洗える着物

★日本語【連体修飾(名詞修飾)】

 

 




洗える着物
 

P1270201.JPG

 

 

 




洗った洗える着物
 

P1270202.JPG


 

 

洗ったばかりの洗ってたたんだ洗える着物
 

P1270197.JPG

 

 




洗ったばかりの洗ってたたんだ洗える着物の上に乗った猫
 

P1270200.JPG


 

 

洗ったばかりの洗ってたたんだ洗える着物の上に乗って毛づくろいを始める猫
 

P1270198.JPG

 




洗ったばかりの洗ってたたんだ洗える着物の上で毛づくろいをすませて振り向く猫


 

 

 

なんですにょ?

P1270199.JPG

にゃんでもにゃい。


写真撮ってる時点で、おばの負け。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   
 

※お久しぶりの日本語バナシは、続きを読む⇩から、どうぞ。

***

【連体修飾(名詞修飾)】の解説

きょうの記事で、写真の上につけた説明はすべて連体修飾節です。
連体の「体」とは「体言」で、体言とはザクッといえば名詞です。
ここでは、「着物」や「猫」といった名詞に、
それがどんな着物か、どんな猫か、いろいろ説明を加えています。

短いのから長いのまで並べたてましたが、
全部に共通していえることが1つ、あります。
さて、何でしょう。

例を変えて、下にも並べてみますね。

・うちの猫
・大事な大事なうちの猫
・憎らしいけど大事な大事なうちの猫
・邪魔ばっかりして憎らしいけど大事な大事なうちの猫
・忙しいときに限って邪魔ばっかりして憎らしいけど大事な大事なうちの猫

さてさて、お気づきですかな?
共通しているのは、修飾する成分が修飾される名詞より前にあるということ。
「猫」という修飾される名詞(被修飾名詞)は、つねに後ろに来ていますよね。

当たり前すぎて、何を今さら、とお思いかもしれませんが、
修飾する成分とされる成分の位置関係は、言語によっていろいろです。

英語のように、前に来たり後ろからくっついたりする言語もあります。
'my' とか 'cute' ぐらいなら 'cat' より前に置くけど、
動詞や接続詞を含んだ長い説明になると、
関係節を使って後ろに持ってこなくちゃいけませんよね。
 
それにくらべれば、日本語はじつにきっぱり、はっきりしています。
スジが通っている、とホメてもいいかもしれない。
とにかく、どんなに長〜くても、修飾する成分が前に来るのです。

上の例だって、これで終わりと安心してはいけません。
もしかしたら、

[[[忙しいときに限って邪魔ばっかりして憎らしいけど大事な大事なうちの]]]のために今朝も朝早くから起きてしごとに出かける飼い主]]を誰かホメてくれという考え]は甘いでしょうか。

――という文かもしれないわけです。
マトリョーシカみたいに、無限の入れ子構造も可能なわけです。
でもその場合でも、修飾する/されるの関係と、位置の前後関係は不変です。



日本語教師をしておりますと、とかく言われるのが、
「日本語ってむずかしいよねえ。」だの、
「このニュアンスは外国人には伝わらないだろうなあ。」だの、
日本語を(おとしめるふりをして)特別扱いしたがる言説です。
「論理的な表現には向かない言語なのかねえ。」なんて言う人さえいます。

拙著でも当ブログでも、折に触れて申しておりますが、
んなこたぁございませんっ!

日本語の文法は、かなりすっきりしたルールを備えております。
たとえば、きょうご紹介のこのルールも、その1つ。
もう一度、言っておきます。

修飾する要素は、される要素の前に来る!
(連修飾の場合も、このルールは厳として適用されます。)

かっこいいでしょ、日本語。
 

そんな日本語に、応援のひと押し、
よろしくお願いいたします。
(あ、ついでに猫にも。)

猫押し→

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ←日本語押し
 
コメント

ホントにそうですね!
英語の…前に来たり後に付いたりするのに比べて
日本語の何と潔いこと!
最初の画像の、ウリちゃまの可愛い後ろ姿のヒップから
振り返ってお顔を見せてくれるまでの段階を、
わくわくしながら見せていただきました (▽≦)
おばさま、ありがとうございます♪

  • ж∫цж
  • 2017/03/27 13:12

洗える着物の上で自分を洗っている可愛い灰色シマシマ猫♪

グリコさんの記事を何度も拝見して
なかなかコメント書けずにいました。
グリコさんとおばさまとでしかと決めた事。
そのきずなは揺ぎ無いのです。
でもおばさまと一緒の時間は楽しいから
そんな時間を私もこちらで触れさせていただけると嬉しいですよグリコさん♪

お!「着物」の話かナ? ん??
いや待てよ、「猫」の説明か???
…が、え?あら、[[[…飼主かーい!!…ふふ
ホントに、日本語って面白ーい(^^♪♪

振り向いたグリコさんの顔見て、
思わず「ぶっ!」と吹き出してしまったけど、
パチパチ写されている間見繕いを続けていたなんて、
その敷物?(>_<)、余程座り心地が良かったのでしょうね―(^O^)/

  • himetarou
  • 2017/03/27 22:38

んで、
洗うたびウリたんに敷物にされる洗える着物を着て
ウリたんもグリコさんにも滅法甘いニャンタのおばさまは
どちらにお出かけなさったの?(ふぅ〜…)

  • 藏ゆ
  • 2017/03/28 09:16

洗いたての敷物は気持ちいいにゃ。   ウリ

  • おっチョコ
  • 2017/03/28 13:22

済みませ――――――ン、間違えました…m(__)m
ぽぽろさんのコメを読んで、そうなのよ…って、また少し考えてしまったので、
ウリちゃんの名前、が、スポッと抜けてしまいました~(~_~;)
可愛いウリちゃん、ゴメンにょ ̄(=^・^=)

  • himetarou
  • 2017/03/28 13:22


◇ж∫цжさん、ワクワクしてくださってありがとうございます。◇
ウリすけはいろんなパーツが柔らかい○でできているので、写真を撮っていてもたのしいです。洗濯物が毛だらけになっても、ええ、たのしいです。ふぅ。

◇ぽぽろさん、グリコのこと、ありがとうございます。◇
公開ブログでいろいろ垂れ流すのはどんなもんかしらとも思いますが、ニャンタの闘病中、ネットにいろいろ助けられた経験がありますので、やっぱり書いておこうかなと思った次第です。グリコはまだまだヤル気ですので、お付き合いくださいませ。

◇himetarouさん、噴き出してくださってありがとうございます。◇
お茶のときじゃなかったですか? マトリョーシカ連体修飾は、留学生に作ってもらうとたのしいですよ。/敷物は、いやさ、着物は、このあと念入りにコロコロをかけて、しまいました。/うちではグリコをグリと呼ぶことも多く、その結果、ウリとグリを呼び間違えることもしょっちゅうです。お気になさらず〜。

◇藏ゆさん、作文のつづきをありがとうございます。◇
洗うたびウリに敷物にされる洗える着物を着て
ウリにもグリコにも滅法甘いニャンタのおばが出かけた先は内緒です〜。☆しょう吉さんのどっこいビーーッム!!届きました〜。ありがとうございます。効いてるみたいですよ。100グラム、体重が戻りました。☆

◇おっチョコさん、だ〜か〜ら〜!◇
敷物じゃないんですってば〜!

  • ニャンタのおば
  • 2017/03/28 15:32

あらあら着物の上になんか乗って毛づくろいとはね。
そんなこと関係ないにゃ。
あとで毛を取るのですね。

  • pico
  • 2017/03/28 23:00

修飾する成分が修飾される名詞より前にだーーーっと並ぶから、英語の同時通訳の方々はご苦労なさるんですね。あらためて思いました。
例にあがった
[[[忙しいときに限って邪魔ばっかりして憎らしいけど大事な大事なうちの猫]]]のために今朝も朝早くから起きてしごとに出かける飼い主]]を誰かホメてくれという考え]は甘いでしょうか。
なんて言われたら、お、猫の話か? あ、いや、飼い主のことなのか? なんと、了見の話かい!
大変ですねぇ……。

洗ったばかりの洗ってたたんだ洗える着物を寝押しならぬ座押しする愛らしいしましま模様のウリさんをにこにこと鑑賞するワタクシ。


◇picoさん、コメントをありがとうございました。◇
猫と暮らしていると、いろんなことが二度手間、三度手間です。やれやれ&#9825;

◇こてちさん、コメントをありがとうございました。◇
ねえ、同時通訳をする人の頭の中はいったいどうなっているんでしょうね。手話通訳では「いったんためる」ことを奨励されるようですが、聞こえるそばから訳していかないと忘れちゃいそうだし、かといって行く手にこんな罠が待ち構えているとしたらいきなり訳し始めるのはやっぱり危険でしょうし、ううむ、たいへんな作業ですね。/にこにこな例文追加、恐れ入ります。

  • ニャンタのおば
  • 2017/03/31 16:48