猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << 薪自慢 | main | グリコのアンチエイジング >>          
         
ジャケ買い

★日本語【〜買い】

 




ウリ猫が迷惑そうな顔で見ているのは――

P1270644.JPG



オット氏が貢いでくれた一升瓶。

P1270638.JPG



完全に

 

 


ジャケ買い♪

P1270641.JPG


微発泡でおいしい。
いわゆる「おいしすぎる」お味でした。(←すでに過去形)

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

 


※「ジャケ買い」から考えた「連濁」についてのメモ(⇩)。

***

【「ジャケ買い」と連濁についてのメモ】

「ジャケ買い」の「ジャケ」はジャケットの略ですが、
洋服じゃなくて、CDや本などのパッケージやカバーのこと。
そういうジャケット、つまり外側のデザインに惹かれて買うこと、
中身を知らないまま買うことが、「ジャケ買い」ですね。

わが愛する三省堂国語辞典にまだ載っていないのが不思議ですが、
ワインなどにも使われる例を見聞きしますし、
現に今ここに、日本酒の一升瓶にも使用した例があったわけで、
缶ビールのデザインがあれだけちょこまか更新されるのも、
ジャケ買いを誘うためではなかろうかと推察される今日この頃です。

パッケージを見て買うということで「パケ買い」もあるようですし、
わが三省堂国語辞典には「タイトル買い」が収録されていますが、
うーん、この勝負、「ジャケ買い」が大きく先行していると思います。

で、考えたのですが、「〜買い」にはほかに
 ・オトナ買い
 ・まとめ買い
があり、「ジャケ買い」とともに、「〜い」と読まれます。
それに対して「売り買い」というときは、「い」と発音されます。

ここまでは複合語の原則通り。
複合する成分の間に「かかり-かかられ」の関係があるときは
後部要素の語頭音が連濁を起こすけれど、
「売り買い」のように対等な並列関係のときは、濁りません。

「猫嫌い」は「らい」だけど「好き嫌い」は「らい」と読むように。

でも「人買い」は濁らない。
なんでかな。

っていうか.....、
なんで「人買い」なんていう前近代的単語が浮かぶのか、ワタシ。


 

連濁のルールはけっこうおもしろいので、
興味のある方はググってみてください。
「人買い」が濁らない理由も、きっとどこかの誰かが説明してそう。

話のついでに言えば、人名では気をつけんといかんですね。
わが出身地、高山では、「中島君」は断然「なかまくん」です。
でも東京あたりでは、「なかま」さんの方がふつうですよね。

里山ボランティアの林内作業で私が師匠とあがめている90歳近い方は、
「前原さん」とおっしゃるのですが、周りの人の呼びかけ方は
「まえらさん」「まえらさん」の2派に分かれております。
一度ご本人に聞かなくちゃ。



なんか、まとまらなくてスミマセン。
ええ、新学期が始まって、軽くパニック起こしてますの。

 

 

よゆうで迎えるはずだったんだがなあ......

 

猫押し→

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ←日本語押し


 

| 日本語★かきくけこ | 09:25 | comments(4) | - |
コメント
ジャケ買い、結構な確率で当たります!
私の場合、ワインのラベルが多いのですが、作り手の思いがラベルに反映しているのでとても分かりやすいんです。

『人買い』は子供の頃に読んだ『山椒大夫』の絵本版の記憶が強く残っています。 
今の若い人には馴染みがないでしょうね。
この大夫(たゆう)も山椒大夫だと(さんしょうだゆう)となるのが不思議です。


| おっチョコ | 2017/04/10 10:48 AM |
ジャケ買い!ほんわかしたネコさんのラベルと微発泡が
良く似合っていて・・・
作り手様がこのラベルを選んで作ったお酒が
ジャケ買いをしたおばさまを裏切らない結果になったことが
素晴らしいです ^^
迷惑顔のウリちゃまも,チャーミング (▽⌒)
| ж∫цж | 2017/04/10 12:16 PM |
タイトルですぐ判りました〜(^_-)-☆
昔むかし、ワインのボトル集めに凝りまくり、
(もちろん、二ヤンコ絵!)
中身は飲み切れず、シチュウなどに使って空に‥‥
数年後、猫柄の空き瓶ばかり並んだ棚に飽き飽きして、どさっと捨てました‥‥馬鹿でした(-_-;)
が、今も時々やってしまうこの「買い癖(ぐせ)」、
チョコレートやクッキーには気を付けていますが、2月が危ない・・・・・
最近のブームも、誘惑が多くて困っています(;_;)
「タイトル買い」って、使ったことが有りませんでした。
口にだした時の馴染み?が悪いですね〜
| himetarou | 2017/04/10 1:18 PM |

◇おっチョコさん、コメントをありがとうございました。◇
山椒大夫の大夫が濁るのは、複合語の原則通りです。この辺りは韓国語などとの共通点も感じられるので、ある程度人間の口やのどの動かし方に普遍的な原理があるのかもしれませんね。/私は、ジャケ買いで外す確率が高いんですの。そもそもジャケットの鑑賞眼に問題があるってことですかしらん?

◇ж∫цжさん、コメントをありがとうございました。◇
この一升瓶は、ええ、ジャケットと中身がぴったり合っている感じがしました。ほんわか、たのしくなる味でしたな。生酒だったので、日向でのんびり撮影するわけにはいかず、猫の前にドン!と置いて撮った結果の、迷惑顔なのでした。

◇himetarouさん、コメントをありがとうございました。◇
あはは、そうですか、2月がアブナイですか。気をつけましょう。ワインのラベルは、はがすための何やら専用の道具(?)があるみたいですよ。次回からはラベルだけコレクションなさってはいかがでしょう。(中身が飲み切れないときは、お手伝いに参上したい。)
| ニャンタのおば | 2017/04/11 4:39 PM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode