猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << ニャンタの写真の絵 | main | 花柄 >>          
         
アンテナ、ぴっ!



アンテナは、感度が命。

P1260445.JPG



せっせと磨きましょう。

P1260433.JPG


花
 

 

留学生は見た!

 


今学期の2人目は、中国のGさんです。

 

 

 日本人に言われて、いやだなあと思っていることが一度もないです。二つの国でそれぞれ自分の持ち味がありますから。でも面白いことがあります。アルバイト先の日本人に「好きな中華料理はなに?」と聞きました。そして五人のなかに三人が「チンジォウロース」と答えた。えっ......それそんなに美味しい?! 中国で一番地味というか、極普通な家庭料理ですから。あとは、日本人に「日本の野菜はほんとうに高いですねえ」と話しかけた。「そうですねえ、もうモヤシしか食れないんだよ!」って言いました。えっ......日本人にとしても高いのは思わなかった。日本人はほんとに「あずき」が好きですね。和菓子はほとんど「こしあん」と「つぶあん」二つです。あとは、アルバイト時に、年寄りの女性に「コーヒーにお砂糖とミルクはご利用になりますか?」とたずねて、「いらない。太るよ」となにげなく答えました。あの方はいつも鮮やかな色の口紅でおしゃれな方です。「さすが、日本人の年寄りだ!」と感心した。


 

清水センセは、採点の赤ペンを握りしめ、必死で笑いをこらえましたよ。

Gさんの頭上に「好奇心アンテナ」がぴっと立っているのが見えるようです。
さてさて、Gさんに、感想をお返ししなくては。
 

 

〇笋癲チンジャオロースーは中華料理店で食べる物だと思っていました。

 だってピーマンを細く切りそろえるのはめんどうだし、牛肉は高いし。
 

日本人にとっても、日本の野菜は高いです。

 わが家の食卓にも、物価の優等生、モヤシと豆苗がよく並びますよ。
 

O族杙劼隆靄椶蓮誰が何と言おうと、断然「あんこ」ですとも。
 

ぢ燭の留学生が、日本の女性はいつもお化粧をしている、と驚きますね。

 ダイエットも口紅も、多くの日本女性には当然のことなのかもしれません。

 でもその年配の女性のことばにGさんが驚いたのは、

 異文化ギャップというより、世代間ギャップのせいかもしれませんね。

 今は60、70歳代の人も、うっかり年寄り呼ばわりはできないんですよ。


 

ふぃ〜......

 


P1260423.JPG

 

 

 


キラキラお目目で留学生活を満喫中のGさんにとって、

日本がいつまでも魅力的な「持ち味」を持ち続けますように。
 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

※留学生は見た!シリーズ、3人目は来週、月曜に。

| 留学生は見た! | 08:30 | comments(5) | - |
コメント
私は好きな中華料理はなに、と聞かれたら『熊掌』とか答えて驚かしちゃいたいですね。(食したことはありません)
中国のGさんが日本語の会話を楽しんでいるのがわかるとても良い文章だと思いました。
| おっチョコ | 2017/03/06 9:48 AM |
こんにつは。(いきなり噛んだ)

青椒肉絲、地味なんですね(*´&#42163;`*)
驚きのポイントが興味深くて
ニマニマしちゃいました。

ウリさんの、ふぃ〜の顔(笑)!
やりきりましたね。
お疲れ様でした(*^▽^*)
| solo_pin | 2017/03/06 1:02 PM |
ご無沙汰しておりました〜やっとコメタイム確保です!
 今日の方は好奇心・探求心溢れる毎日を楽しんでいるようですネ♪読んでいて楽しくなります)^o^(

話がズレるのですが、このコーナーを読むと、何時も思うことが有ります。
 ボラ活動企画の中にアンケートのお願いをしていますが、報告をまとめる時にいつも苦労しています。クセ字や句読点の無い文など‥(日本人の大人です)〜パソコンに打ち込む時、頭を抱えて進みません…(~_~;)
友人が小学低学年を受け持っていた時応援を頼まれ、作文を読ませてもらいましたが、読めない字が多く「なんて書いてあるの?」と聞くと、即座に「ああ、そこは○×△□よ」と、どんな字でも迷わず(!?)読んでしまう“人”に感心しています。
こちらの、読解力・想像力?理解力?の違いでしょうか〜
好奇心は人並み以上(猫並み?)有るつもりですが…(>_<)

| himetarou | 2017/03/06 3:45 PM |
Gさんのようにまっすぐな・・・
何て言うか純粋に、色々なことに興味を持たれて
どの質問の答えも楽しくいい方に捉えることの出来る
ものの考え方が、読ませていただいていて好ましいです。
大きな壁にぶつかっても、楽しむように打開されるようで
(いや、そんな簡単に、と言うことではないのですが)
羨ましいです ^^

| ж∫цж | 2017/03/06 7:50 PM |

◇おっチョコさん、Gさんへのコメントをありがとうございます。◇
熊の掌とか、○○とか××とか、いわゆる珍味、あるいはゲテモノのたぐいは、中国の人にとっても珍味・ゲテモノであることが多いように思います。日本人にも、馬刺しやイナゴに抵抗を覚える人がいる程度には。Gさんは「たのしんでいる」のがよ〜っくわかる、すてきな学生です。

◇solo_pinさん、ウリにもコメント、ありがとうございます。◇
え、日本料理の代表がゲソ天?!みたいな感じでしょうか。驚きのポイントが違うのが、ほんと、たのしいですよね。この仕事しててよかったって思います。/ウリ、やりきりました。アンテナ、ぴかぴかです。

◇himetarouさん、ご苦労話のシェア、ありがとうございます。◇
ボランティア活動は、「事後」もたいへんですよね。おつかれさまです。日本語学習者の日本語は総じて読みやすいです。少なくとも文字は、ネイティブがいい加減に崩して書いたものよりは、ずっと。ただ文法や語彙のミスは、慣れない人には推測しにくいところもあるかもしれません。日本語ネイティブのみなさんにそういう日本語にも親しんでいただきたくて、学生には「ミスがあっても直さずに掲載するけどいい?」とお願いして載せています。言いたいことを察しながら読むのも、たのしいですよね?

◇ж∫цжさん、Gさんのいいところを見つけてくださって感謝!◇
そうそう、そうなんです。「いい方に捉える」、これはもう才能かな、と。詮索ではなく好奇心、そのまっすぐな好奇心に引っかかったあれこれを、ひとまずそのまままっすぐ受け止める力。同じ人生でも、そういう生き方の人は、得るものが多いだろうなあと思います。ええ、うらやましいですね。
| ニャンタのおば | 2017/03/07 8:36 AM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode