さよなら6月。

 

 


ある夜のことでございます。

P6070018.JPG

ウリぽん
kawaii を実施していたので――

 

 

 


いそいそとカメラを持ち出す。

P6070037.JPG

この猫はとにかくレンズが嫌い。






たちまち、こんな顔になる。

P6070041.JPG

ああ、逃げられる、
と思ったのですが......




珍しくそのまま落ち着いた。
ので、撮影続行。




後ろから見た図。

P6070047.JPG

ふふ......

例の白ちびを思い出すよ。




前から見た図。

P6070032.JPG

猫って、
ときどきおもしろすぎる。

 

ニャンタを見送って以来
何となく苦手にしてきた6月。
今年は慣れないオンライン授業で
無我夢中だったためか、
気がつけばきょうが彼女の命日。


2020年の6月は
するすると流れて過ぎました。


いや......
忙しすぎたせいばかりでもないか。
自分の中の何かが
ちょこっと変わった気もします。


立ったまま寝ていたあのニコ坊も
早々に天国に引き上げたし、
不死身かと思われたグリコも
虹の橋をドスドス渡っちゃったし、

だよね、そういうもんだよね。

――って

そんなふうに思いました。

 


あきらめというのとも違います。
ただ、そういうもんだよね、
と思うんです。


みんなみんな、ありがとう。
すなおに、ありがとう。
淡々とそう思います。


とはいうものの!

 


ウリ猫には
まだ当分地上勤務を命ずる!
 


 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ

 

ABのマスク、A++のマスク

6月4日追記

ようやく海辺の町にも届いたそうです。

猫ネコ英語「変則更新・有効活用。」

さっそく裏を返して確認なさったこてちさん、

なんと、文面が差し替えられていたそうです。

なんとこまやかなしごとぶりでしょうか!

すごいぞ、にっぽん、パチパチパチ!

以上追記

 

 

ぜんっぜん

待ってたわけじゃない。

けど、

それにしても遅いっ!

 

 

緊急事態宣言が解除された翌々日

わがやの郵便受けに入ってました。

 

P5300017.JPG

 

 

ABのマスク?

いいや、とてもじゃないが

そんな高得点はあげられない。

AはもちろんBでもCでもない。

落第のFです!

 

 

それにひきかえ

到着も品質もA++だったのは

こちら。


P4140054.JPG

 

縫製も丁寧で

ちゃんと下アゴまで隠れます。

限定頒布の猫柄マスク♪

製造元は

遠野の女将さんで〜す。

 

 

 

 

で、さて

国税をどぶに捨てたような

このアベノマスク、

パッケージの日本語もF判定です。

 

P5300012.JPG

 

「現下の状況を踏まえ」

=今の状況が状況なので?

 

「感染者の増加をピークアウトさせ」

=感染者の増加を行くとこまで行かせ?

 

 

.....。

いつかそのうち

やさしい日本語書き換え問題に

使ってやろ。

 

 

**

 

さてさて、

こんなものを見ていると

負の感情で免疫力が低下しそう。

どうしてくれようか。

 

と思っていたら、

こんな組織を見つけました。

 

NPO法人

ホームレス支援全国ネットワーク

 

 

記事の更新は5月1日になっていますが

ツイッターにも上がっていたので

まだ受け付けてもらえるようです。

もちろん未開封未使用のもの限定。

 

 

こんな小さい布マスク、

役に立たないんじゃないかな?

と思いますけれども、

ホームレスの人たちは

今はマスクをしていないと

道行く人の視線がますます冷たく

刺さる気がするのだとか。

その視線封じにはなるでしょう。

 

 

ほかにも

寄付先をまとめたサイトがあります。

不要な「アベノマスク」を寄付しよう

 

ご自身の判断でご利用ください。

 

 

 

おや、

まさに渦中の北九州市だ。

 

 

郵便屋さん、

よろしくお願いいたします。

 

 


 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ

 

5月3日




きのう5月3日は、

憲法記念日でした。
 

P5030051.JPG



今から十年後、

P5030052.JPG




お前、
この広告に名前出してたろ。

P5030055.JPG

――なんて言われて
手錠かけられたりする日が
来ないとも限らない。



マジ心配。



なので、
物申せるうちに言っておく。

P5030054.JPG

ビシッとな!
 


 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ

もう誰にも、
ここがじつは日本語ブログだとは
思ってもらえない気がする.....。
オンライン授業のドタバタ継続中。
まだまだ当分、
猫ブログでまいります。
 

猫の行進 #CatsParade

 



灰色しましまが
何やらコマッタような顔をしてる。
しかし、
キミにそんな顔をする権利はない。

P2180075.JPG



にゃんで?

P2180078.JPG



困っているのは
キミじゃない。
オバだからですよ。

P2180083.JPG




洗いたてのタオルの上で
せっせと毛づくろいするの
やめて。

P2180079.JPG



鼻にシワ寄せてまで
がんばるの、
やめて。

P2180080.JPG




ふう......

P2180084.JPG

「ふう」じゃない!
換毛期の猫め。


さて、みなさま、
おこもり生活、いかがお過ごしですか?
私はもともと家にいるのが好きなので、
初体験のオンライン授業の準備に
ひぃひぃ言ってる以外は
何の不自由も感じておりません。


でもそれができるのは、
さまざまな社会のしくみを
支えてくださる方々があればこそ。


そんな人たちがちゃんと報われる政治をしてほしい。
そんな人たちが安心して働ける社会であってほしい。


谷中・ひるねこBOOKSさんが
#CatsParadeを展開中!

Image
Image

かわいくてたのしいデモです。
あなたのにゃんこも
いざ、国会前へ!


ウリ猫も参加してま〜す。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

グリコの......

 



オット氏がときどき買って来る。
グリコのポッキー。


P4080028.JPG
グリコさんのお供えだそうな。
(ニンゲンが食べちゃうくせに。)



それが、さっき

空き箱を片づけようとしてたら
ふいに涙があふれましてね。

 


びっくりした。


マダムグリコ

とても穏やかに旅立ったから
心の傷みたいなものは残らなかった。
むしろすっきりさっぱりした

くらいなもんだった。

 

 

――と、思ってたんだけどねえ。
 

(2019年3月末)

 

 

猫ってやつぁ、

油断も隙もありゃしない。

 

 

 

去年の今ごろはまだいたんだよな。
そう思ったら、ヒクヒク泣けて。


(2019年3月末)

 

 

後ろのベランダに干してあるのは

マダムお気に入りのピアノ型爪とぎ。

たぶん汚しちゃって、

取り上げられたんでしょう。

心なしかしょぼんとしてるのが

(彼女に似合わず)かわいい。

 

 

 


さて、
むりやり話を広げますよ。

 


家にいられる人は家にいましょう。

 

 

そうすることで、
外にいなければならない人たちの危険を
少しでも減らすことができるのだから。


経営が立ち行かなくなる
いろいろなお店やご商売については
きっと政府が何とかしてくれる。
私たちの税金で何とかしてくれる。

今はそれを信じるしかありません。

 


たいせつな人が(猫が)
いなくなっちゃうのは、
やっぱり悲しいんだから!
すっごく悲しいんだから!

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

クレーム #2

 

 

きのう月曜日の記事

ウリすけが乗って吠えていたのは
さきごろ朝日から乗り換えたばかりの

東京新聞。

P3190001.JPG

じつは数日前、
安倍首相の発言をめぐる投書の中に
「日本語は曖昧」と嘆く一節がありました。


ああ、まただよ、と思いました。
日本語はちっとも曖昧じゃないのに。
で、
プンスカしながら書いた投書が
こちら。

20200319東京新聞「発言」.JPG
(2020年3月19日東京新聞朝刊)

 


冷静になって読み返すと
ちょいと恥ずかしいようですが、
間違ったことは言っとらん!
と思います。

 

ちゃんと怒ろう。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

くねんたった。

 

きょうは、

3月11日です。

あの日から9年たちました。
赤ちゃんはとうに小学生に。
小学生だった子は成人する。


ウリすけが乗った新聞には――

P3090120.JPG




こんな地図が。

P3090111.JPG

夜ノ森。
「よのもり」。
音の響きからして、うつくしい。
歩いてみたいな。



上野からいわき、仙台へ、
特急「ひたち」が復活。

P3090110.JPG

この春休みは
乗りに行こうかしらん。




海沿いを走る列車。
(一部バスだけど。)

P3090109.JPG





わが夏休みと冬休みをつぎ込んだ

新刊『すばらしき日本語』が、
きょうあすにも、書店に並びます。
ひと足早く、

見本刷りが届きました。

P3040069.JPG

『すばらしき日本語』(ポプラ新書)

☆楽天ブックス

☆Amazon
 

 



先日お見せしたのは、カバーの見本。
今回はちゃんとナカミ入りですよ。
うれしいなあ。

P3040063.JPG

 

あるページに
「東日本大震災」の一語を忍ばせました。

日本と日本語にとって

とてもたいせつな

さるお方の名とともに。

 

 

9年のあいだに、
おそろしい勢いで過去になりつつある
あの日のこと。
忘れたくないと思ったのです。



日本語本にポツンと立てた

ちいさな、旗。

探してみてくださいませ。
 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

おとな猫にもおうちを

 

 

かなしいニュースが

届きました。

 

P1130046.JPG

 

わたくしの大好きなブログ

猫ネコ英語』のひなさんが

17年めのおうち記念日を目前に

13日の朝早く旅立ったそうです。

 

 

かがやくような純白のコートに

きちんと真ん中分けした黒い前髪、

ふっくらふくよかなお手手と

やさしい桜色のにくきう、

そして雄弁な双のひとみ。

どこからどこまでうつくしい方でした。

 

 

うつくしいだけじゃなくて、

何ともいえない風格がありました。

そんなビジンさんも、

こてちさんとお母さまのところに

流れついたときは

ボロボロの状態だったそうです。

 

 

どんなゆくたてがあったのか

それはわからないままでしたが、

穏やかな思いやりに包まれて

ゆっくりゆっくり

心をほどいたひなさん。

 

 

そのひなさんには

毎年の敬老の日に

重要な任務がありました。

それは、

 

おとな猫にもおうちを!

 

のキャンペーンガールです。

☆2018年のキャンペーン

 

 

ひなさんのこの一連の記事によって

おとな猫の魅力に気づいた人は

きっと少なくないことでしょう。

そうして、路頭に迷うおとな猫が

たくさん救われたはず。

ひなさん、

ありがとうございました。

 

 

そうそう、ひなさん、

そちらには一足先にうちのが行ってます。

般若顔のサビ猫に会ったら

よろしくおつきあいくださいね。

 

 

そして、

拙宅の灰色コムスメも

どうやらシニアの仲間入りです。

キャンペーンガールは務まりますまいが、

ご遺志はついでゆきますぞ。

 

 

ひな姐さん、

ウリもがんばるです。

 

P1130064.JPG

 

 

のこされたおうちの方は、

今は何を見ても涙のタネでしょう。

けれど、

それは涙の数だけよい思い出があった

――ということでもあります。

読者にもうつくしい写真と

あたたかな思い出の数々を

ありがとうございました。

 

 

☆ひなさんへの感謝をかたちに☆

 

どうぶつ基金

 

いつでも里親募集中

 

動物いのちの会いわて

 

アニマルレスキュー飛騨

プールのクジラには酔えない。




きょうもきょうとて
晩酌のおともはこの猫。

P1350841.JPG

 

「カエル座り」のおばの足首を
じっくり温めてくれてます。




向こうに見えるは、
酔鯨さん。


P1350842.JPG
(オット氏からの貢ぎ物)

 

 


野の花は野に置け。
クジラは大海を泳げ。

P1350840.JPG

好きだな、このラベル。

 



旅先案内のトリップアドバイザーが
イルカショーをやってる施設のチケットは
扱わない、と宣言。

☆TripAdvisor

P2090051.JPG
2020年2月8日東京新聞(夕刊)


イルカやクジラ類をつかまえて
せまっ苦しいプールに閉じ込めて
ジャンプさせたり輪をくぐらせたり......
そんなショーがおもしろいとは
ど〜〜しても思えないワタシには
とてもうれしいニュースでした。



ふりー、うぃりー!


 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ

買っちまった #2



ウリも乗ってくれたことだし、

なかなかよい具合なので、

暮れに買った黒猫イスに
仲間を増やしました。


P1090001.JPG

 

 

今度の彼は、
おしゃれな三毛猫。

(なぜか男の子に見えるのよね。)

P1090002.JPG

 

 

 

きりりっ。


P1090155.JPG

P1090157.JPG

三毛ボーイは、寝室に赴任。

 

 


黒猫は、ひきつづき

ストーブ前に駐在。

PC210040.JPG

灰色の出番が少なかった.....。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
 

どうにも気になるので、ひと言(↓)。

続きを読む >>

いそぐにゃ。

 

 

いそぐにゃ。

=(日本語訳)急いでください。

 

P9100062.JPG

 

 

環境省が、

動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律の施行に向けて

整備すべき関係法令改正案について(長い!!!)、
パブリックコメントを実施しています。

 

 

しかし、

パブコメを送るには、

何条のどこについての意見なのかを

書かなければなりません。

でも法律の文言って、わかりにくい!

自分の言いたいことがどこに該当するのか、

すぐには見つけられなかったりして、

つい、アーメンドクサイ!となりがちです。

 

 

そういう人(=私だ)は、

この↓フォームを利用しましょう。

 

 

動物愛護管理法に関するパブリックコメント送付フォーム

 

どうぶつ基金

サクッと書けてサクッと送れる

便利フォームを作ってくれました。

(私も使わせてもらいました。)

 

 

ただし、

どうぶつ基金は、

論点を2つにしぼっています。

例の(⇒☆秋田犬除外問題と、

マイクロチップ装着義務化です。

そして、2つともにチェックを入れないと

送信されないように設定されています。

 

 

そこがちょっと自分の意見と違う、

という方にはご不満もありましょう。

けれど、

それでも送らないよりはマシ!

言いたいことを言わずにいるよりはマシ!

と考える人(=私とか)には

ありがたいフォームです。

 

ほんとうに2分でできます。

ぜひ!

 

〆切は9月23日(月・祝)です。

 

急ぎましょう!

 

 

「留学生は見た!」最終回は金曜日に。

 

ところで

 

 

 

ところで、みなさま。

 

P1350282.JPG
 

 

 

 

あすの日曜は、コレです。

 

P1350284.JPG

 

いらっしゃいますよね?

あるいは

もういらっしゃいましたか?

 

 

「選良」という単語が死語になりそうな

このごろの政治の荒廃ぶりですけれど、

あきらめたら、そこでおしまいです。

 

 

中にはこんな公約を掲げている方も。

 

P1350288.JPG

 

ペットの命の「大量生産・大量販売・大量闇処分」を許しません。

 

 

大きな政治課題ではないかもしれない。

でも、選ぶ基準は、人それぞれ。

何はともあれ、

お手元の一票を

ゴミにはなされますな。

 

 

 

 

行き倒れてる場合じゃないですよ。

 

P1350286.JPG

 

参院選投票日はあす!

 



 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

映画鑑賞感想文

 

 

 

ウリや、

ただいま〜。

 

P1340097.JPG

 

振り向いてもくれない.....。

 

 

というのはウソで、

今回は玄関まで飛んできて、

その場でコロコロスリスリ、

熱烈大歓迎してくれました。

 

 

1泊、2泊じゃだめなんですね。

4日も家を空けると、

ようよう、おばが恋しくなるらしい。

 

 

 

 

今回の旅は、

映画『鳥の道を越えて』(⇒☆)を

観るためでした。

(そのついでの、乗り鉄&帰省でした。)

 

 

 

映画のテーマは「カスミ網猟」です。

山の尾根の低くなったところに、

ごくごく細い糸で編んだ網を張り、

北の国からはるばる渡ってくる小鳥を

文字通り、一網打尽に捕らえる猟です。

 

 

その上映会が木曽福島で開かれたのです。

前から気になっていた映画でした。

 

 

**

 

 

じつは、私もカスミ網の経験があります。

保護に必要なデータを取るためです。

体長・体重をはかり、雌雄の別や年齢を記録し、

最後に足環をつけて放すのです。

 

 

環境省の事業でしたが、ツテをたどって

体験させてもらいました。

 

 

アトリ、シロハラ、アオジ、ツグミ、......

やわらかな羽毛に包まれた小さな体は、

びっくりするほど熱くて、

心臓は早鐘を打つようでした。

そして、かなしいほどに、軽い。

 

こんな小さな、頼りないものが

初冬の荒海を越えてきたのかと思うと、

愛おしくて、愛おしくて、

作業をしながら、泣けそうでした。

 

 

そうして、

私の手の中の小鳥の目は、

怯えきっていました。

 

 

だから、カスミ網猟は、

私の中では絶対悪でした。

 

 

***

 

 

その一方、私は民俗も大好きなのです。

大昔ではなく、現代と地続きの、

ちょっと昔、のお話が大好き。

 

 

日本列島各地の山人の話など、

夢中になって読みふけったものです。

 

 

その意味では、カスミ網猟も、

私の中では「アリ」なのでした。

 

 

だから、この映画、

どうせなら「現場」で観よう、

と思い立った次第です。

 

 

映画の主な舞台は岐阜県東濃ですが、

木曽もまた、

カスミ網猟が盛んな土地でしたから。

 

 

****

 

 

現場で観る、という目論見は大正解でした。

会場には、

現に猟をしたことのある方たちがいました。

その手で網を張り、小鳥の首をひねり、

食べて、味を知っている人たちがいました。

 

 

上映後のトークでは、

猟の季節がどんなに待ち遠しかったか、

オトリや網にどんな工夫をしたか、

さらには、戦後法律で禁止されてからも

どうやって密猟に励んだか、

そういったことを、地元ならではの気安さで、

生き生きと発言していらっしゃいました。

 

 

これが東京などのアウェーでの上映だったら、

「悪びれもせず」そんなことは話せなかったはず。

 

 

私は会場のすみで、

ドキドキしながら聞いていました。

来てよかった、と思いました。

生きた民族譚が聞けたのです。

文句なしに、たのしい時間でした。

 

 

*****

 

 

その上で、言います。

やっぱりカスミ網猟は消えるべき猟です。

 

 

鳥たちの数が激減した最大の原因は、

カスミ網ではなく、農薬や乱開発かもしれない。

「適正な数」を獲るのであれば、

海のイワシ漁と何ら変わるところはないのかもしれません。

 

 

でも絶対に許せないと思った点があります。

カスミ網猟では、オトリを使うのです。

捕らえた鳥を何段にも重ねた籠に閉じ込め、

季節感を狂わせ、足を縛り、脅して、鳴かせる。

オトリの扱い方は、虐待そのものです。

それだけでも、許されない猟法だと思うのです。

 

 

あとは、感情論になってしまいますけれど、

網にかかった小鳥たちが、

点々と宙に浮いている光景が、

いとわしくて、おぞましくて......

それはまさに「奇妙な果実」です。

 

 

バンディングのときに見た、

怯えきったきれいな瞳を思い出すのです。

命がけで渡ってきた日本の山で、

見えない網に捕らえられ、

怯えきっていた、きれいな目。

 

 

******

 

 

猟の工夫、調理・保存のための方法を、

「文化」であると言う人もいました。

でも、スペインの闘牛も、

イギリスのキツネ狩りも、

そして、日本の鷹匠も、捕鯨も、

「文化だから」という言説に

逃げ込んではならないと思います。

 

 

それは、必要か。

ニンゲンたちが生きるために、本当に必要か。

動物たちにそれほどの苦痛を与えてまで

行うべき必要があるのか。

 

 

正面から考えるべきだと思いました。

 

 

*******

 

 

今は、豚コレラのニュースを見るのがつらい。

で、ちょっとずつベジタリアンに移行中です。

まだ「なんちゃってベジタリアン」ですけれど、

私がこの肉を食べていいのかな、と

考えることが増えました。

 

P1340098.JPG

 

生きるために食べるのはいい。

でも、苦しめる権利はないよね。

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

ふて寝している場合ではない。





おばちゃんが
あそんでくれにゃい。


P1330306.JPG

――と、ふて寝している?



違います。
逆です。

P1330307.JPG




ハイになって
トイレから駆け出してきたから、
よーし、久しぶりに遊んぢゃる!
と張り切ったおばちゃんを
この猫が、無視してるんですよ。

P1330309.JPG

ひどい猫です。





でも、もっとずっとうんとひどいのは、

くらべようもなく、ひどいのは、
この新聞のこのニュースです。

P1330310.JPG

辺野古の、あのうつくしい海を、
今度こそ元に戻せないやり方で
汚し、壊そうとしています。


金儲け主義の民間会社が?
いいえ、ちがいます。
日本国政府が、です。


サンゴの海に、
ジュゴンが住んでいた海に、
土砂を投げ込み、埋め立てる。


サンゴは死にます。
サンゴ礁に住んでいた生き物も死にます。
ジュゴンは二度と戻って来ません。


それだけではありません。
投げ込む「土砂」は、どこから来るの?

 


どこかのうつくしい山を削ってくるの?
それは二重の破壊です。
それとも、産廃だらけの汚染土?
それは犯罪です。
どちらにしても
地球に対する凶悪犯罪です。


法律をもってしても、
数度の選挙結果をもってしても、
この政府の横暴を止められないとは、
私たちはなんとおそろしい国に住んでいるのか。

 

 

土足で頭を踏みにじられているのは

日本国の全国民です。

私たちです。

 

 

12月14日が、

どんな日になるのか。



ここは、一介の猫ブログですけれど、
しがない日本語ブログですけれど、
たとえ何の足しにもならなくても、
小さな悲鳴をあげておきます。


や・め・て!

猫押し→

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ←日本語押し

 

来てくれてありがとうの日




猫は、「ごちゃごちゃ」が大好き。
で、飼い主は、思うわけです。


あー、そんなとこで

かわいい顔しないで!


せっかくかわいい写真が撮れても、

ひとさまに見せられないじゃないのよ。

 

 

 

 

今日も今日とて。
机の脇のごちゃごちゃにひそむ、

灰色しましま。
 

P9180010.JPG

 

 


むくれ顔がかわいい、

と思う飼い主バカの

カメラが迫る。

P9180012.JPG

 

 

 

背後のごちゃごちゃを

何とかごまかそうと、

ズ〜ム!

 


あ。

P9180011.JPG



あっ

P9180013.JPG


 


ノートの山に乗っけたアゴの、


そのアゴの毛が、ほら、

 

なんていうか、

 

ほら!


P9180014.JPG

 

めちゃめちゃかわいいことになってる!
 

 

 

**

 


そんなウリすけが
木枯らし一号の吹いた日に
わが家に舞い込んで来たのは、

2008年11月1日。
まるっと10年が過ぎました。

 

 

毎日毎日、

最低1回は、

「ああ、私は今しあわせだ。」と

気づかせてくれる、
たいせつな存在です。

 

 

あの日(⇒☆ウリ記念日)、

薄情なおばを追いかけてきてくれて、

ほんとうに、ありがとう。


P9180018.JPG

あの日の小さな灰色しましま、
がんばったね。

えらかったね。

ほんとに、えらかったね。

 

 

***

 


猫はお店で買うものじゃないと思うんです。
落ちてるのを(しょうがなく)拾うか、

落ちてるのを拾った人から

(しょうがなく)もらうものです。

 

 

相性なんて後からついてくる。

どんなぶちゃいくさんも、

どんなおバカさんも、

絶対そのうち

世界一かわいい猫

になります。

 

 

ですから!

 

 

 

花

ニャンコワンコと暮らしたくなったら

ハートいつでも里親募集中

 

 

 

花

ちょっとした記念日に

ちょっとイイコトしたくなったら


ハートどうぶつ基金

 

ハート動物いのちの会岩手

 

ハートアニマルレスキュ―飛騨

 

 

木枯らしの季節、

すべての猫は

コタツで丸くなっているべきです。

野生動物ではないのだから。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ