撮影ウラ話

 

 



前回の記事ウリすけの、どアップ写真、

どうやって撮影したか、お教えしましょう。
 

 

P9230072.JPG

アヤシイ指の先が見えておりますな。




P9230067.JPG

そうです、こうやって撮りました。




いやにゃっ!

P9230073.JPG

――と言うのを、

 

 

 

 

むりやり、パチリ。

P9230075.JPG

これは、虐待?

 

 

なぜ、かわいそうな猫がこんな目にあわされているかというと、
その猫が、かわいそうな飼い主の業務をしつこく邪魔したからです。
しごとイスにかけていた布を、秋向きのものに替えようとしたら、
すかさず乗って来て、てんで動こうとしなかったからです。









で、どうにか布をかけ替えたら、
あんな目にあった後だというのに、
またぞろ、灰色のイナヅマが、しゅっ!

P9230083.JPG




懲りないやつ。

P9230086.JPG


そんなとこにいると、

また、つかまって写真撮られるよ?

 




ほ〜ら。

P9230087.JPG

 




自業自得!


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

市場に負けて、戦利品

 

 

 

ウリのおみやげは にゃかったです。
 

 




かいぬし、しっかく!

 


 

ごめんよ〜。

 

 



肉球
さて、仙台の「朝市」の誘惑に負けて買い込んできた品々。

その調理結果など、ご報告いたします。

 

 

まずは、オカワカメ。

青ジソを3回りほど大きくしたサイズの、

ザ・葉っぱという感じの野菜です。

P1280764.JPG

 


茹でて水に取ると、こんな感じ。

P1280779.JPG


かすかに土くさいような香りと、ぬめりがあります。

ツルムラサキに似た感じだな。

と思ってあとで調べたら、お仲間でした。

 

 

 

ミズは、標準和名ウワバミソウという山菜です。

当ブログでも、生きているお姿をアップしたことがあります。

 ⇒☆遠野のミズ

 ⇒☆平湯のミズ

姿のうつくしい山菜ですが、味も端麗。

 

この日の市では、こんな姿で、ムカゴだけが売られていました。

P1280766.JPG

 

店頭で見つけ、「ミズ?」とつぶやくと、

お店のお兄さんに「お、よく知ってるねえ!」と、ほめられた。

これで300円ほどだったかな。

こんなにきれいにそろえて詰めるのは、さぞかし手間であろう。
 

 

茹でると、こんな色に変わります。

P1280775.JPG

 

薄味のおだしに浸して半日。

味というほどの味はないのですが、

茎の部分はショリショリと軽快な歯触りで、

ムカゴの部分には、何ともいえぬ上品なとろみがあります。

いや、もう、冷や酒に合います。
 

P1280778.JPG

 




紅大根の切り干しは、ヨーグルトで戻してみました。

乾物をヨーグルトで戻すブーム、私の中で継続中。

 

P1280816.JPG

 

今回は、ついこのままおやつに食べちゃいましたが、

ヨーグルトを落として、小エビやキュウリなんかと和えれば、

彩りもきれいな、しゃれた小鉢になりそうです。

 

 

 

枝豆は、まずは茹でて、熱々をプチプチ食べる。

 

P1280787.JPG

 

思いのほかたくさんあったので、

前から一度やってみたかった「枝豆の漬け物」にチャレンジ!
 

P1280786.JPG

 

もうはるか昔のことになりますが、函館のどこかの小さな市場で、

大樽に入った「枝豆の漬け物」が、量り売りされていたのです。

ためしに買ってみたら、これがうまい。

たしか「塩水で漬けただけだっちゃ〜。」と聞いた記憶を頼りに、

茹で汁にさらに塩を加えて、室温で半日ほど放置。

そのあと冷蔵庫に入れて、1週間置いてみました。

 

 

成功!

 

ほのかに白濁した漬け汁。

乳酸発酵の酸味とうまみが加わって、おいしい!

お行儀が悪いけど、さやまでチュウチュウ味わいたくなる。

あー、もっとたくさん漬ければよかった......。

※函館方面の方が読んでいらしたら、質問です。

 こんなやり方で正解でしょうか?

 

 

 

イチヂクは、袋に書いてあった調理例に従い、

白砂糖じゃなくてザラメで煮てみました。

P1280785.JPG

 

味は悪くないけど、色がきれいに出ませんでした。

やっぱり赤紫に熟してからのほうがよかったのかな。

でも味は、ほんと、悪くない。

何しろ1キロ分あるので、朝はヨーグルトにまぜ、

夜はクリームチーズやナッツといっしょにワインのお供に。

たっぷり食べて、しあわせな秋です。
 

 

負けてうれしい、市場の秋。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

市場に弱い




オカワカメ。

P1280769.JPG




ミズのムカゴ。

P1280772.JPG

 


9月のある日、仙台駅そばの朝市で買いました。
ここは「朝市」といっても、午後遅くまで開いているので、
仙台に行ったときは、ほぼ毎回、寄る場所です。

旅先では鮮魚は買えないし、常温で持ち帰れる物に限られますが、
それでも市場という場所は、妙に気分が浮き立ちますな。

荷物になるから買っちゃダメだ、ガマンしよう、と思いつつ、
ついつい、あれやこれや、買い込んでしまいます。




イチヂク。

P1280781.JPG

だって、1キロたっぷり入って、650円!
だいいち、この色のはスーパーでは見かけないもの。
めずらしいじゃないですか。ねえ?

 

 


切り干し大根。

P1280811.JPG

いや、その、紅大根の切り干しって、見たことなかったし......


こんな小袋ひとつ、荷物のうちに入らないし......

P1280813.JPG




ふ。

P1280809.JPG

たしかに、袋はでかい。
でも、ほら、重くはないですし。

 




枝豆。

P1280782.JPG

この季節の市場に来ておきながら、
茶豆の枝豆を買わないなんて、許されないと思います。ええ。
 

 



......結果、
都内に戻ってから、夕方のラッシュに巻き込まれ、
網棚に荷物を上げることもできず、
お腹の前にリュック、両手にずっしり買い物袋、の難行苦行。

うむ。
つぎは気をつけよう。
 

市場の誘惑、おそるべし。


ブログランキング・にほんブログ村へ


※これらの食材の試作調理結果は、金曜日につづきます。

後ろアタマ部

 

 

 




猫ネコ愛好会、後頭部のみなさまにささげる1枚。
 

P1280875.JPG

 

 


念のために申しますが、

この後頭部は、

「こうとうぶ」ではありませんぞ。

 

うしろアタマ部と読みます。
 

 

猫の後ろアタマが大好物なヒトビトの特別部会です。

部員数は把握しておりませんが、

全国津々浦々、いやさ、世界中で相当数が活動しているはず。
 

P1280876.JPG

 




このときの猫本体は、こんな感じ。
 

P1280878.JPG

 


ねこ

 

秋の三連休ということで、

今週の日本語バナシは、お休みです。
 

ところで、きょうは何の祝日だっけ?とカレンダーを見たら、

体育の日、ですって。


体育の日だろうが何の日だろうが、
猫は、断固として、休むのでありますよ。

さあ、後ろアタマ部員諸君、

どうぞよき秋の一日を。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ


※ところで、写真を大きくしてみたのですが、

 大きすぎますでしょうか?

 こないだタブレットで自分のブログを見たら、

 えらく写真が小さかったので......。

 いかがでしょう?

シカクマメのヤル気




どどん!

P1280848.JPG
 

 



バナナじゃありませんよ。
これです。

P9120043.JPG

ヒントは、うしろに見える薄青い花。




おわかりですかな?

P9120041.JPG
 

 



断面図は、こうなっております。

P9220061.JPG

答えはシカクマメ
ほんとに、四角い。




じつは、この夏は、時機を逸してしまい、
恒例のグリーン・カーテンを仕立てそびれました。
夏も真っ盛りのある日、ふと目に留まったのが、茶色いお豆。

ガラス瓶に入れて窓辺に置いていた、シカクマメの豆(=種)。
記憶をたどれば、2013年のグリーンカーテンから採れたものです。

4年もたった古豆だし、F1なら子孫にはつながらないかも。
ダメモトでざっと土に埋め、それきり忘れていたのですが、
夏も終わりになるころ、こんなことになっていました。




がんばる、シカクマメ
 

P9120038.JPG
 

 


がんばるシカクマメの、可憐な花。

P9120039.JPG


花だけでもうれしかったのに、さらに数日してみたら、
立派なさやをつけていたのでありました。

 

さすがに数は少ないけれど、

この半月ばかり、毎日2つ3つ、収穫できて、

みそ汁の青みや、刻みサラダに重宝しています。

 

肥料どころか水やりもしていないのに、

支柱すら立ててやらなかったのに、

えらいなあ。

 

ありがとう。
ごちそうさま。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

秋の気配



あ......
 

P9100011.JPG




ウリには みえるです。

P9100012.JPG
 

 



あきが きてるですにょ!

P9100013.JPG



うん、おばちゃんも知ってたよ。
ニャンタのお墓に、シュウカイドウが咲いてたもの。

P9120033.JPG



夏のあいだひっそりしていた例のミニバラも、
また花をつけ始めたしね。

P9120035.JPG


猛暑がおさまって、草木もヒトもほっとひと息。
不調を抱えたペットと暮らすおうちのみなさんにとっては、
やれやれこの夏も越せたと、なおのことうれしい季節ですね。
 

 

おいしいもの食べて、元気出して行きましょう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

キメ猫と秋の空




ベランダの灰色しましまから、クレームがありました。
先日の「ヒニャッ」(⇒☆)は、不本意なんだそうです。

(まだ)妖怪になるつもりはないんだそうです。
猫として、ちゃんとキメたいんだそうです。

 


つきあってやってくださいまし。



正面向き。
 

P1280630.JPG



左向き。

P1280632.JPG



右向き。

P1280631.JPG



頭上には、夏の終わりの夕空。

P1280634.JPG

9月19日の朝、モズの声を聞きましたよ。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログ開設記念謝恩プレゼント、ご応募受付中です。

 9月24日(日)お昼まで。

怪談おぜんがふち



 

妖怪ハラヘリは、その後も村人を苦しめ続けました。

お膳ヶ淵を通りかかる者があれば、

昼も夜も、おそろしい低音で呼ばわるのです。

 

 

オイテケー。カリカリオイテケー。

 

 

その声があまりに大きいために、

村のほまれの名馬、灰色しましま号が落ち着きをなくし、

しましまが薄くなったようだと噂する者もあったほどです。

 

そこで、困り果てた村人がまじない師にお伺いを立てたところ、

「好きなだけ食べさせるがよい。」とのお告げをいただきました。

 

村人たちはなけなしのお給金を出し合い、

お膳ヶ淵がお膳山になるほど、

山盛りのカリカリをお供えすることにいたしました。

 

その後、村には静けさがもどったそうな。

とっぴんぱらりのぷー。

 

 

ねこ

 

 

まじない師のお告げ(=獣医さんの診断ね。)に従い、

療養方針を変更してからほぼひと月、

妖怪ハラヘリことマダム・グリコは、ますます絶好調です。


P1280619.JPG
 

歩く姿はよぼよぼしていますが、

座っている分には、威風堂々。
体重も、一時期ついに3キロを切っていたのが、

3.2キロまで盛り返しました。

(名馬灰色しましま号も、落ち着きを取り戻しました。)


 

日課の、ベランダでの夕涼みも欠かしません。

P1280615.JPG








P1280611.JPG


遠景の名馬が、ちょっと目障りですけどね。

 

 


 

ひにゃっ!


P1280621.JPG

 


見習い妖怪、ヒニャッ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

※あす木曜は、臨時特別更新。

 知る人は知る、「白いふたり」の近況を大公開!

秋の気配......かな?


 

 

夏の間、窓のそばはまるで人気がありませんでしたが、

少し前から、たまに、この場所に猫がいるようになりました。
 

P1280667.JPG


 

まだまだ暑い日は暑いし、セミたちも意気軒高。

太陽が低くなった分、さしこむ陽ざしが容赦ないけれど、

確実に季節は進んでいるのですね。


P1280669.JPG

 

 

 

どなたさまも、知らないうちに夏の疲れがたまっているはず。

休めるときは、少しでもおからだを休めてくださいね。

この灰色しましまを見習って。

 

P1280671.JPG

 

魅惑のドジョウひげ。

 

 

晴れていれば、今夜あたり満月。
 


 



ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※1週間お付き合いくださり、ありがとうございました。

 これから10月にかけて、また何だかワタワタしそうですが、

 ひとまず、来週は、通常営業の予定です。

飲みたいけど飲みたくない。



 

妖怪ハラヘリこと、マダム・グリコは、とにかく元気ですが、
でも、爪先の傷の完治は見込めないだろうとのこと。
だからこの先ずっと、抗生剤の服用を続けなければならんそうです。


空腹時に飲ませるのは胃に悪いので、

必ず牛乳を一口飲ませてから、投薬します。

 

そのため、このごろのグリコさんは、心中フクザツです。
好物の牛乳に、ケチがついちゃったわけですからね。

 


ぎうにうは飲みたい。
でも飲み終わると、すぐつかまる。
つかまって、妙なものを口に入れられる。

だから、
だから、








飲んだらすぐに避難!

 

P1280653.JPG



ふふ。
お口に、白いぎうにうヒゲがついてますよ。

P1280656.JPG

こういうときの逃げ足は、なかなかすばやい。
元気で、けっこう。



そして、おてては、ふくよかです。

P1280657.JPG

 

ハタチ過ぎてるかも?というお歳には、見えませんな。


ただ、抜け毛のすごいのが困りもの。
本体がなくなっちゃうんじゃないかと心配なほど、抜けます。
でも、猫の毛は無尽蔵。

それと、トイレ問題がちょいと、ね。

小はきちんとできるんだけど、大が、ね。
わりと頻繁に、不適切な場所で不適切なブツが発見されます。
なので、飼い主は、朝起きたとき、外出から帰ったとき、

何はさておき、アルコールのボトルとぼろきれをもって

部屋中を点検しなければならんのであります。
(うちにお客さんは呼べないなあ。)

 

マダムにとっては不名誉な話ですし、

キタナイ話題は、お読みになるのもご不快かもしれませんが、

昨今の猫ブームで、可愛い猫ちゃんを飼ってみよっかな、

なんて軽く考えてるお人には警告になるかと思いまして、

あえて書いてみました。

 

イキモノは、食べたら出すんです。

ま、これが「生きて、年を取る」ということなんだわね。
そう観念して、腰を据えて付き合っていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

食堂の移転

 



――というわけで、
ウリ猫食堂は、さらなる移転を強いられたのでありました。

P1280640.JPG


グリコの基地が並んでいるすぐ上です。
あんまりいいロケーションではありませんが、
まさか、ここまでは妖怪ハラヘリも跳べますまい。



ウリすけはちょっと戸惑っていましたが、
もともと嫌いな場所ではなかったので、すぐ慣れました。
ほれ、いつぞや、「花柄のお稽古」をしていた、あの場所です。

P1280642.JPG



すまんね、ウリ。

P1280646.JPG



そこに決めていいようなら、もうちょっと整理するからね。

P1280650.JPG
わが家の「祭壇」だったので、
父の写真だとかいろいろ並べておりましたの。






べつに、ウリは どこでもいいにょ。

P1280652.JPG

いい子だね。




いい子だから、マットをたぐるのはやめようね。

P1280651.JPG

グリコの頭上にお膳が降ることになるからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
 

若返る妖怪ハラヘリ




体調を崩してから、もう半年以上も
畳の小上がりには上がらなかったグリコ。
落差45センチが、越えられない障壁でした。

の、はずが......、



ええっ!
 

P1280636.JPG




平気な顔して上がってる!

P1280639.JPG

一瞬、彼女のヤル気と若さを喜びそうになったのですが、
上がった理由は、すぐにわかりました。





ウリ猫のお膳が、からっぽ。

P1280635.JPG

ウリは典型的な「猫食い」の猫です。
こんなふうにからっぽにすることは滅多にありません。
明らかに、上の黒っぽい姐さんのしわざです。
 

 

 


 

 

もともと、ウリ猫のお膳は、台所に置いてありました。
が、妖怪ハラヘリに変じたグリコが、
自分のを食べた後、毎回そちらに立ち寄るようになってしまいました。

それでは食事量のコントロールができないので、
ウリのお膳は、この小上がりの上に移転していたのです。

これでつまみ食い(というか横取り)は、防げる、

と思っていたのですが、......甘かった。


飼い主と灰色しましまの動きをじっと観察していたのでしょうね。
ウリすけが畳の上のあたらしい食堂にやっと慣れたころ、
マダムは、早くも侵略に及んだわけです。

ヨボヨボしたあの足腰で、45センチを跳んだわけです。
 

しゅごいな。

 

ウリ食堂は、さらに移転を検討せざるを得ません。

どこにしよう?
 

 

このつづきは、あした!

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

※今週は日本語バナシを休みます。

 その代わり、毎日更新いたします(予約更新)。

 息抜きに、お立ち寄りくださいませ。

妖怪ハラヘリ




 

ちょいと。


P1280570.JPG



 

お皿がカラッポだわよっ。


P1280581.JPG
剣幕にビビってカメラが揺れる。
 

 


 

 

マダム・グリコ、健在です。
とにかく、食べる。

めちゃくちゃ、食べる。

ウリ猫の3倍は食べています。

(出す方も、絶好調!)
 

糖尿病の発覚以来、カロリーの低い食事を提供していますが、
袋に書いてある「適正量」では、ぜんぜん足りません。


いつ見てもお皿はからっぽで、
通りかかるニンゲンを呼び止めては、お代わりを要求します。
その声の力強いことといったら!

甲状腺機能亢進症を疑うほどでしたが、
お医者さんの診立ては、「真正の腹減り」。

春先、静かに旅立ちを決めたように見えたのは、
あれは、あれはいったい、何だったのか。

とてもあのときと同じ猫とは思えません。

神妙に別れを覚悟していた飼い主は、戸惑うばかりです。

 


元気すぎ!


 

あと、このうっとうしいギャラリー、どうにかして!

 


P1280567.JPG



上からのぞくなんて、失敬なコムスメだこと!

P1280585.JPG

 


注:ウリすけは背中のパゲが治ったと思ったら、

数日後に、今度は耳のそばにケガをしていました。

幸い軽傷だったので、1日で輪っかははずせましたが、

その傷害事件の相手も、どうやらこの黒っぽい姐さんだったようです。

 


元気すぎでしょ!
 

 

 

 

化け猫組合の加入条件は、とっくにクリア。

恐るべし、マダム・グリコ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  


※今日からしばらく、予約自動更新いたします。
 コメントのお返事が滞りますが、お許しください。
 その代わりといっちゃあナンですが、来週は毎日更新!

 

アテレコブームは続く




何かね。
 

P8090132.JPG



今忙しいんだ。後にしてくれないか。

P8090130.JPG
 

 

 


何? 夏が終わるだと?

P8090129.JPG
 

 



 そういや、ツクツクボウシがうるさいな。

P8090147.JPG
 

 



終わるとなると寂しいもんだな。

P8090139.JPG



ベランダの食べ放題もあと少し、か。

P8090138.JPG


食べ放題、しなくていいから!

 


 



ブログランキング・にほんブログ村へ

このごろキャラ変のウリが気に入ってしまったおばです。
なんか名前つけようかしらん、と思案中。
ウリ社長? ボスウリ? 黒い灰色?

 

アルアルにアテレコ


 




きゅるん♪

P8010027.JPG

とっておきのイイお顔で、猫が箱に詰まっています。

その箱は、



飼い主が捨てようと思って玄関に出しておいたもの。

P8010008.JPG

嗚呼、猫あるある。


肉球


ウリや、その箱は捨てますからね。



なぬっ。

P8010004.JPG



許さんっ!

P8010005.JPG



いつもいつも勝手なことばかり言いおってからに。

P8010014.JPG



いや待てよ。ここは一つ、例の作戦で行くかな。

P8010011.JPG








きゅるんっ♪

P8010027.JPG
(=1枚目の写真)


飼い主をなめるんじゃありませんよ。
その程度の顔にいちいち負けていたら、
家の中は空き箱だらけになります。

 


......。

3日ほどしたらブームが去ったので、

断固として処分いたしました。

 

 

飼い主は、勝ったのか? 負けたのか?


ブログランキング・にほんブログ村へ