猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << 日向ぼっこらない | main | 草むしり考 >>          
         
初夏のおいしいもの#2



この朝は、ベランダ先取選手権を勝ち抜いた、灰色しましま。

P5050020.JPG



とにかく「お外」が気持ちいい今の季節。
たいていのものは、外で食べると、なおおいしい。

P5080060.JPG



ベランダ猫の後ろで枝を広げるヤマボウシ。
満開です。

P5140180.JPG



北庭に回ると、テイカカズラ。
巴型の花がかわいい。

P5080082.JPG
テイカカズラは、種がまためちゃくちゃおもしろいんですよ。
写真に撮ってお目にかけたいと思っているのですが、
いつも気がつくと、はじけて飛んで行ってしまった後。
この秋は、逃さんぞ。




先日の柿の葉寿司の評判に、すっかり気をよくしまして、
今度は、朴葉寿司にチャレンジ!

P5120164.JPG

駅からの道に、ホオノキが1本あるのです。
まだまだ若木で、葉っぱをむしるのは気の毒なようで、
これまでずっと我慢してきました。

が、十数年そのそばを通ってきて、先日ふと見直せば、
あらま、ずいぶん立派な木になってるじゃないの。
これならちょっとくらい失敬しても大丈夫だわね。

というわけで、葉っぱを4枚、もらってきました。

ホオノキの葉っぱは、何しろ大きい。
写真右端のなんて、長さ30センチはありましょう。
だから、柿の葉寿司と違って、作るのはほんとに簡単。
食べるにも、1つか2つでお腹がいっぱいになります。
裏庭にはミョウガも出ていたので、
根元の柔らかいところを刻んで混ぜました。

ごちそうさま。

願わくは、
あのホオノキが切られませんように。
来年も再来年も、お寿司が作れますように。


その前に、
食欲全開の熱視線で、枯れちゃいませんように。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   
 
| ひとやすみ | 08:15 | comments(7) | - |
コメント
あぁ! 大好きな朴葉だぁ〜!!
朴葉団子食べたいなぁ〜
あんこ入りの大きめのお団子を朴葉の葉でくるんで蒸したものなんですが、朴葉のかおりが大好きなんです。
食べたいな〜、朴葉団子。
| おっチョコ | 2016/05/27 8:42 AM |
あ、朴葉寿司!!
つい2日前、話題になったのですよ。
兄が高校時代、飛騨金山に住んでた級友が
お弁当に朴葉寿司を持ってきてたって。
美味しそうだな〜食べたい!
| A | 2016/05/27 6:25 PM |
紹介


日本語の起源・言霊百神
| コトタマ | 2016/05/27 7:57 PM |
朴葉のお寿司もあって,お団子もあるのですか (≧▽≦)♪
美味しそうです!!
私は,朴葉焼きとか朴葉味噌しか知りませんでした (〉_〈);
お魚の橙色と朴葉の緑とご飯の白が食欲を刺激します ^^;

ウリちゃま勝ったのね!!
| ж∫цж | 2016/05/27 8:39 PM |
 このお写真では分かりにくいですが、女子猫のお鼻はこじんまりしてて、
かわいいな♪猫らしいイメージです。

 たいやきとコーヒーとはオツですね〜♪以外と合うんですよね、
あんこものとコーヒーって。

 フライングして「テイカカズラ」の種をググってみました。
「オキシペタルム(ブルースター)」という花の種と似ています。
この花、花といいその種といい、大好きな植物です。

 美味しそうな朴葉寿司。澄み切った青空と太陽、緑の器に
サーモンピンクの彩りが鮮やかで、羨ましい限りの暮らしぶり
ですね!
 緑色の朴葉は初めて見るかも、、、です。
ずうっと昔、秋に東京の檜原村に出かけた折りに枯葉を見ました。

| nonoji-souris | 2016/05/29 12:39 AM |

◆みなさま、コメントをありがとうございました。
 食べ物の記事は、「食いつき」が違うような......あはは。

◇おっチョコさん
 え、朴葉団子? それ、知らない、と思ってググりました。
 ほぅほぅ、おいしそう!
 朴葉餅というのは父がよく作って送ってくれましたが、
 たしかに包んでから加熱すると一段と香りが立ちますよね。
 今度やってみます。
 いや、今度と言わず、今年。
 ......あと5枚くらいもらっても大丈夫よね、あの木。

◇Aさん
 お弁当に朴葉寿司とな! 贅沢な高校生ですな。
 じつはわが飛騨高山では作らない料理なのです。
 これが、わが人生初の、朴葉寿司作成経験です。
 南飛騨から美濃にかけての郷土料理みたいですね。
 ホオノキを見かけたら、ぜひ作ってみてください。
 (ところで最近、またAさんのブログにコメントが入れられない!)

◇コトタマさん
 初めまして。ようこそおいでくださいました。

◇ж∫цжさん
 私も、おっチョコさんのコメントで初めて知りました。
 あんこなしの朴葉餅なら高山の朝市にも出ていますけれども。
 朴葉寿司は、簡単で見た目も華やかで、作り甲斐がありました。
 (今朝のウリは負けました。)

◇nonoji-sourisさん
 そうですね、朴葉味噌などに使うのは枯れ葉ですもんね。
 緑の朴葉は、季節限定、産地限定かもしれません。
 でもホオノキ自体は各地にありますから、見かけたらレッツトライ!

 オキシペタルム?とググってみたら、ガガイモ科とあって納得。
 ええ、あんな感じの種が、バニラビーンズみたいな、
 細長〜いサヤから、魔法のようにあふれるように飛び出すんです。
 似てますね。
 (ドクダミ・メール、そういえば入っていないのですが?)
| ニャンタのおば | 2016/05/29 9:47 AM |
 え?どくだみメール5/22にヤフーアドレスに送信したのですが、、、!
どこで迷子になってるんだ〜い!
もしかして、画像も添付したから重たくて沈んでしまったのか!
 早速、軽くして再送信致します。
| nonoji-souris | 2016/05/29 10:00 AM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode