ハッピーのタネ




何が何でも
新聞を読ませない方針の猫。

P1340749.JPG

広げる先、広げる先に

乗ってくる。

 




しょうがないので、
しましまのねじれ具合などを
じっくり鑑賞。

P1340752.JPG

 




ふと気づけば、

お腹の脇っちょに
毛づくろいの舌のあとが。

P1340748.JPG


ふっ♪

 

 

こんなことで幸せになれるんだから、

猫飼いは安上がりにできてます。

 

 

ありがたや、ありがたや。
 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

悪いのは、いつだって飼い主。

 

 

 

 

これは何?

 

P1340025.JPG

 

 

 

 

 

猫ですな。

樽に乗った猫です。


P1340024.JPG

 

 

 

 

 

正確には、

 

樽の上におばがちょいと乗せた新聞の上に乗った猫

 

です。

 

P1340027.JPG

 

ええ、新聞、読めません。

読めませんけれども、

文句は言えません。

 

 

だいたい

猫のいる家で、

その辺に「ちょいと」物を置いては

いけないのである。

 

 

 

 

 

はいはい、そうですとも。

悪いのは、置いたおばです。

 

P1340028.JPG

 

 

 

 

 

何、その満足そうな顔。

 

P1340029.JPG

 

鼻ちょび猫め。

 



 

 

ところで、じつは、

上の写真は少し前のもの。

ほんの2週間ほどで、

ウリ猫のバックの丘は、

こうなりました。

 

 

みどり〜!

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

猫の後ろを猫が通る。




ウリ猫がおばにダメ出しをしてたとき、

⇒☆
背後で、黒っぽい姐さんが動き出した。


P1340624.JPG




ため息をつきたそうな

ウリすけ

P1340629.JPG




何か言いたい?

P1340630.JPG



べつに。

P1340631.JPG




やっぱり何か言いたい?

P1340632.JPG



また あそこ いったにゃ。

P1340636.JPG




ぢっと皿を見るグリコ姐さん

P1340637.JPG

お膳がからっぽなのは、
貴女がぜんぶ召し上がったからですよ。
晩ごはんは2時間後です。


このあと家じゅうにとどろく

 

ごは〜ん!

 

の声。

 

 

やれやれ......



ブログランキング・にほんブログ村へ

またぁ?




またぁ?

P1340640.JPG

う、うん。
今週の日本語バナシはお休みです。


しばらくネットがつながらなくてね、
いろんなシゴトが滞っちゃってね、
で、記事を書くよゆうがなくて......





言い訳ばっかりにゃ。

P1340639.JPG

すみません。




ちっ。

P1340641.JPG

ひーん。



ブログランキング・にほんブログ村へ

葉っぱと猫と晩酌




垣根にからませたアケビが、
シュンシュンとすごい勢いです。
さっそく摘んできてウリに見せる。
 

P1340652.JPG

木でも草でも、
芽吹きは赤を含んだものが多い。
この色が、かよわい新芽を

強烈な紫外線から守るんですって。




裏の空き地からは、

ワラビを調達。

P1340658.JPG

シダ類の芽は、

かたちがおもしろいよね。
かわいいなあ。


きれいだ、かわいい、と言いつつ、
容赦なく鍋に放り込む。


――と、
アケビはうつくしい緑に変身。

P1340668.JPG
温泉玉子を落として、巣ごもりに。




近所の酒屋さんで適当に買って来た一升瓶。
小鉢は、ホヤの燻製なり。

P1340670.JPG

冷や酒がおいしい季節になりました♪




でも、酒のお供に欠かせないのは、
これですよ、これ。

P1340672.JPG
↑画面下の灰色の物体。↑





絶対に膝には乗らない猫なので、

ウリすけと一献傾けようとすれば
ガニマタのあぐらを強いられます。

P1340673.JPG

 

お行儀悪くてもいいのだ。






春に、乾杯!

P1340679.JPG

ああ、しあわせ......




まだもうちょっと
花吹雪。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

ラッパっぱ、葉っぱっぱ。




人間、好みというのは変わりますな。
若いころは、ラッパ水仙が
あまり好きではありませんでした。


でも、今は好き。
パーッとたのしそうに咲く子だなあ、と。








今年も季節到来!
イタドリです。

P1340607.JPG

こないだの伊豆高原で摘んできたもの。
アスパラぐらいの太さがあって、
アントシアニンたっぷりの立派なイタドリ。





去年、初めて食べてみて(⇒☆)、
すっかりやみつきになりました。

P1340608.JPG

去年はベーコンと炒めたけど、
豚コレラのニュースで
むごたらしい映像を見てしまって以来、
(生きたままコンテナに突き落とされる豚たち!)
売り場でお肉を買えなくなりました。


で、今回は塩とオイルとガーリックパウダーだけ。
でも、じゅうぶん、おいちい♪



水仙は
ニャンタ・コーナーに飾りました。

 

 

 

まだまだ

↓ヤマザクラは咲いてます。↓

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

ベランダの季節、桜餅など

 

 

これも3月の写真ですが、

ヤマボウシの枝先が

ほんのり赤くなっています。
 

 

P1240003.JPG

4月に入った今も、
この写真とあまり変わりません。
気温の低い日が続いたせいでしょう。



でも、
猫らが「ベランダ出る!」と吠える回数が

格段に増えました。
日が暮れてからも出たがるようになり、
ああ、ほんとに春が来たんだな、

と思います。



上のウリ猫の視線の先には、
グリコ婆さま。



だいぶ足もとが怪しいので、
見守るほうはハラハラします。
でも、本猫は気力横溢。

P1240007.JPG

P1240008.JPG

P1240009.JPG

P1240011.JPG

目ヂカラも健在なり。





余談ですが、
桜餅。

P1340407.JPG

生まれ故郷の高山では、
道明寺のお餅がふつうでしたから、
この長命寺タイプは許しがたい。
......食べますけど。




そして、
近ごろのイチゴ大福。

P1340409.JPG

イチゴを見せるタイプが増えてます。
白い皮にほのかに紅の透けるのが
いいんじゃないの。
なんでむき出しにするかな。


食べますよ。
食べますけどね。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

白菜パトロウリ




すっかり春たけなわですな。
この水仙は3月の写真。

P1340455.JPG

おしゃれに花を飾りたくても、
せまい家のこと、
バナナとか漬け物の瓶が
ガラスに映り込んでおりますよ。





このときの瓶の中身は、白菜。
漬け込む前に半日ほど干すのですが、
毎度、ウリ警備員が巡回してきます。

P1340427.JPG

P1340428.JPG

P1340429.JPG

P1340430.JPG

P1340431.JPG

P1340432.JPG




このときの白菜は、
近郊の野菜直売所で買った、
オレンジ何とかいう品種でした。
漬けたら、こうなりました。

P1340518.JPG

色はふつうの白菜のほうがいいな。
ほんとは大きい株のまま漬けたいけれど、
東京あたりの冬の生ぬるい気温では
確実に失敗するので、やむなく切り漬け。



暖かい日が増えてきました。
休眠中のぬか床を

そろそろ起こしましょう。
 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

断食してみた。

 




もう4月ですと!
びっくりしちゃってコトバもありません。
コトバも出ないので、
新年度早々、日本語バナシは休業です。
(と言いつつ、無駄話ヘ↓)
 




ウリすけや、おみやげだよ〜。

P3300127.JPG




レモン色のが「黄金柑」で、
みかん色のが「せとか」。

P3300129.JPG

黄金柑、初対面でしたが、
香りがなんとも「きれい」なのです。
大好きになりました。

 
ごめんよ、ウリ。
もっといろいろあったんだけど、
何しろ重くてね、これだけなのよ。





ぷいっ。

P3300125.JPG

喜びなさいよぅ。


**


日本語バナシの代わりにクイズ。
この表示は何を禁じているのでしょうか?

P3290090.JPG

ヒント:
おばは、みかんの産地まで、
断食体験に行ってきました。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ


※クイズの答えと、体験報告などは
 つづくボタン(↓)からどうぞ。

続きを読む >>

お手上げです!

 

おてあげにゃっ!

 

 

(ウリすけ1歳ごろ)

 

 

いろいろお手上げです。

その上、わが家のインターネットまで不調です。

この写真1枚上げるのに、30分かかりました。

 

 

もう、笑ってごまかすしかありません。

 

あは♪

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

りんごハウスのその後

 

 

 

この鋭い目つき。
討ち入り前のやくざの親分?
どこぞの大統領を狙う暗殺者?

P1330975.JPG

中身と顔がこれくらい合わない猫も珍しい。
実態は甘ったれなグリコさんが
どこにこもっているかというとですね、
ここです。



 


P1330967.JPG

 

遠野のりんごは二度おいしい。⇒☆

三度めもおいしいかもしれない。⇒☆☆

というところで停滞していましたが、

このほど、めでたく

茶色いしっぽが生えました。

 




中にいるのが暗殺者だとコワいので、
そうっとカメラだけ差し入れて撮影。

P1330981.JPG

たいへん、ご満悦のようです。



ついでながら、

P1330903.JPG

 

豆苗の二期作も絶好調です。

気温は低め、

陽ざしは強め、

というのがいい環境のようです。

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※いささかドタバタしております。

 「留学生は見た!」はまだまだ続くのですが、

 きょうはちょいとお休み。

 忙しい、というのとも違うのですけれど、

 いや、忙しい、のかな。

 とにかくきょうのところは、

 グリコさんにお茶を濁してもらいます。

きこり

 

 





きょうは、
お約束した「きこり」のお話を。




地面から唐突にお日さまが!

P2040091.JPG

フクジュソウの咲く季節になりました。




見上げれば、ロウバイも満開。

P2040081.JPG





参加している地元の里山保全団体は、
冬と春のあいだ、

ちょうど今の時期に
炭焼きをしています。

P2020038.JPG

炭窯は常設ですが、
煙突は、そのつど立てます。
長いブリキのパイプを継いで、
立ち木の枝に渡すのです。


斜めに渡した煙突からは
冷やされた水蒸気が落ちてきます。
それを受けて、木酢液も取ります。


窯のかたわらでは、
熾火で焼き芋をこしらえたり、
一斗缶で花炭を焼いたり、

(⇒☆花炭と鼻
いろいろなお楽しみもあります。





あるいは、
個人的に「薪狩り」をすることもあります。


たとえば、「山持ち」の人から、
去年の台風で倒れた木を整理したんだけど、
よかったら持ってかない?なんて言われる。


今回の現場は、

家から自転車で行ける距離。
さっそく斧をかついで偵察に。

P2070095.JPG

 

 



 

伐採業者さんが切り倒したクヌギ9本、
エゴノキとイヌシデも少し。
杉やヒノキもりっぱなのが数本。
いずれも枝を払って

整然と積んでありました。

P2070097.JPG

おいしすぎる。




近所の薪ストーブ仲間に声をかけて、
4世帯で玉切り作業にかかります。


と言っても、

うちはエンジンチェンソーがない。
ぜんぶ人さまに切っていただく。
すまんことです、ありがたいことです。
せめてもの申し訳に、
せっせと運んで積む。

P2070099.JPG

この日はこれで終了。
これ、ぜんぶクヌギです。
薪ストーブ持ちにとっては、

大ごちそう。
割るのが楽しみ〜。


**


――というような作業を、
5月の連休ころまでやるわけです。

 


夏は夏で、林内の下草刈りなどをします。
草刈りは、もう苦行そのものですが、
薪ストーブのためなら、エンヤコラ。
そして木枯らしが吹くのを待つ!



***


猫も出しておきましょうね。


むぅん。

P1340091.JPG

これ、

何をしているとこでしょう?

 


こたえ




いつもとちょっと配置が違うけど、
灰色しましま製

足首あたため器。

P1340088.JPG

 

ほかほかと稼働中なり♪

 

 

おかげで

おばは、風邪知らず。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

サボた〜び





おばちゃんは いませんにょ。
 

P1340007.JPG




どっか いったです。

P1340006.JPG




ウリを おいて......

P1340005.JPG





グレてやるです。

P1340010.JPG





てやんでぇ。

P1340012.JPG




おばは、
へんてこりんな切符を買って、
遁走中。

51768515_1227483730742029_759636181150334976_n.jpg

国分寺⇒新宿、11,990円!
(ふつうなら300円くらいの距離なり。)

 

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

そんな次第で、今週も日本語バナシをサボります。

コメントのお返事も滞りますが、お許しください。

ああ、こうして貴重な読者を失ってゆくのだわ.....。

アイのかたち

 






こんな顔も、

P1340054.JPG




そんな顔も、

P1340051.JPG




イジワルそうな顔も、

P1340055.JPG

 

ぜ〜んぶ、好き。

 

 

 



おばちゃんのキモチは、

いつだってこんな感じ♪

P1330501.JPG

あ、ちがった。

さかさまでした。

 

 

 

 


こんな感じ♪


P1330503.JPG

 

ウリ猫らぶの、

はぁと♪

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ


 

猫にらぶらぶ光線を送っても

迷惑がられるだけです。

チョコも喜ばれません。

 

でも

誰かにを捧げたい!

そんなときは、

たとえば⇩

 

花

 

 

ハートどうぶつ基金

 

ハート動物いのちの会岩手

 

ハートアニマルレスキュ―飛騨

 

 

先日、きこりの話をしましょうか、

 なんて書きましたが、

 きこり写真がないじゃないの!

 もうちょっとお待ちくださいませね。

気持ちいい弁当

 

 

 

 

きょうは

ねこの はなしじゃ

ないのにゃ。

 

P1340101.JPG


牧野伊三夫さんのトークショーに行ってきました。
わがふるさと飛騨にもご縁の深い絵描きさんですが、
このほど新刊『画家のむだ歩き』を出されましてな。
なんと、そのご本の編集者さんは、
拙著『日本語びいき』を作ってくださった方。


ご縁だわ〜。
というので、行って来たわけです。


牧野さんの魅力は、じつに多岐にわたるのですが、
たとえば、......いや、ご自分で見つけてください。
私の筆ではお伝えしきれません。


で、その会場で入手したのが、
限定20食のこのお弁当。
(キャンセルが出たのを分けていただいた♪)

P1340109.JPG

日田(ひた)と飛騨(ひだ)は、
どうやらつながりがあるらしい。
どちらも山の国、木の国です。


で、牧野さんがあれこれ「遊んで」いるうちに、
日田でもいろいろな計画が動き出して、
このお弁当も、その一つだそうな。


たのしい包み紙を開けると、
厚手の経木のお弁当箱。
箸袋は「しんぶん」になっていて、
中には、お箸と、のこぎりが!

P1340111.JPG

お弁当に、のこぎり?





デンと横たわるゴボウを切るのです。

P1340113.JPG

はい、日田名産の杉に見立てた。

 

 



そんなアソビはあるけれど、

無駄な飾りはいっさい、なし。
必要なものだけでできている。
食べられるものだけ、入っている。

P1340114.JPG

 

プラスチックのバランも、

プラスチックの小菊も、なし。

 

 

その意気に感じて、チンなんかしない。

冷えたままの麦飯をかきこむ。

きこりらしく、あぐらをかいて。


P1340116.JPG

 

途中で猫が見学に来たけれど、
委細かまわず、わしわし食べる。

んめえなあ。

 

 


そして......
食べ終わった弁当がらがうつくしい!

P1340117.JPG

ゴミが出ないって、気持ちいい!

 

 

 


 

zzzzzz......

 

P1340103.JPG

 

出番がなくて、寝る猫。


 

 

 

 

せっかくの「きこりめし」、
お外で食べたかったなあ。


この日は都合が悪くて
家でいただきましたが、
実際、このところのおばは、
「きこり」をしております。

 

 

次回は、きこり活動の一端を

ご覧に入れましょうかね?

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ