夏の夜のお楽しみ♪



夏至のころとはいえ、梅雨空は暗くなるのが早い。

きょうも一日、

おばの机辺でさまざまなジャマお手伝いをした灰色しましまを、

暮れかけた庭から、大好きなあのひとが、訪ねてきてくれました。
 

 


や〜もたん♪
 

P1280303.JPG

 



ガラス越しでもウリ猫の熱い視線を感じたか、
うつくしい曲線美で体をひねったまま固まるヤモリさん。

P1280304.JPG

 



動きがないと、猫はすぐ飽きる。

P1280305.JPG

 



ほんもにょ?

P1280298.JPG



確かめてみる。



ぴ。

P1280299.JPG


今年も、ヤモたんファン倶楽部、活動開始です。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   

目盛り、増やしました。

 


 

 

猫の居場所で室温が測れる温度計、


グリコ式温度計によれば、


この日は6月上旬、平年並み。

P1280185.JPG

このほど、温度計の「目盛り」を1つ増設いたしました。
右端の、通院用(および緊急時避難用)キャリーバッグです。

これまで、マダムは先代のニャンタのキャリーを使っていました。

キャミィちゃんも入った、あの頑丈一点張りのキャリーですが、
あれはドアが前面にしかないため、
中で踏ん張る猫を診察台に取り出すのが、毎回たいへんでした。
で、上半分が簡単に取り外せるのを新規購入したのです。
 

 

もちろん灰色しましまウリ猫用のは、別にあります。
たまーに自主的に避難訓練をしています。(⇒☆

でも、仲の悪いふたりなので、共用はさせたくないし、

だいいち、ウリに似合う水色が、グリコには似合わない。

 


似合うかどうかは、大事ですもんね。

少しでも病院通いをたのしくしなくちゃ!(ニンゲン目線)

 

 

 

 


ねこ

何はさておき、あたらしいものを買ったときは、
先住猫にチェックしてもらうのが習わしです。


さあ、ウリ猫さん、どうぞ!

P1280157.JPG
P1280158.JPG
P1280159.JPG
P1280160.JPG
P1280161.JPG
P1280162.JPG
P1280163.JPG
P1280164.JPG
P1280165.JPG
P1280166.JPG
P1280167.JPG
P1280168.JPG
P1280169.JPG
P1280170.JPG
P1280171.JPG
P1280172.JPG
P1280174.JPG



あぶにゃい、あぶにゃい。
はいっちゃうとこだったです。


P1280173.JPG

 


入っちゃってもよかったのに......

頭を入れたとこで、急旋回して出てきました。

箱の「使用目的」を察知したんでしょうか。


 

 

 

積み上げたざぶとんの上で、気をしずめる。


P1280176.JPG
P1280179.JPG
P1280180.JPG
P1280182.JPG



ふー、あぶにゃかった。

P1280190.JPG

しっかし、丸い猫だな。
ほっぺたに埋もれて、鼻が見えんではないか。



とにかく、検品ごくろうさん。
ゆっくりお休み。

P1280197.JPG

ずり落ちなさんなよ。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 


※マダムが通院?!とご心配くださったみなさまに、ご報告(↓)。

続きを読む >>

モジャモジャ二態




灰色しましまの左のほっぺに、妙なものを発見。

P5290007.JPG

 




うーん、見えますかしらん?

白い、小さな、ぽち。

P5290009.JPG



どうやらアンテナヒゲが、こじれて生えてきたようです。
 

P5290005.JPG

 

どうしてもターゲットに焦点が合わないのですが、

1本だけ、先っちょがマッチ棒の頭みたいに丸まっています。

触るとすごく気にするので、アンテナヒゲなんだと思います。
今後を見守りたいと思います。

 

 



さて、お待たせしました。
例のユリネあらため、ユリの球根、

みごとに花を咲かせました。
 

P6030038.JPG

 

 


やはり、コオニユリ(の園芸種)のようです。
本来なら、こんなふうにくるりと花びらが反り返るもの。

P6030041.JPG
 

 


だけど、このお方の場合は、とにかく花の数が多すぎるので、
みんながみんな反り返ろうとして、たいへんなことに。
 

 

 



もじゃもじゃら〜〜〜!


P6030039.JPG

収拾がつかない、とはこのこと。
小学1年生がクラスになじんできた頃合いの感じ?
花たちがてんでにわーわー騒いで、まあ、にぎやかなこと。
 

 

 

祭りだ、ワッショイ!

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   

 

実りの初夏

 

 

 




天窓から光が降り注ぐ季節。
 

 

ウリ猫のお鼻は、ますますピカピカです。
 

 

 

P1280144.JPG


脇に干してあるのは、お茶です。

某所で草取りをしたとき、

ツツジの生け垣にまじってチャノキがあるのを見つけまして、
イタズラ心で先っぽをつまんできました。
 

 

ドクダミ茶と違って、ほんとうの、チャの茶です。

「製茶」、前から一度やってみたかったのダ。
蒸して、揉んで、干してみました。


P1280148.JPG


どういう加減か、灰色しましまのお気に召したようで、
そばを離れません。
ザルに手を突っ込んでカサカサいわせてみたり、
のしかかって昼寝していたりします。

だいぶウリ毛がブレンドされた気がする。
飲むのは、......諦めた方がいいかな。


花



庭のようすも、少しお見せしましょう。

ウグイスカグラが、つぎつぎに赤い実をつけています。

P5300015.JPG

花もかわいいけど(⇒☆)、実もかわいい。

 

 



かわいくて、食べちゃいたいほど♪

P1280139.JPG


そのへんに食べられるものが育っている、
というのは、たのしいものですね。



食べられるもの、といえば――

駅までの道の途中、例のホオノキの近くに、桑の木があります。
ごく小さなひょろひょろした木だったのですが、

木の生長というのは、倍々ゲームというか、ある年から急に加速しますね。
去年までは実を取るのがかわいそうなくらいだったのに、

今年は見上げる枝にびっしり実をつけて、通りがかる鳥たちをたのしませています。

 


ヒトの中にも知る人はいて、通りすがりにちょいと口に入れていきます。

もちろん、私も。
暗くなってからの帰宅時、街灯のぼんやりした光でも、

熟れて黒くなったのは何とか区別がつきます。

自転車を止めて、手を伸ばして、つまみます。

その辺のヤブから、タヌキが指をくわえて見てるかも。

たのしいです。
 

 


さて、庭に戻って――


例の復活したミニバラが、さらに3つ、つぼみをつけました。
えらい!

P5300016.JPG

これまでは、今ごろの季節にはチュウレンジハバチの子にたかられて、
とうに丸坊主になっていたのに、今年は、1匹もいません。
鉢に上げたことで、風通しがよくなったからでしょうか。
去年まではほかの草に埋もれて、息苦しい思いをさせていました。
バラはやっぱり農薬を使わないとダメなのかな、なんて思ってました。
適所に置いてやれば、ちゃんと健康に育つんですね。

 

 

鉢植えは水やりがめんどくさいけど、

おばちゃん、がんばるわ。
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   
 

 

 

 

パソ子、受難の季節




まだ梅雨入り前ですが、
梅雨入りそうそうですが、

恒例の

夏の嫌がらせ
(⇒☆夏の嫌がらせ2016

始めました。



P5270018.JPG



位置について〜

P5270014.JPG



配備完了!

P5270020.JPG



灰色しましまピーナッツ型、ザ・嫌がらせ。

P5270021.JPG



お尻でパソコンの排気口をふさぎ、
頭で辞書をブロック。

P5270022.JPG



完璧です。

P5270024.JPG


がんばってくれ、パソ子。



あちこちの軒先や戸袋から
ひなたちの声が聞こえる季節ですね。
(巣立ちびなを見かけても、拾わないでくださいね。)

ブログランキング・にほんブログ村へ   

 

スマホで見やすいデザインというのに変えてみました。

しばらく、これでいってみます。

また戻すかもしれません。

銭湯「う」




新装開店の銭湯(⇒☆)の、その後です。



お客さんが入りました!

P1280095.JPG



湯加減、どうですか〜?
熱くないですか〜。

P1280011.JPG



ちょっとあついかも、です。

P1280012.JPG



しばらくして見ると、
脱衣場(?)で、お客さんがぐったり。



すわ、湯あたり?!

P1280100.JPG



もしもーし、大丈夫ですかー?

P1280098.JPG

 

コーヒー牛乳、飲みます?

P1280006.JPG



それともフルーツ牛乳?

P1280101.JPG

 

はっ!

P1280105.JPG
屋根の上を歩くカラスの足音に、覚醒。
よかった......。


これからの季節、西日湯は、ちと熱い暑いよね。


そういえば、
このごろは、紙パックの牛乳を置く銭湯が増えましたな。
ビン牛乳、カムバ〜ック!

   にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  

グリコが、か、かわいい!

 




ベランダでまったり中の、一人と一匹。

P1280114.JPG
(太鼓腹にはどうか目をつぶってくだされ。)



仲よきことは美しきかな。

イイね、イイね、と写真を撮っておりましたら、

ふいに、
 
グリコが、

あの、般若顔がデフォルトのマダムグリコが、

とつぜん、

ウルトラ超絶カワイイことを!

 


P1280124.JPG


うわわ〜!

たまらん、後ろアタマ!




いやあ、マダム、カワイイわ〜。
似合ってない気もするけど、
カワイイわ〜。

P1280126.JPG

 


ちょっと、そこ、うるさいわよ。

P1280120.JPG

はい、すんません。





ベランダの先では、
ヤマボウシが満開です。
十数年前に植えたときは、人の背丈ほどもなかったのに、
今では2階のベランダに届くようになりました。

窓の高さに木が茂っている。
いいものですね。

P1280110.JPG


こずえの枝が細くからみあっていたので、
1本切って、家の中に飾ってみました。



見ていたら、灰色しましまがやってきまして、
声をかけたら、振り向きまして――

P5230008.JPG

P5230009.JPG
P5230010.JPG
P5230011.JPG

傾いてるし暗いしボケボケのひどい写真ですけど、
「猫がこっちに歩いてくる写真」は、
それだけで飼い主の目には、ウフフなのです。
(花を飾るときは、バナナとかパイナポーとか古本は片づけましょう。)


**


おまけ。

その後のモジャさん
柿の木の下で、順調です。
つぼみが色づき始めました。
(画面右奥の、うっすら朱色が、モジャさん。)

P5290027.JPG



どうやらコオニユリみたいです。
ひぃ、ふぅ、みぃ、......

P5290025.JPG

いったいいくつ咲かせるつもり?


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   

白い糸




ウリぴょとおばは、

糸で結ばれています。

 

 

 


糸、赤くないですけどね。

しつけ糸ですけどね。


 

P1270436.JPG

P1270247.JPG

P1270246.JPG

P1270245.JPG
注:ピンクの物体は、「五ノ二 清水由美」の裁縫箱です。

P1270435.JPG

P1270258.JPG

P1270440.JPG

P1270438.JPG





あと、全然関係ない話なんですが、
バターの包みって、どうしてこうなんですか?
銀紙のシワになったとこがバターにめり込んでて、
ほぼ毎回、破れて残ります。

P1270464.JPG
うう......

世の中には、そう来たか!と感嘆するような

開けやすくてオシャレでしかもエコな包装がいろいろあるのに、
バターだけは、百年一日、この包み方ですよね。

紙に残ったバターをチマチマこそげ取りながら、
ムクムクと疑問がわき上がったのでありました。


なぜだ!

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

青天の霹靂

 

 



え?

P5050018.JPG



ええっ!

P5050020.JPG



きのうが締め切り?

P5050032.JPG



き、聞かなかったことにしよう。

P5050022.JPG
 

 


うん、そうしよう。

P5050033.JPG


と、いうわけにもいかん事態です。

ピンチです。

 


締め切りを忘れてたわけじゃないんです。

ぼんやり意識はしてたんです。
でも事前の催促がなかったから、
あれ、もちょっと先だったかな?なんて思っちゃって......


きょうは月曜日ですが、そういう次第で、
日本語バナシに頭をひねる余裕がなくなってしまいました。
これにて失礼つかまつります。


*(とってつけたような)ことばバナシ*

「霹靂(へきれき)」を国語辞書で引けば、激しい雷・雷鳴、などと出ていますが、

久しぶりに漢和辞典を引いてみたら、「霹靂車」なるものを発見。

昔の中国で戦争に使われた、投石のための装置をつけた車、だそうです。

おお、こわ。

 

 

石をぶつけられないように、ちゃんと働こう。


にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

団子の手入れと、別館ご案内






5月の光に透けるピンク。

P1270926.JPG



灰色ゴマ団子のお手入れ、続行。

P1270925.JPG



hjんんhy


ウリが、キーボードを左から右に横切りました。
何やら意味ありげなので、残しておきます。



閑話休題、

爪のお手入れも忘れません。


むぃ〜〜っと、な。

P1270924.JPG




少々毛深い腕も、きちんとお手入れ。
夏に向けて、露出度が高まりますからな。(え?)

P1270923.JPG
 

 


月曜の記事に使った写真と同じときのものですが、
この日のこの光はほんとうにうつくしくて、
床にカメラを置いたまま、見惚れてしまったのでした。

 


さてさて、

猫が毛づくろいしているだけの写真を並べて、この怠け者が!
――とお思いのアナタさまへ、
別館の記事を更新しましたので、ご案内申し上げます。


花
猫なほもにむ


偶発的同音異義を集めたブログです。
「集めた」などと言えぬほど、3回坊主で途絶えておりましたが、

じっつにひっさしぶりに、書いてみました。
お立ち寄りいただければ、うれしく、ありがたく。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ