猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
         
百合根と球根のあいだ

 

 

 

わわっ!

 

P1270692.JPG



いやあ、驚きました。
正月の「銀とん」用に高山から買って来た百合根、
今年は体調不良でろくに料理なんぞできなかったので、
なんとなくそのままにしておいたらば、
春の訪れとともに、にょきっと芽を出しました。


350円の値札のついたラップをやぶって、
にょきっ!


P1270694.JPG

何ともたくましい。

こんなにやる気を出したものを、

今さら鍋に放り込むなんて、

そんなむごたらしいこと、できないわ......

 

わたくしの意識の中で、

 

ユリネ(食べ物)

ユリの球根(お花♡)

 

という変化が起きる。

 

 

で、

狭い庭に何とかすきまを見つけて、植えました。

 




一日後。

P4060021.JPG

 

真っ白なもやしみたいだったものが、
日を浴びて、赤くなりました。

 



さらに数日後。


P4230001.JPG

ちゃんと緑色に変身。

 

 

でも、な〜んか、ヘン。
妙に扁平です。

モシャモシャだし。

 


ちゃんとユリになるのかなあ。

P4230002.JPG

成長を見守りたいと思います。


がんばれ、350円!

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

 

あ、ウリ猫がまた輪っかをはめられていますが、

どうぞご心配くださいませぬよう。

ちょっとパゲ癖がついたみたいだったのですけれど、

今回は深手になる前に気づいて予防的にはめたおかげで、

わずか1日で解放してやることができました。

 

==4/27追記==

このユリの平べったさには異常を感じますが、以前、野生のヤマユリで百輪近くの花をつけたものを見たことがあり、それの茎がこんなふうに幅広でした。調べると「帯化」という奇形らしく、自然界ではままあることのようです。

| ひとやすみ | 02:22 | comments(9) | - |
においくさい

★日本語【同字異訓】




無農薬のイヨカンをもらったので、皮の砂糖煮を作ってみました。
そして、例によって、削った外側の黄色いところを干しました。

薪ストーブの景気づけになりますのでね。
(「例によって」の「例」をご覧になりたい方は、⇒☆☆☆☆☆など)


すると、たちまち、
猫ネコ国環境省大気汚染監視委員会から
灰色しましまスーツを来た敏腕査察官がやってきて、





こんな顔をする。

P1270223.JPG

査察官の判断では、相当な有害物質のようです。
 

 

 

そこで、さっそく業務に取りかかり、

P1270220.JPG



じつに熱心に、汚染のモトを埋却せんとす。

P1270203.JPG

 

ご苦労なことであります。



一方、猫ネコ国ニャコ民の中には、こういうお方もいます。

P1270244.JPG



臭い? 何の話かしら?

P1270242.JPG
グリコさん、お尻の下に「臭い」のモトを敷いてます!

 


受動喫煙防止対策法制化への温度差を感じる。

  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
 

※さて、みなさま、「臭い」を何と読まれましたか?
 におい? くさい?
 今週の日本語バナシは、そんな同字異訓についてです(⇩)。

続きを読む >>
| 日本語★たちつてと | 08:08 | comments(6) | - |
花炭(と鼻)



 

 

いいもの みせてあげるです。
 

 

P1270607.JPG

 




ウリ猫の鼻
 

 

P1270140.JPG

 

 




――じゃなくて、




ヒゲ
 

P1270139.JPG

 




――でもなくて、



こちら。

 

 

 

P1270148.JPG
花炭です。



蓮の花托、ドングリのヘタ、
竹の箸と、それを結わえたワラひも、
そして折り鶴まで。

P1270145.JPG

密閉して適正温度でじっくり焼くと、
きれいに形を残したまま、炭になります。


里山保全のボランティア団体に所属しているのですが、
そこでは毎年春の初めに、炭焼きをしています。
間伐したコナラと竹を炭に焼くことで、資源を有効活用し、

かつ、炭焼きの技術と文化をきちんと伝承しようではないか、と。
でも活動の第一の目的は、「楽しんじゃえ!」です。

そして、その楽しさを倍増させるべく、
炭焼き窯の脇では、一斗缶や菓子の缶を使って、
こうした花炭を焼いています。
みかんとかパイナップルを焼いたこともあります。
上の竹製の入れ物も、手先の器用な会員の、手作りです。



松ぼっくりや栗のイガも定番。
ワシャモシャした丸いのは、モミジバフウという木の実。

イガの針や、モミジバフウの実の細いヘタまで残っているのが自慢です。

P1270152.JPG

 


 

 

会員には定年退職したおじさまが多いのですが、
技術職だった人や、バリバリ理系だった人が研究と工夫を重ね、
現代版炭焼き職人たちの向上心は留まるところを知りません。
以前は折り紙なんぞ真っ白な灰になって燃え尽きていましたが、
近年はほぼ100パーセント、炭化に成功しているようです。


んが、花炭作りの最大の難関は、完成品を運ぶとき!
壊れやすいのよ〜。
 

 

猫の「ちゃいちゃい」も、難敵です。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

| ひとやすみ | 08:40 | comments(8) | - |
元気じゃなくない。




オジガハラ高原でくつろぐグリコ。

P1270596.JPG

 

 

 

 

ずいぶん薄っぺらになりました。



あ、オジガハラ高原の形状がわかりにくいですかね。
全体図は、こうなっております。
無理くり、読書中。

P1270594.JPG



つい先日の、寒かった日の光景です。
 

 

P1270595.JPG

 

 

 

パンパンの高反発、豊満ボデーが自慢だったマダムですが、
体重は、今や灰色しましまのウリとそう変わりません。

ウリすけはアンダーコートが充実しているので、

並んでいると、むしろウリの方が大きく見えるほど。

最盛期より1キロ以上やせてしまいました。

彼女の1キロをおばの体重に換算すると......、うわ〜。

 


でも、元気。

 


いや、さすがに、元気、とは言えないかなあ。

元気じゃなくない、という感じでしょうか。
 

 

どこかが痛いとか、いつも吐き気がするとか、

そういう「愁訴」がない。
 

 

朝は日向ぼっこをたのしみ、

あとの1日はほとんどピアノで寝て過ごし、

目が覚めれば風呂場でガブガブと水を飲み、

ウリのお膳からカリカリを数粒くすね、

日に一度は飼い主の顔を立てて栄養剤も飲み、

トイレ(大)はたまに難航しますが、それでも自力ですませ、

灰色しましまの突発的「アタ〜ック!」も巧みにかわし、

休みの日には、こうしておじちゃんの読書にも付き合う。

 


ありがたいことです。


般若顔も健在ですよ。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

| ひとやすみ | 02:22 | comments(11) | - |
遊びじゃないのよ......

★日本語【…というか、…】

 

 

 

こにゃちわ。

 

P2270008.JPG



おばちゃんが ばたばたしてるです。


P2270001.JPG


ちょっと、その、週末遊んでしまいまして......

 

 

いや、遊びといっても、


半ばつきあいというか、


修行の一環というか......

 

 


あそびに いったにゃ。

P2270004.JPG
 

 


まあ、あれです、そんなわけで、
今週の日本語バナシも手抜きです。

 


連休をはさめば、
きっとよゆうが生まれると思うんです。

 

 

きっと......

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

※「…というか、…」のちょっとした覚え書き(⇩)。

続きを読む >>
| 日本語★たちつてと | 08:16 | comments(7) | - |
        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode