猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << 春の手むずり | main | ジャケ買い >>          
         
薪自慢



薪ストーブのシーズンがそろそろ終わります。




つまんにゃい。

P1270489.JPG



うむ、おばちゃんも同感であるよ。
またこのつぎの冬ね。

P1270494.JPG



でも、やっぱりもう少し、たのしもうか。
キミのこの顔を見るために。

P1270493.JPG



――と、猫らのこんなとろけ顔を見るために、
ニンゲンはがんばるのです。

P2260015.JPG

ある日の薪狩り、
おばの奮闘努力1時間の成果。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  
 

※1時間でこれっぽっち?と思われたお客さま、
 もうちょっと薪自慢に付き合ってください(⇩)。

***

上の写真のときの材は、根元に近いところや節ありが多かったのです。
男性5人の薪狩りチームに混ぜてもらって、

カヨワイおばもがんばったけど、これが精一杯でした。
女性専用車両とか映画館のレディースデイとか、逆差別じゃない?
と思うこともありますが、こういう肉体労働の現場では、
やはり厳然として男女の差を感じます。
男女の筋肉量の差ですね。

体重は私とそう変わらない男性が、しかも骨折で3か月入院してた人が、
軽く私の倍は割っちゃうんですもんね。
めげます。


そんな5人と半人前1ぴきが、半日かけて割って運んだ薪。

P2260019.JPG
みなさん、ちゃんと「性差別」してくれて、
私にも1人前の分け前をくださいました。
ありがとうございます。


このときのように現場で割ってから積み込むこともありますが、
多くの場合は、玉切りのまま運んで、家で割ります。

今シーズンは、笑いが止まらないほど薪提供のお話があり、
わが家の庭は、2月〜3月、常時この状態。
うははははは!

P3040024.JPG

ほぼすべて、クヌギとコナラです。

しかも手ごろサイズの素直な部位が多くて、
いやあ、気持ちいいったら、アナタ。

一撃でスパ〜〜〜ン!

P2280020.JPG


そして、薪割りをしたことのある方なら、
つぎの写真のように割れたときの達成感がおわかりかと。

P3010021.JPG

 

つごう5回の打撃で、きれいに等分に割れて、
しかも、皮一枚でつながっている!という状態です。
下まで割れてしまうと、いちいち残りを薪割り台に戻さなくちゃならない。
その手間が、けっこう疲れるものなのですよ。
だから、下まで割り落とさず、寸止めで希望のサイズまで割りおおせる。

......書いてて、オタクの世界に入ってるなあという自覚はありますが、
これねー、もー、ほんっとーに、気持ちいーのよー。
 

ひとり仁王立ちでドヤ顔してみたけど、

誰も見てくれる人がいないので、写真撮っといた。

 

 

 

ちょっと残念だったのは、

薪狩りシーズンも終わるころに届いた、これ。

P2270025.JPG

 

中身は、折り畳みできる一輪車。

木の伐倒現場から搬出場所までが遠いとき、運ぶ道具がないと不便。

うちの車は小さくて積む余地がなく、いつも現場で他人様に借りていたのですが、

折り畳みの一輪車があると教わって、購入しました。

 

でも、届くのが遅すぎて、今シーズンは活躍のチャンスなし。

来冬は働いておくれ。


P3040027.JPG

 

 

 猫にも日本語にも関係ない記事で恐縮ながら、

応援、いつもありがとうございます。

 

猫押し→

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ←日本語押し

 

| ひとやすみ | 08:15 | comments(10) | - |
コメント
おばさまのドヤ顔を想像して、私もニンマリ。
薪も十分確保して来シーズンが楽しみですね。

斧使いが熟達して、おばさまの腕には力こぶが出来るのではありませんか。
| おっチョコ | 2017/04/07 9:37 AM |
すみません、一輪車という文字を読んで、乗る方の
一輪車を想像し、「狭い山道を行くには一輪車くらい
乗りこなせないといけないのか」と真剣に考えてしまいました。
奥深いマキ割り。ご近所さんも薪ストーブユーザーなのでしょうか。
オットットが「なんで女性専用車両があるのにそっちに
乗らへんねん。男性も冤罪などの心配がない男性専用車が
欲しいわ!!」とぼやいております。電車に乗るときは
吊り革を両手で持つしか対抗策がない問題。
| misa | 2017/04/07 10:26 AM |
すんごぉーーーーい!
手ごろなサイズとは申せ、玉切りのクヌギやナラを
斧で!割る!
いや、すんごいかっちょイイです!
こちらは軟弱に7t力の薪割機を使ってますので
斧を振り回すのは杉材を細木にする時だけです。
おばさまに、惚れそうです…♪
| 藏ゆ | 2017/04/07 10:35 AM |
木の皮一枚で繋がっている図…素晴らしいです (≧▽≦)
…と言うか、おばさま、かっこ良過ぎです!!
ウリちゃまとグリコさんのとろけ顔、まだ見られますね!
薪ストーブのシーズンが終わってからのエッセイが
どんな内容になるのかも、とっても楽しみです (⌒。⌒)♪
| ж∫цж | 2017/04/07 3:05 PM |
うちも同じです。
今日など室内は薪ストーブを焚いて23度で汗をかくくらいでした。
でもストーブの前でうっとりと寝ている顔を見ると焚かない
わけにはいきません。
| pico | 2017/04/07 11:26 PM |
おはようございます。

ウリさんの、つまんにゃいの顔!!
可愛い!
可愛いすぎる!
けしからーん♪(デレデレ)
巻き割り、お疲れ様でした〜。
子供の頃に見た巻き割は、
確かおばあさんが椅子に座って
ナタみたいの持って、
のんびり割っておりました。
でも、あのサイズになるまでは
やっぱ立ち上がって「うりゃー」って
割らなきゃならんですものね。
手伝ってくれる優しい殿方たちがいて良かったです!

一輪車、ってこっちでは年配のかたが
「ねこ」って呼んでましてね。
で、「ねこ持ってきて」って言われて
飼い猫抱っこして行ったら
「それじゃねえ」って怒られた子供の頃を
うっすら思い出しました。
| solo_pin | 2017/04/08 6:04 AM |

◇おっチョコさん、ニンマリしてくださってありがとうございます。◇
庭にひとり仁王立ち、誰かに見せたくて見せたくて!な写真でした。今期は大収穫で、ゆうに2年分の備蓄ができましたの。力こぶと振袖が同居する、不思議なおばの腕の成果です。

◇misaさん、シュールな想像をありがとうございます。◇
わはは、一輪車に乗って薪を運ぶ! 思わず想像してしまったじゃありませんか。無理です、ぜったい、無理。/たしかに。冤罪を逃れるためには両手万歳で乗るしかない、満員電車。化粧品の匂いが苦手で女性専用車両を避けることの多いわたくしですが、男性がたのそういうご苦労もお察しすべきでしたな。

◇藏ゆさん、私のハートを返して!◇
以前、リンゴ園のリンゴを割ってますフフン、という女将さんのお話を聞いて、わたくしこそ惚れたんですのに、薪割り機をご利用だったとは。返してください、無駄に惚れた私のハートを。手頃とはいえ、直径30センチ、長さ40センチ超ですもん、歯ごたえ十分の獲物ですよ。このときは思いっきりドヤ顔しちゃいました。ふっ、惚れてもいいんだぜ。

◇ж∫цжさん、かっこいいですか♪ そうですか♪♪◇
このときは我ながらホレボレしちゃいましたもんね。わかっていただけてうれしいです。/『薪ストーブライフ』次号発売は6月、ああ、どんな中身にすればよいのやら。今のうちから考えておかねば!

◇picoさん、ご再訪、ありがとうございます。◇
ですよねえ、この顔を見るためなら、エンヤコーラ、ですよね。薪ストーブの23度と、エアコンの23度は、暖かさの力強さがまるで違いますね。つい半袖になってでも焚きたくなってしまう.....。困ったものです。

◇solo_pinさん、デレデレしてくださってありがとうございます。◇
わ、うれしい。この「つまんにゃい」は傑作写真だと思ってますの。暗いけど、ピントぼけてるけど、このほっぺたのヨレ具合が、何ともかんとも!/椅子に座っておばあさんがのんびりナタで割れるのは、よほど細い焚きつけサイズ、それもスギなどの針葉樹かと思います。広葉樹の堅木の太いのは、与作スタイルじゃないと無理です。でも気持ちいいんですのよ。/一輪車を「ねこ」と呼ぶのは、全国区だと思います。今でも山の現場では使われていますよ。が、実際に猫を抱いていった人がいたとは! 笑い話としては定番のネタですが、実在していたとは! 貴重なご報告です!
| ニャンタのおば | 2017/04/08 11:54 AM |
 薪自慢しちゃってください♪
なんなら、その御腕の力こぶも『むん!』と披露して頂いても〜!

 それにクヌギとコナラがメインの薪なんて!なんて贅沢なんでしょう!!
煙突には優しいし、良い肥料(?)にもなるし〜〜
 薪ストーブは憧れです!
遠赤効果でじっくり家ごと温めてくれて、寒いもの知らずなんでしょうね〜
 森とは言わずとも、雑木林の中で創作活動に明け暮れる暮らし、、、
理想です!(絵本作家のどいかやさんの暮らしぶりはまさに夢!)

 今年の大寒頃の期間にわたくしと福太郎のふたりして、寒さにヤられ、
お腹を壊しました。小僧は3日間ピーになり300gも痩せましたよ〜
寒さ身にしみる、、、
| nonoji-souris | 2017/04/08 8:20 PM |
チョット不満気なウリちゃんの、つぶされた片目とほっぺ♪ ヘンテコリンな手足の位置♪
なんとも可愛くて、繰り返し見てしまいました!(^^)!

いよいよ 今年も「薪お大尽」の立派な棚を拝見できるのですね!(^O^)/
 そこまでの体力仕事は見ないふり・・・
斧を持ち上げるだけでギックリ腰になりそうな私は、玉切り?のままをスツールにしたい〜〜
 すみません、ただの横着者ですけど…(-_-;)

| himetarou | 2017/04/09 12:48 AM |

◇nonoji-sourisさん、コメントをありがとうございました。◇
まずは福坊っちゃんともども、ご災難でしたね。猫の300グラムは大きい。早く取り戻してくださいましよ。/わが家の薪ストーブ、ごくありきたりの住宅街で焚いておりますので、それなりに神経は使いますが、良質の灰はご近所の庭や家庭菜園から引っ張りだこ。おかげさまで、煙突の存在や、薪割りの音を認知していただいております。初めは勇気が要りましたけど、薪ストーブにしてよかったなあ、と思います。

◇himetarouさん、コメントをありがとうございました。◇
1枚目の写真に目を留めていただいて、うれしいです。わたくしもお気に入りで、見るたびにニマニマしてしまいます。/おお、そうですね。薪棚の美麗写真を撮影しておかねば。割り切れない曲者丸太を(オットットが)片づけたら、全体をきちんと積み直して、撮りますね。
| ニャンタのおば | 2017/04/11 4:30 PM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode