衝撃の、いいニュース!



 

えっ!!

P6230128.JPG

――と驚くニュースが、
すばらしいニュースが、
わがふるさと、飛騨高山から舞い込みました。


市内のとあるペットショップが
にゃんと!

生体販売やめる宣言♪


そのお店の名は

肉球 花 ハート

ペットショップクオーレ
 
ぱちぱちぱちぱち!



これからは、愛護団体や県の愛護センターに保護されている犬猫の
譲渡先(=新しい家族)を探すお店になるのだそうです。
つまりですね、
 
毎日が譲渡会♪
 
今後、お店のHPには、
血統書付き、値札付きの子犬や子猫の代わりに、
個性豊かな保護っ子たちの写真が、並ぶことになります。

 

 

すばらしいことですにょ。


P6230100.JPG

うん、うん。
すばらしすぎる。

そして、里親候補さんとのお見合いなどには、
これまで地道な保護活動を展開してこられた、
積極的に関与してゆかれるようです。

心強い。
 

殺処分ゼロを目指すなら、
まずは「蛇口」をしめること。

金さえ払えば誰でも店先から犬猫を連れて帰れて、
そうして、飼いきれなくなったら保健所に持ち込めばいい、
――そんなおぞましい「蛇口」が、
今、ひとつ、しまったのです。

きゅっ!

 
おいわいに、こんやは おさしみ、ぷりーず。

P6250153.JPG

うむ。
フンパツしようじゃないの。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   


さあ、東京も続け!
banner_234_60_02.png
 

 


この革命的大転回の裏に、いったいどのようなマジックがあったのか、
夏休みに高山に帰ったら、ぜひこのお店に遊びに行ってみようと思います。
ただ、ウサギやハムスターなどの小動物の生体販売は、まだ続けるそうで、
そこは残念だけれど、それでもやっぱり、これは大きな一歩です。
確実に「いい方向」へと、一歩を踏み出してくださったこのお店を、
今は、万雷の拍手をもって迎えたいと思います。
ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち!



生体展示販売のどこがそんなにイケナイのか、オゾマシイのか、
腑に落ちない方は、過去記事をお読みいただければ幸いです。
 ○「生体」って何? 
⇒☆(2011.11.14)
 ○「運命と相性」について考えたこと ⇒☆(2016.2.26)
 
==追記==
読んでいただきたい過去記事を追加します。
 ○「蛇口」の件 ⇒☆杉本彩さん(2012.1.23)
 ○「カワイイ子猫」を買うとヒドイ目に遭う? ⇒☆「おそろしい子」(2012.1.7)
コメント

ぱちぱちぱちぱちぱち!!  
続報が待ちどおしいです。

  • おっチョコ
  • 2016/07/22 08:42

あぁぁぁ素晴らしい!
今日は朝から気分が良くなりましたよ。^^
ほんと嬉しいです。
是非是非レポートお願いいたします!
ウリたん、お刺身美味しかったよね。^^

これはこれは!
ニャンタのおばさまにはフルレポートを物していただかねばなりませぬ!
全国に知らしめねばなりませんぞ!

そこのしましまさん、
それを棚ぼたと言うんじゃないかと思いますけれど、
ウリさんにはぼたもちゲットの資格あり。
大いに堪能なさいませよ♪

これまで販売をしていたお店がそれを止めて,里親を探す
お店になるのには,スタッフさん達の長い長い会議や色々な
ご意見,今後のいいこと・販売当時に比べてよくないように
見えること・・・沢山の葛藤もあったことと思うのですが
その決断は凄いことだと思いました ^^
アニマルレスキューさんのHPにも取り上げられていましたね☆
小さくても,このスタートがなければ何も変わらない・・・
ご活躍をお祈りしたいです!!

  • ж∫цж
  • 2016/07/22 12:28

追伸 ^^;(すみません;)
今日も,どの画像も素晴らしく可愛いウリちゃま,ありがとうございました♪

  • ж∫цж
  • 2016/07/22 12:29

 イリュージョンのようなマジックですね!
「命で利益を得る」→「利益より命を大切に」の構図の
変化は大変興味深いです!
是非是非!おば様のレポートを楽しみにしております。

 Goodニュースに、ウリちゃんもマダムグリコさんも
宴に参加で、ご相伴嬉しいですね!

  • nonoji
  • 2016/07/22 12:42

いぇ〜い!ペットショップクオーレさん、素晴らしいですね!早速ホームページも拝見させていただきました。
まずは「蛇口」をしめること。う〜ん、素敵な表現だなぁ!
きゅっ!の音がどんどん続いて聞こえてくるように、何か私たちに出来る事はないかしらん…

  • ナッツ
  • 2016/07/22 17:27

すばらしい!
小さくて とても大きなことですね。
ぱちぱちぱちぱち ぱちぱちぱちぱち
オーナーさん&スタッフさん、アニマルレスキュー飛騨のみなさん ありがとうございます。
日本全国にひろがりますように。

”おいわいに、こんやはおさしみ、ぷりーず!”に
悩殺されました。
ウリさま 何がよろしゅうございますか?

  • きゃろりん
  • 2016/07/22 19:42


◆みなさま、拍手と温かなご声援を、ありがとうございます。◆
◇おっチョコさん◇
続報、書けるかどうかわかりませんが、お店に遊びに行くのが、この夏の大きなたのしみです。

◇lambidumidiさん◇
ほんとうに、胸がすかっとして、ほんわかする、ステキなニュースでした。お刺身は、諸事情により、今夜の予定です♪

◇こてちさん◇
う、プレッシャー。でも、こんな素晴らしい決断をしてくれたお店が、これからもずっとちゃんと経営を続けていけるように、いろんな形で応援の旗を振り続けなくちゃ、と思います。棚ぼたは、今夜ウリグリ地方に降る予定です。

◇ж∫цжさん◇
おっしゃる通りです。素人が考えても、ものすごくたくさんの不安や壁があっただろうことが想像できます。勇敢にスタート板を踏み切ってくださったお店と、力強くその背中をささえている保護団体のみなさんを、応援していきたいと思います。

◇nonojiさん◇
アニマルレスキュ―飛騨さんのブログにありましたが、岡山県倉敷市に先行事例があったのだそうです。高山のお店がこれに続いてくれたこと、出身者としては、誇らしくてなりません。この動きが、全国に広まりますように!

◇ナッツさん◇
できることの一つに、「生体展示販売をしているお店ではフードやトイレ用品を買わない!」ということも考えられると思います。ちょっと遠くても、ちょっと高くても、ほかのお店で買う。一人ひとりのそんな動きが、圧力になればいいな、と思います。/「蛇口」という表現は、杉本彩さんがお使いになっていました。記事の末尾にリンクを追加しておきましたので、お読みいただけたらうれしいです。

◇きゃろりんさん◇
「ショップで目が合って運命を感じて」などという有名人のペット自慢が、とんでもなく恥ずかしいことだと思われる日が、早く来るといいなあと思います。それを祈って、昨夜できなかったお刺身ぱーちーを、今夜開催することにします。

  • ニャンタのおば
  • 2016/07/23 09:50

88888888888888888888888888!!!
(拍手です)
つまりはこれから先、このお店が絶賛され、支援され、
生態販売時代よりも繁盛することで
先見の明があったということになりますから
こぞって盛り立てていかなければなりませんね。
お刺身パーチー、呼ばれなくっちゃ!

  • 藏ゆ
  • 2016/07/23 14:38


◆藏ゆさん◆
盛大な拍手をありがとうございます!
そうそう、そういうことですよね。
このお店の経営がうまく行って、大成功モデルになること、
それが私たちの「野望」達成のために必要なことなのであ〜る。
生体を売っているお店に背を向けて、このお店に通えばいいだけ、
客にできることは、しなくっちゃ♪

  • ニャンタのおば
  • 2016/07/26 09:07