猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << グリコのこと、つづき | main | 洗える着物 >>          
         
小豆と黒豆

 



小豆(アズキ)を煮て、
あんこを作って、
おはぎをこしらえました。

P1270647.JPG
中国のGさんに笑われそうです。


おはぎの向こうは、お隣の庭のハクモクレン。
満開です。
おはぎの右上あたりの白いモヤモヤ、
そう、それがハクモクレンなのですよ。
そういう目でご覧ください。


ところで、
何か作ると、猫に見せたくなるものであります。
ですよね?




父の写真に供える分を小皿に取り分けて、
ウリ猫に見せに行く。

P1270652.JPG

まあ、たいてい無視されますけれども。



13回忌もとうに過ぎた父は、誕生日も命日も3月。
めでたいのか何なのか、ときどきよくわからなくなります。

 
母なんて、父の月命日が上天気だったりすると、
「ああ、ええ天気やなあ♪」
「あんひとぁ、晴れ男やったでなあ♡」
じつにうれしそうに、たのしそうに、言います。

 
そういえば、
オット氏は、ニャンタの月命日をにゃにゃの日などと号し、
早く帰れるときは、刺身を買ってきます。
当然、その日の晩ごはんはお刺身祭りになるわけです。
ウリもグリコも有頂天ハッピーになるわけです。
 
だから、買ってくるオット氏も、
何だかうれしそう。たのしそう。
命日が、ね。
命日なのに、ね。

 
!そうか!
ワタシは深淵なる真理を発見しましたよ。
「まつる」って、そういうことなのかも。
年年歳歳、死者をまつっているうちに、
何だかメデタイ気分になってくるものなのかも。
 
かなしみを消化するには、とてもいい方法ですね。
ジンルイ、案外かしこいわ。
 
ねこ

あ、ウリ猫が目を覚ましました。

P1270656.JPG

小豆と黒豆の豆くらべ。

うん、何だかハッピー。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

あ、そうそう。

高山弁では、「元気?」というのを

「マメなかな?」って言うのよ。

| ひとやすみ | 08:24 | comments(7) | - |
コメント
ご自分で作るんですか?
とっても美味しそうですねー♪
目の前にあったら、2〜3個 頂きたい \(^^)/

『 命日 』って、彼岸での誕生日らしいですよ♪ 
お盆の間と命日は、こっちへ帰って来て、みんなと居られると聞きました ……
折角、会いに戻って来たのに、みんながしんみりしてたら、面白くないですよね!
楽しく笑ったり、思い出してあげることが、いいんじゃあないですか?
好きだった食べ物やらを、供えてあげると喜ばれますね♪

ウリ嬢は、お刺身や猫缶の方が、お好みですかね〜 (^^;
| 鳶助 | 2017/03/24 4:03 PM |
ウリちゃまの薄っすら開いたお目めとポーズが可愛いです!!
おばさまの作られるおはぎはいつも美味しそうですね ^^
あぁそう言えば前回のおはぎの時のウリちゃまが、また可愛かった (▽≦)
命日・・・ホントに年月の経つ毎に、確かにめでたい感じで
好きだったものを供えたり、思い出してその人のことを話すの
いいですよね ^^
| ж∫цж | 2017/03/24 4:55 PM |
子供の頃、自家製おはぎを重箱に詰めてお届けしたのが思い出されます。 うどんも打っていた(母が)記憶があります。
今はなんでも売っているけれど、日々の手作りにはご先祖さまや自然に思いをはせる意味もあるんですね。 
ウリたん黒豆ぴっかぴか〜♪
| おっチョコ | 2017/03/24 8:13 PM |

◇鳶助さん、すてきなヒントをありがとうございます。◇
命日はあの世の誕生日! いいですねえ、その考え方! そういうことなら、盛大にお祝いしなくちゃ。ニコニコ笑顔で好物をそろえて迎えることにしましょう。/今回のおはぎは小豆が古くて何だかツヤツヤ感に欠けました。豆やもち米を炊くときの匂いが好きで、ときどき調理実習してます。/ウリ猫は刺身と猫缶が大好きです。将来もし投薬が必要になってもちょろいな、と思います。でもグリコは刺身は好きだけど、ウェットは全面拒否。厳しいです。

◇ж∫цжさん、過去オハギもほめてくださって、ありがとうございます。◇
何かふだんと違うものを作ると猫に見せたくなるんですが、それって人類共通の習慣ですよね?/3年目ぐらいまでは生々しいかもしれないけど、悲しい日がだんだんお祝いの日にすり替わる感じ、素直にその感じ方で正解だな、と思います。好きだったものをいっしょに食べて、残った者たちでおしゃべりしましょう。 

◇おっチョコさん、ウリ豆をほめてくださってありがとうございます。◇
ぴっかぴかのウリ豆は、どちらかというと、色味もサイズもアズキの甘納豆に近いですね。おいしそうだなあ、といつも思います。/行事食って、作って食べること自体に意味がありそうですね。作るのが無理なら食べるだけでも!(お母さまのうどん、ちゃんと受け継がれました?)
| ニャンタのおば | 2017/03/25 11:09 AM |
ウリちゃん見てるとまるでグリと同じです。
アメショーの足の裏って何故かみんな黒ですね。
| pico | 2017/03/26 6:11 PM |
 お久しゅうございます〜〜
高山式のおはぎはお豆の形を割と残すのですね〜
群馬式は割と潰すので餡の中にあずきの皮が点在する感じです。

 まだまだ寒くて石油ストーブ前から移動できない日々です。
小僧はほんの少し賢くなり、ほんの少し語彙が増えましたよ〜

 もすこししたら、ちょこちょこ顔を出します〜〜
| nonoji-souris | 2017/03/26 8:19 PM |

◇picoさん、コメントをありがとうございます。◇
初めまして、だと思うのですが、違ってましたらご無礼ご容赦。/グリさんという猫さんとお暮らしなのですね。アメショまじりの灰色しましま、お豆はあく抜きなしのアンコ色です。またおいでくださいませ。

◇nonoji-sourisさん、お久しぶりです!◇
高山式かどうかは自信がありませんが、わたくしのは鹿の子風ですね、たしかに。つぶすのがめんどくさいだけかも。/福坊っちゃん、どんな表現を覚えたのかなあ。ことばが増えて、実力行使が減るといいですね。あれこれブログの更新を楽しみにしておりますですよ。
| ニャンタのおば | 2017/03/28 3:21 PM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode