみっちりですから、
4.8キロのマダムはとうてい入るまいと思われたのです。



いやあ、驚きました。



グリコさん、はいれるんだ〜。

P5190026.JPG



何か、失礼なこと言われた気がするわ。

P5190027.JPG


知らん間にやせたんじゃないかと焦って、
体重計に乗せたら、ちゃんと4.8ありました。
あはは。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

※「(へえ、)…んだ。」の解説と、おまけ写真(↓)。
続きを読む >>
| 日本語★やゆよ、わをん | 08:31 | comments(4) | - |
四字熟語

★【四字熟語】



問題:つぎの写真を見て、それを描写するのにもっとも適切な四字熟語を、
   下の語群から一つ選びなさい。



P1180242.JPG


竜頭蛇尾
羊頭狗肉
鶏口牛後
面従腹背
半人半馬
月光仮面
外面如菩薩内心如夜叉
(↑四字ですらない)



問題つづき:「もっとも」もヘチマもあるか、適切なのなんかないじゃないか!
      と思う場合は、自分でどっかから探してきなさい。
      この際、創作も可だわよ。







灰色の耳が、ひょこ。
P1180244.JPG



ウリ猫は、よくここにいます。
北の見張り台(⇒☆)の下、古タンス(⇒☆)の上です。
ニャンタ先輩と交信してるのかな。



P1180253.JPG



えー、ついに新学期が始まりました。
母さん、ワタシの春休みはどこに消えたのかしら。
いろいろ間に合わなくて、手抜き更新ごめんなさい。


ぎりっぎり、日本語ネタってことで、
寛大なるご声援↓を願い奉りそろ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

| 日本語★やゆよ、わをん | 09:00 | comments(13) | - |
猫の勝ち。
★文型【...んだけど。】

 



天気予報欄にはお日さまマークが並んでいるのに、
なぜか日ざしのかけらもなかった、日曜日の朝。



毎朝の日向ぼっこ場に陣取る黒っぽい姐さん



の、



雄弁な背中。
P1170738.JPG
ああ、ご不満でいらっしゃる。



このとき、室温は16度。
前夜からの薪ストーブの余熱があるので、
この温度でも、しのげないことはありません。
ここで下手にストーブを焚いて、
そのあと予報どおりお日さまが出てきたりしたら、
暑くなりすぎます。


うむ、ここは、ガマンだ。
ガマンしてくださいまし。



と、背中が振り向いた。






寒いんだけど。

P1170740.JPG



あ、はい。




はいはいはいはい。
P1170744.JPG



猫には勝てん。
ブログランキング・にほんブログ村へ


※文型の解説とウリの応援演説写真につづく。(↓)
続きを読む >>
| 日本語★やゆよ、わをん | 09:14 | comments(6) | - |
愛の空振り
★文型【〜をよそに、...】



こちら、ウリハウス。

P1130322.JPG

昨年暮れに竣工した、おば渾身のキンキラ物件。
年賀状作成シーズンに建造したせいか、
何となくお正月モードな飾りつけ。

あんまり趣味のいい建築とはいえませんが、
でもとにかく、おばはがんばって作ったわけです。
いろいろ逃避行動の結果だったかもしれないけれども、
とにかく、ウリのために、精魂傾けたわけです。



なのに......



そんなおばの思いをよそに、

猫は、


P1130323.JPG


となりの段ボール箱に

詰まっているのでした。

何の飾りもない、ただの、箱に!


ん?
P1130324.JPG

えと......
P1130325.JPG

ころん♪
P1130326.JPG

ぎゅ。
P1130327.JPG

ちらっ。
P1130328.JPG



るるる〜♪

P1130331.JPG


ふん、猫なんか、
猫なんか、
イジイジ......
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


※文型の解説と、おまけ写真につづく。(↓)

続きを読む >>
| 日本語★やゆよ、わをん | 02:22 | comments(6) | - |
キミを食う!
★文型【〜のような】



たべられちゃうですよ、きみ。
P1070273.JPG
 




さてさて、この愛すべきかぼちゃ、飾っておきたいのは山々なれど、
さっさと食べちゃうのが、かぼちゃと、その生産者、長谷川さんへの礼儀。
蛮勇をふるって包丁を入れました!

縦に切るか、横に切るか、さんざん迷った末、
えいやっ!
P1080565.JPG
だってー。
どうしたって横に切ってみたくなるじゃありませんか!

まさに花丸ですな。
誘惑に負けて真横に切っちゃった以上、
この花丸の形を生かしたものを作らねば。

P1080574.JPG
左隅は、玉子ささげという、飛騨の山畑でとれたお豆さん。
薪ストーブでくつくつ茹でたのが、冷凍庫にちょっと残っていた。
同じく半端に残っていたクスクスと、さらに豆乳と玉子をまぜて――

P1080577.JPG
種とワタを抜いた下半分に詰め、
チーズを乗っけて、オーブンへ。

P1080585.JPG
むー。
ちょっと乾き気味になってしまった。
蒸し焼きのお湯が少なすぎたかな。
許されよ、小菊どの。

P1080590.JPG
でも、おいしい♪
果肉は、ほこほこ系じゃなくて、ねっとり系。
舌にまつわる感じが、なんとも言えません。

*

オーブンが働いている間に、もう1品。
ストレートに味わってみたくて、上半分を「花弁」に沿って薄く切り、
多めの油に粗塩、それにローズマリーを一枝添えて揚げ焼きにしてみる。
P1080579.JPG
むむっ。
......こ、こっちのほうが、断然、んまい!
オリーブオイルとの相性が、いい感じです。
シンプルの勝ち、ってことでしょうか。

と言いつつ、冷蔵庫にあった残り物のサワークリームを乗っけてみる。
ついでに「泡」も、添えてみた♪
P1080583.JPG
おほほ。
これまたうんまい♪

長谷川さん、ごちそうさまでした!
小菊ちゃんのいのち、ありがたく、おいしく、いただきました!
(上半分の残りは、長谷川さんおすすめのキンピラにしてみました。
 ザラメと濃い口しょうゆで甘じょっぱくして。
 おいしくて、写真撮り忘れました〜。)




ウリは たべないでにゃ!
P1080561.JPG


『東北食べる通信』は、
「食べる情報誌」なのだ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
たのしいのだ〜。


ついでなんで、過去の記事を振り返ってみました。
==「ウリ猫と野菜」シリーズ==
  ・すくなかぼちゃ ←おどろきますよ、この巨大さ!
  ・ロマネスコ ←「寒いぼが出る!」と言う方もあり。閲覧注意野菜。
  ・バターナッツかぼちゃ
  ・ズッキーニ

| 日本語★やゆよ、わをん | 02:22 | comments(4) | - |
        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode