にゃっ♪






びっくりですにょ。

P1320945.JPG




こちら、週刊文春の――

P1320944.JPG




2018年11月1日号で――

P1320967.JPG




池澤夏樹さん

この本
日本語びいき (中公文庫 し)


まるまる1ページ以上を割いて、
取り上げてくださいました。

P1320968.JPG


実例に富んで無類におもしろい。
この本にあること全部に膝たたきまくり。
ともかく見晴らしがいい。



こ、これは......、
どう控えめに読んでも、
ホメてくださっている!


作家というお立場の方に、
小さな「気づき」のひとつひとつを
こんなふうにおもしろがっていただけて、
ほんとうにうれしいです。
ありがたいです。





こないだっから、
自分の本のことばっかりだね、
と顰蹙を買っているかもしれません。
でも、
ほんとうにうれしいのです。


パタパタとはしゃぎまわるチョシャを
どうか、お許しくださいませね。


**


はしゃぎついでに、
こんな写真。

バルト海.jpg


日本語びいき.jpg

バルト海のビーチに
『日本語びいき』!
以前、しごとをしたことのある編集者さんが、
遅い夏休みに連れて行きましたよ、と
撮って送ってくださったもの。


ああ、もう!
うれしすぎます。


***


ラトビアも日本も、
空はつながってるんだなあ、と思う。
こちらは、先日のわが家上空。

PA230005.JPG

煙突掃除をすませました。
冬支度、ばっちりです。
 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

 

キタ〜!





きたですか?
 

PA190038.JPG
 

 

 


うん、うん、
来た来た、
来ましたよ。

PA200043.JPG

生まれて初めての重版。
奥付を開いて、
しばし、うっとり。

 

 

花

8月25日初版

10月20日再版

 

 

エンタメ系以外の本に

こんなに早く重版がかかるのは

めずらしいことなんですって。

編集者さんがそう喜んでくださって、

ますます、うれしい。

ありがたい。

 




グリコ婆さまも、
おめでとう!
と言ってくれそうな気がする。


気がする。



......。

PA210054.JPG

ま......、まあ、いいや。


とにかく、
せっかく在庫が復活したことですし、
どうしよっかなー、

と、お迷いのお方さま
この際、ぜっひ!

日本語びいき (中公文庫 し)
『日本語びいき』(中公文庫)

Amazonに飛びます。

 


さて、

ウリ猫が玄関で待ち構えていたのは、
じつをいえば、本などではなく、
こちら。


さあ、くるです!
どんとこいです!


PA190034.JPG
 

 


猫じゃらを振ってくれと、
こう言っておるわけなのでした。

PA190039.JPG

すでに遊びたおして、

タネは飛び飛びの、はげはげ。
春が来たら、
部屋のあちこちから芽を出すであろう。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

 


 

青に......、よし。

 

 

日参しているブログ「猫ネコ英語」

写真も文章も、いつもすてきなのですが、

そりゃあもう、うつくしい。

 

 

意志の強そうな青い瞳が

背景のさまざまな諧調の青に映って、

ほんとうにきれいです。

 

 

いい写真だなあ、と思っていたら、

わが家でもこんなのが撮れました。

 

P9290045.JPG

 

ねねねねね、きれいでしょ?

瞳の色が合ってませんけども、

背景の青が明らかに荷物の包み紙だけども、

でも、まあ、きれいじゃなくはない、

ですよね?

 

 

 

「のせないで」と注意書きのある青い紙は、

先日見せびらかしました

ニャンタの写真の絵をくるんであったもの。

描いた方が額装して送ってくださったのです。



ウリ猫はかわいい、と
つねづね、ぬけぬけ広言しておりますが、
ウリ猫はきれいだ、と
ときどき、ぬけぬけ、そう思います。
 

P9290047.JPG




......ごめん。
背景が、残念すぎたね。

P9290048.JPG

 


そして、
やっぱ鼻ちょび。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

 

 

【お知らせ!】

長らく品切れが続いておりましたが、

このほどようやく、

Amazonに『日本語びいき』の在庫が復活しました。

 

そして!

絵をご担当くださったヨシタケシンスケさんが、

今度の日曜(10/21)夜、テレビにご登場!

「情熱大陸」です。

わーわーわー、たのしみ〜♪

重版出来!

 

 

 

キャラ変ウリから

おことばを賜りました。

 

 

 

 

なんだと?!

 

PA040002.JPG

 

 

 

 

ふっ、

 

それは大したもんじゃないか。

 

PA040003.JPG

 

ありがとうございます、ボス!

 

↓何このエラそうな猫、と思われた方のために↓

 ☆「ボスウリ」がブームだったころの記事

 

 

 

 

 

何がかというとですね、

『日本語びいき』(中公文庫)がですね、

 

なんと

 

 

なんと

 

 

なんとっ

 

 

 

 

重版出来!

 

なのです。

 

 

 

おばの人生最大の快挙かも。

本が出たときも

そりゃもちろんうれしかったですよ。

 

 

でも、

増刷はカクベツ!

 

 

それはつまり、

買ってくださる方が多くて、

お店に本がなくなっちゃった。

だから、もう少し刷りますよ。

――ということですよね。

 

 

じーん......

 

 

 

お買い上げくださったみなさま、

ほんとうに、ほんとうに、

ありがとうございました!

 

 

まわりのお友だちに

お薦めくださったみなさま、

ありがとうございました!

 

 

**

 

 

マダム・グリコ

ホメてくれてます。

(こちらはいつものキャラクターで)

 

 

 

あら、びっくりだわね!

 

P1320861.JPG

 

 

ねー。

 

 

 

 

 

オットットから、

お祝いの貢ぎ物。

 

P1320866.JPG

 

ぜんぶ

フルボトルがいいんだがな。

 

 

 

 

おまけ。

 

P1320869.JPG

シャンパンの棚のそばにあったんですって。
かっけー、オオカミ!(のビール)

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

 



本日は体育の日につき、
日本語バナシは休講です。
(よい言い訳をありがとう、体育の日。)

 


【お知らせ】
『日本語びいき』(中公文庫)
 
〇Amazon Kindle版
 
 (紙の本は品切れ状態継続中......)
 〇楽天ブックス Kobo版
  (こちら、紙の本も在庫復活!)
  
  

2018猫抽選、結果発表!


 

 

たいへん長らくお待たせいたしました。

当ブログ7周年記念プレゼント

抽選会のご報告です!

 

 

ヨシタケシンスケさんのシールを2名さまに、

シールつき『婦人公論』1500号を1名さまに。
ご応募くださったのは14名さま。

この中からお3人を選ぶのです。

 

 

まず、みなさんのお名前を付箋に書く。
 

P9230034.JPG

 

 



丸めて、テープで留めて、

抽選委員長にお見せする。
 

P9230039.JPG


この日は、チェックしただけ。

とにかくこの中から3本を選んでください。
最初に選ばれた方に、『婦人公論』です。

かんたんですよね?



 

 

 

 

さて、日曜日。

台風が来るという話だけれど、

なんと青空が見えてますよ。
 

 

P1320636.JPG

 


委員長の目に、何やら力強い光が。

これは、やる気?

今、やる?
 

 

P1320637.JPG

 


よぅし。



 

 

 

 

いつも通り、お皿から(何らかの事象により)

飛び出したのを、当選といたします。

目新しいアイデアが浮かばなくて申し訳ない。
 

P1320638.JPG

 


せめて、お皿は、カッコイイのにしましょう。

これも、木工好きだった父の手むずり作品です。
ふだんはペン皿にしています。

材は、ケヤキ、かな?

 

 

 

 

猫を相手に、無駄な努力はしない方針。

もう、最初っからマタタビに頼ります。
 

 

P1320641.JPG

 

 





さあ、どうぞ!
 

 

P1320662.JPG

おおっと、いきなり1本決定!

P1320665.JPG


その調子!
2本目、行ってみよう!

P1320666.JPG

P1320672.JPG

P1320676.JPG

P1320678.JPG

P1320681.JPG

もう......
このあとが、長い。

P1320684.JPG

そうだ。
1本目のお方に、『婦人公論』なのです。
今のうちに、確認しておきましょう。


じゃん!

P1320685.JPG

ナッツさんです!
おめでとうございます!



と、ふいに、委員長があわてる気配。

P1320691.JPG

わっはっは!




わかりますかしらん?

P1320693.JPG



おヒゲに、ぷら〜〜ん。

P1320695.JPG

マスキングテープの巻きが甘くて、
端っこがヒゲにくっついちゃった!

P1320696.JPG


焦った委員長がぶんぶん振り回して、
1本は床に飛ぶ。

P1320708.JPG




が、

もう1本が......

P1320698.JPG



とれにゃい!

P1320699.JPG


気の毒になったので、
立ち会い人兼カメラマンが取ってやりました。

P1320706.JPG




はい、開いてみました。

P1320731.JPG




nonojiさんと、三毛猫さんです!

P1320733.JPG

おめでとうございます!




今回はさくさくと事が運びました。
2本まとめてヒゲで釣るなんて、
いやあ、やりますなあ、委員長!


よゆうの委員長が、
またたび缶の入っていた箱をチェック。

P1320713.JPG

そうだ、そうだ、
まっさらなおもちゃが一つあったっけ。
キャットニップ入りカニさんのぬいぐるみ。
ごほうびに、進ぜましょう。

P1320762.JPG

P1320765.JPG

P1320768.JPG

はい、おつかれさんでしたっ!



あらためまして、結果発表。

ヨシタケシンスケさんのシールつき『婦人公論』は
ナッツさんに。
ヨシタケシンスケさんのシール各1枚は、
nonojiさんと、三毛猫さんに。


ナッツさんと三毛猫さんには、ずいぶん以前から
折々コメントをお寄せいただいていますが、
プレゼントのご当選は、たしか初めてですよね?

いやあ、当てていただけて、うれしいです!

 

お送り先を下のアドレスにお知らせくださいませ。
nekona222-saycat■yahoo.co.jp

(■を@に変えてください。)


nonojiさんは存じ上げておりますので、
そのままお待ちください。
 

 

 

 

珍しく、さらっと済みましたわ。

グリコ婆さまにも怒られませんでした。

よかったよかった。
 

 

また1年、

「猫な日本語」におつきあいのほど、

どうぞよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ  

プレゼントという名の

 

 

 

 

ええと、7周年ですよ。

えらいことですよ。
今年のプレゼントをどうしましょう。

 

 

 

未来を見つめるグリコ姐さん

何かいい知恵は出ませんか?

 

P1320336.JPG




灰色しましまのウリすけ

どっち向きに座るか、お悩み中......

P1320297.JPG





今は話しかけないでほしいらしい。

P1320299.JPG




まあ、よい。
キミはそこにいたまえ。

P1320306.JPG
(月曜の写真とは別なのですよ、これでも。)



猫に聞いてもらちが明かないので、
ここは

人のふんどしで

いや、

人さまのお胸を借りて、

勝負に出ることにいたしました。

 

 

 

こちらです!

 

P8090030.JPG

 

新刊『日本語びいき』を応援してくださった

『婦人公論』1500号特別記念号。

 

 

この記念号には、

先の記事でご紹介したごとく、

ヨシタケシンスケさんのイラストが

シールになって付いているのです。

『日本語びいき』の絵も

たくさん使われています。

 

 

この『婦人公論』1500号記念特別号を

さしあげようかと。

版元から2冊いただきましたので、

1冊をプレゼントにしちゃう。
(なんたる省エネ企画......)

 

 

 

この『婦人公論』をさしあげたいのには、

じつは、もう一つ理由があります。

 

 

中を開いてみますというとーー、

 
なんというご縁でしょう。
ほら、
こちらの記事。

P8090032.JPG

清水ミチコさんです。
「三人寄れば無礼講」という対談。
毎回ゲストをお二人呼んで、
鼎談をなさるらしいのですが、
この号のゲストが、
浅田美代子さん
と、
ミグノンの友森玲子さん


そう、動物愛護法改正で
先頭に立って署名を集めていたお二人です。
ペットショップや〇〇カフェで、
消耗品扱いされている動物たちのために、
果敢に、しなやかに戦っているお二人です。

 
恥ずかしながら初めて知ったのですが、
清水ミチコさんも
保護猫と暮らしていらっしゃるそうな。

 
「猫な日本語」などというタイトルで、
毎回猫らに頼っている当ブログ、
猫への恩返しとして、
折に触れて保護動物のお話をしてきました。



そして『日本語びいき』では、
日本語本として許される限度いっぱい、
猫まみれの例文を盛り込みました。
猫には恩義がございます。

 
そんなわが新著のコラボ企画の雑誌に
この記事ですもの、
うれしいじゃあござんせんか!

 
しかも!
清水ミチコさんと不肖わたくし、
なんと、同郷人なのですよ。
ええ、飛騨高山。
帰省のたびに、ミチコさんのご実家
if珈琲店の前を通ります。

 
そして、今回、
『日本語びいき』には
高山方言のことも書いたのです。

これをご縁と呼ばずして何としよう。
 

 

**
 

 

 

チョシャ特権で、

雑誌の付録とは別に、

シール単体も、よぶんにいただきました。

そこで、

今回のプレゼントは以下の2種類、
合計3名さま分です。

 

P1320523.JPG

『婦人公論』1500号、付録シールつき(お一人に)
または
ヨシタケシンスケさんのシールのみ (お二人に)

 

 

 

 



(雑誌はもちろんサラのをお送りします。)

 

 

『婦人公論』が当たるかシールだけになるかは
ご応募の先着順、
もしくは、
ご応募が複数あって抽選になった場合
先に当選が決まった順、
ということにさせてください。


ほしいなと思われましたらば、

コメント欄に
「プレゼント希望」とお書きください。
お送り先の情報は、

さしあげることが決まってからお尋ねします。
コメント欄に個人情報はお書きになりませんよう。

締め切りは、
9月22日(土)の24時まで。

 

締め切りました。

ご応募くださったみなさま、

ありがとうございました!

抽選会の開催、決定です。

いつどこでだれが......は、

未定です!


プレゼントという名の販促行動。

ご応募、お待ちしております!

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 



申し遅れました。
ランキングボタン↑2つ

「ぽちっ」と応援いただき、
いつもありがとうございます!
 

7周年!

 

 

 



きのうは9月9日、

当ブログ「猫な日本語」を開設してから

まるっと7年が経過した日でした!

 

いやあ、よく続いてきたもんですな。

 




 

アタシのおかげだわね。

P1320344.JPG

 

 

はい、ご協力ありがとうございます。
いつまでもお元気で何より。
トイレ(大)をトイレの中にしてくだされば、
ほんにもう、言うことはございません。




 

ウリも がんばってるです。

P1320309.JPG

 

 

うん、うん、ありがとう。
風邪ひとつ引かずに、えらいえらい。

 

 


 

しかし、

何といっても、

きょうまで続けて来られたのは、
読者のみなさまのおかげです。

 

日本語ブログなんだか、

猫ブログなんだか、

迷走しきりのへっぽこ記事を、

毎回読みに来てくださって、

ほんとうに、ほんとうに、
 

 

ありがとうございます!

 

 

時間のやりくり下手のゆえに、

しばしば記事の更新に行き詰まり、

もうムリ!と思うことも再々です。

 

 

が、

このたびの新刊↓のカバーに、

当ブログのURLを記載してしまいました。

 

(Amazonに飛びます。)


ですんで、

ここでくじけるわけにはまいりません。

ネタがあろうがなかろうが、

世間さまに期待されていようがいまいが、

「猫な日本語」は続けます!

(鼻息ふんふん!)

 

 

ねこ

 


かっこうをつけていても

おひげが曲がっていたり、
 

 

P1320304.JPG

 

 




甘えんぼのくせに

般若顔だったり、
 

 

P1320350.JPG

 

 




距離感がビミョーすぎたり

の、ウリグリコですが、
 

P1320317.JPG

 


2名の猫らに助けられながら、

これからもヨチヨチ進んでまいります。

つぎなる1年もまた、

どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 外国語ブログへ

 

ただようキンチョー感!

 

 

 

※月曜日ですけれど、日本語バナシはお休み。

 特別な日ということで、大目に見てください。

 それと、恒例の記念日プレゼント企画ですが、

 何も企画しておりませんでした!

 ただいま鋭意考え中!

 そこはかとなくご期待くださいませ。

 

※あまりに立て続けに起こる災害。

 「明日は我が身」の真実味が増した夏。

平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

ヨシタケシンスケさんが好き。



宣伝は、つづく。
(灰色しましま、いい迷惑。)

P8090023.JPG

お買い上げくださいまし!
 

Amazon⇒    楽天ブックス⇒[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

 



 
版元からは、
このような応援企画をいただきました。

こちら、『婦人公論』です。

P8090030.JPG

1500号記念特別号なのであります。
そして、その特別付録が――、




ヨシタケシンスケさんの
絵のシール!

P8090029.JPG

『日本語びいき』に描いてくださった絵が、
シールになっている!




ヨシタケシンスケさんのことは、
何年も前から大好きでした。
ですから、前著を出すとき
絵をご担当いただけることになって、
そりゃあもう、うれしかったものです。


でも、ちょっぴり不安もありました。
私が先に文章を書いて、
その各章に絵をつけていただくのですが、
何しろ中身は、文法がメインの、
いうならば、日本語概論です。


それをいったいどんなふうに読んで、
どんなふうに打ち返してこられるのか、
ドキドキしながら待ちました。


でも、
そんな不安はまったく無用でした。


胸のすく、まっすぐなホームラン、
ピッチャーが首をすくめるようなライナー、
守備を右往左往させる高い高いフライ、
どれも、そう来たか!と思う絵ばかり。

 
意外なのに、
ナルホド感いっぱい。
ねじれてるのに、
わっかりやすい。

 
そうしてとにかく、
可笑しい!


今回の増補分でも同じでした。
私の文章を、うんとわかりやすく、
うんとたのしく、
読者に届けてくださっています。


 

 

おかいどくにゃ。

P8090026.JPG

ねー。
絵だけでもお買い得だと思います!



どうかお手に取ってくださいませ!
 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 


(ところで、↑の野球用語の使い方、合ってます?)

公式発表



 

あーたたち、

おちついて、

ちゃんとご紹介なさい。

P8090016.JPG

はいっ。
 

 

花


たいへん失礼いたしました。
ニャンタのおばの新刊が出ます。

 

店頭に並ぶのはお盆明けのようですが、
見本が届いたものですから、
うれしくって、フライング。



前著『日本人の日本語知らず。』の

増補改題、文庫版です。

 

本文3章分とコラム14本を

あらたに書き下ろしました。

ボリューム的には前著の1.5倍。

(お買い得かと。)

 

ヨシタケシンスケさんも

あらたに絵を描いてくださいました。

(ますますお買い得かと!)


 

なろうことなら
町の本屋さんで買っていただきたいですが、
情報として2つ、

ネット書店をリンクしておきます。

Amazon

 



楽天ブックスはこちら。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本語びいき (中公文庫) [ 清水由美 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2018/8/13時点)


 

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

わっ!

 


わっ!



ででで、出た!
 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 





 

せんでん

 

いきなり梅雨が明けて、

明けたとたんに連日の猛暑。
かと思えば、西のほうでは台風が大暴れ。
みなさま、ご無事でいらっしゃいますか?

 

 


わが家の面々は、おおよそこんな具合です。

 

P6260026.JPG

どうにもこうにも身がもちませんな。




そんなときに、暑苦しいものを恐縮ながら、
『薪ストーブライフ』33号、出ました。
☆沐日社

P1320037.JPG



燃焼実験、手斧、チェンソー等々、
今号もオタクな特集が満載です。

P1320038.JPG

 

 


わたくしめのエッセイも5回目になりました。
いつぞやの革手袋事件をネタに、
猫+ストーブ+日本語、の三題噺。

P1320041.JPG



夏は夏で薪ストーブ(の炉台)を活用中の、
焦げ茶の姐さんにも宣伝をお願いしましょう。
鉄板が、少しはヒンヤリするらしくて、
この日の避暑地は、ストーブのお腹の下でした。

P1320009.JPG

もしもーし、グリコさーん
ちょっと振り向いてもらえませんか〜?

 

 


.......。

P1320011.JPG

そんなもの見たくもないって?

 

 

ゴメンナサイ。
 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

報告と自慢

 

 

 


高山から戻ってきたら、
いかにも事務的な感じの茶封筒が届いていました。
中身に心当たりはあります。

 

前の週に地元自治体の登録手話通訳者認定試験を受けました。
その結果に違いありません。

封筒がふくらんでいるのは、
吉か凶か。

えいっと開封したら――、
 

 

 



合格!

P1310408.JPG

手話の勉強を始めて3年と10か月、順調すぎて、こわい。
1回で受かることはまずない、と聞かされていたし、
自分でも、とくに読み取り(手話⇒日本語)はボロボロだった自覚があり、
万に一つ、いや百万に一つの希望も抱いていかんと思っておりました。

それが、
なんと、
いやいや、合格しちゃいましたよ、グリコさん。

P1310412.JPG

中の紙に「ここに連絡しろ。」とあったので、指示通り電話をしたら、
怒涛の説明が始まり、それを聞いているうち、ますますこわくなりました。
登録通訳者になるということは、通訳で報酬がもらえるということです。
つまりプロになるということなのであります。

うわあ......

とてもそんな技術が身についているとは思えない。
そもそも、言語としての手話に興味を持って勉強を始めたのであって、
通訳者になるのが目的だったわけではないのであって、
でも勉強を続けるには通訳者養成の講座しかなくって、

その受講のためには修了後の受験が義務づけられていて、だから、
だから、つまり、ええと、......

うわあ、うわあああ......

 

 


どうしよう、グリコさん。

P1310410.JPG

と、よく見たら、寝てると思ってたグリコさん、起きてました。
目が、目が、こわいです。

わかりました。
がんばります。
がんばります!

 

手話は、興味や趣味だけでやっていてはいけない。

必要としている人の役に立てなければ、学ぶ意味はない。

この3年10か月で、そのことがよくわかりました。

だから、がんばります!

***


薪ストーブライフ』32号(2018年3月)、出ました。
連載「私と薪ストーブの猫な関係」は4回目になりました。

P1310395.JPG



今回の主役は、この灰色しましまじゃなくて、
庭猫時代のグリコさんです。

P1310386.JPG

 

わりかし上手に書けてるんじゃないかと思うのよね。

ウリすけ、宣伝してくれる?

 




みにゃさん、よんであげて!

P1310388.JPG




おまけ。
高山で、春本番のような晴天に恵まれた1日、

母と、ゆっくり、ゆっくり、山辺の道を散歩して、

フキノトウを摘んできました。


P1310406.JPG

 

丸2日持ち歩いたので、アクを消すために油を多めに使いました。
黒いつぶつぶは、エゴマです。
われながら、上出来、上出来。

 

これは自信をもって、自慢させていただきますよ。

うんまい!

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

※水曜からは、また&まだ「留学生は見た!」シリーズです。

お年玉プレゼント抽選会

 

 

年が明けてから、すでにひと月半になんなんとす。

たいへん、お待たせいたしました〜。

 

 

さる方面から託されました、お年玉のプレゼント企画
 

ハートKojiさんのお皿ハート


ご応募くださったのは、以下の6名さまでした。


花

nonojiさん、natsunさん、キウイさん、
まちゃさん、misaさん、うらまろさん

※うらまろさんは、別記事のコメント欄にてご表明。

 


いざ、猫な抽選会の開催です!

 


6名さま分の紙を用意し、
どうせ使うことになるのだからと、
早手回しに魔法の粉を取ってきたところへ、
その物入れの戸を開ける音に反応して、
疾風のごとく現れた灰色しましま。

P1310100.JPG



やる気満々です。

P1310103.JPG



これは、気が逸れないうちにやってしまわねば。
舞台装置を選んでいる暇はありません。
大急ぎでくるくる丸めて、テープで留め、
手近にあった、ウリ猫食堂のお膳にばらまく。

P1310107.JPG

 



いやあ、今回の抽選委員長は、すばらしい。

P1310112.JPG

 



じっつに、すばらしい!

P1310116.JPG



あっさり、選んでくれました!
迷いというものが、ない!

 

P1310124.JPG
 

 


いや、もう、たのもしい!

P1310125.JPG



こんなにカッコイイ委員長、見たことない!


P1310129.JPG




いつも途中でルールを変更したり、
解釈をねじ曲げたりしなくちゃならない主催者としては、
あまりにサクサク進んで、こわいくらいです。

P1310131.JPG



では、開けますよ。

P1310137.JPG



お膳ごと動かす勢いで、まだまだヤル気ですが、
その、お膳の外の1本だけでよいのです。

P1310141.JPG



じゃじゃん!

P1310144.JPG

 



丸まってますね。
広げ直して、テープで固定。

P1310146.JPG


まちゃさんです!

おめでとうございます!

 

※まちゃさん、ご当選は初めてでいらっしゃるかと。

 ご住所とお電話番号を、下記までお知らせください。

 nekona222-saycat■yahoo.co.jp(■→@)

 

==11:45追記==

クロネコさんに余分なお手間をかけないため、

確実にお受け取りになれる日時をご指定ください。

1週間ほどゆとりを見ていただければ、確実に発送します。

==*==

 




と――、

まちゃさん(の札)に再び襲いかかる委員長。

テープでお膳にくっつけたのが気に食わんのでしょうか。


P1310152.JPG

 



まちゃさん(の札)、くっちゃくちゃ。

P1310157.JPG



こんなもんで いいかにゃ?

P1310162.JPG

はい、おつかれさま!



そんにゃら......

P1310164.JPG

あっ、ごめんごめん。
お膳をもとに戻しましょうね。



ひとしごとのあとの、一杯。

P1310168.JPG




くーっ、しみるぜ。


P1310170.JPG


いつもこのくらいやる気に満ちて有能だと助かるなあ。

 


ギリギリ、春節に間に合ったということで、

↓お正月気分のひと押し、たもれ♪↓
 



 

ブログランキング・にほんブログ村へ


 

お年玉プレゼント!

 

 

 

おとしだまが あるですにょ。

 

 

 

 

はい、お年玉です。

戌年だろうが何年だろうが、

猫ネコしいお年玉です。

川添光爾さんというひとの作品です。

 

光爾さんと書いて、こうじさん。

いいお名前ですね。

光に向かってニッコリ微笑むような。

 

 

 

P1300182.JPG

 

 

光爾さんの作品のファンの方から、

当ブログの読者プレゼントにしてほしいと、託されました。

 

 

 

右端のものさしは、18センチ。

持ち重りのするどっしりしたお皿です。
 

 

 

 

真ん中の垂れ目猫が、やさしい。

 

P1300184.JPG

 

 

 

モテモテのクロネコくん。

 

P1300185.JPG

 

 

 

このトラさんは、なんかしゃべってますね。

 

P1300183.JPG

 

3枚を別れ別れにするのはしのびないので、

どーんとセットでお贈りします。

さらに、光爾さんの描かれたカレンダー(左端)つき!

 

締め切りは、1月31日!

 

==締め切りました。ご応募、ありがとうございました!(2/1)==

 

コメント欄に、Kojiさんのお皿希望!とお書きください。

ご住所などの個人情報はお書きになりませんように。

ご応募が殺到した場合(しそうな予感)、

猫な抽選会を開催いたします。

 

 

 

さあ、おうぼするですにょ!

 

 

ご応募、お待ちしております!

 

 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

薪ストーブと柿と




『薪ストーブライフ』31号(⇒☆)、出ました。

P1290555.JPG

 

 




 

ニャンタのおばの連載「私と薪ストーブの猫な関係」は、3回目。


P1290557.JPG

(ウリすけ、ちゃんと右足でページを押さえてくれてます♪)


あいかわらず、薪ストーブ日本語という、
たいへんニッチなお題の三題噺。
今回のタイトルは「ストーブ、こわい。」です。
どこぞでお読みいただけましたら幸いです。



 

 

話変わって、

今年も庭の筆柿は大豊作でした。

 

 

途中までは。

 

夏のある日、ふと見ると、イラガが大発生しておりまして!

別名「電気虫」だそうで、刺されたら激痛必至という困った存在。

え、え、どどど、どうしよう、とうろたえているまに、

みるみる成長したイラガの兄弟姉妹は独立を志し、

柿の木の全域に、それぞれの新天地を開拓し始めました。
 

そぉれは、困る。

おちおち木の下に行けんではないか。

 

ようやく意を決して追放作戦に着手したのですが、

いやあ、もう、......
詳細は思い出したくもありませんが、

とにかく手段としては、枝ごと切り取る!しかないわけです。


その結果、大豊作の予定だった柿の実は、

作戦終了時には、ずいぶんちょっぴりになってしまいました。

それはまあ、しょうがないとして、

イラガの子って、育つと存在感あります。

それを「駆除」するのは、ほとほと、神経にコタエマシタ。

 


==教訓==

共生しかねる虫が発生したときは、

発生初期に対応すべし!



そんなこんなの、希少な筆柿2017。


P1290459.JPG

 

 

 

ホットケーキにココナツオイルを乗っけたのに
ナイフでガシガシ割った柿を添えたら、

ココナツの甘い香りと柿の実の地味な甘みが、
意外によろしい取り合わせ。

P1290463.JPG

 

ちなみに、柿の皮はむかない主義です。


  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

==追加情報===

このイラガの大発生で、あわてて頼りにした参考書が、

『虫と楽しむ庭づくり』(曳地義治、築地書館)です。

この本によれば、特定の虫が大発生しても焦ることはない。

ただ、それが何年も続くときは、木が弱っているとか、

あるいは薬の使い過ぎなどで土が病んでいると思いなさい、

という記述がありました。

 

うちは農薬はいっさい使っておりませんし、

肥料もコンポストと薪ストーブの灰だけです。

だから、土は元気なはず。

イラガ騒動が、今年だけのことでありますように!

 

それにしても......

ルリタテハは移住させてまで保護するのに、俺らは永久追放かよ!

――って思ってるよね。

ごめんね、イラガ。