猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << 遊びじゃないのよ...... | main | 花炭(と鼻) >>          
         
元気じゃなくない。




オジガハラ高原でくつろぐグリコ。

P1270596.JPG

 

 

 

 

ずいぶん薄っぺらになりました。



あ、オジガハラ高原の形状がわかりにくいですかね。
全体図は、こうなっております。
無理くり、読書中。

P1270594.JPG



つい先日の、寒かった日の光景です。
 

 

P1270595.JPG

 

 

 

パンパンの高反発、豊満ボデーが自慢だったマダムですが、
体重は、今や灰色しましまのウリとそう変わりません。

ウリすけはアンダーコートが充実しているので、

並んでいると、むしろウリの方が大きく見えるほど。

最盛期より1キロ以上やせてしまいました。

彼女の1キロをおばの体重に換算すると......、うわ〜。

 


でも、元気。

 


いや、さすがに、元気、とは言えないかなあ。

元気じゃなくない、という感じでしょうか。
 

 

どこかが痛いとか、いつも吐き気がするとか、

そういう「愁訴」がない。
 

 

朝は日向ぼっこをたのしみ、

あとの1日はほとんどピアノで寝て過ごし、

目が覚めれば風呂場でガブガブと水を飲み、

ウリのお膳からカリカリを数粒くすね、

日に一度は飼い主の顔を立てて栄養剤も飲み、

トイレ(大)はたまに難航しますが、それでも自力ですませ、

灰色しましまの突発的「アタ〜ック!」も巧みにかわし、

休みの日には、こうしておじちゃんの読書にも付き合う。

 


ありがたいことです。


般若顔も健在ですよ。
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

| ひとやすみ | 02:22 | comments(11) | - |
コメント
おはようございます。

マダム。薄いですね。
それでも恙無く過ごしてくれるのは
有難いですね。
特に灰色ウリちゃん砲を
かわしてくれるのはあたり。

写真、凄く良いです!
特に2枚目!
ご主人の優しさと愛情と
若干の諦めを(笑)感じて
どこかに送ったら
賞を取れるんじゃね?
って思いました(*^ω^*)
| solo_pin | 2017/04/19 8:17 AM |
オジガハラ高原で春風を感じ、
ウリさんのカリカリをちょいと味わい、
たっぷりと喉を潤し、
飼い主さんの顔を立てることも忘れず、
「元気じゃなくない」上等上等。
その辺りでふんわりと
日々を楽しんでほしいものですわ、グリコ姫。

今更ですが、4月3日に書いていらした
ムラサキサギゴケに似たあの可憐な植物、
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)というそうです。
初めてインスタで知識を得ましたわ。
| こてち | 2017/04/19 9:05 AM |
老いた猫というのは、衰えるのとはちょっと違う気がしています。
年を取ったのでそれなりの快適さに体を変える、みたいな感じじゃないかと。
軽いほうが楽なので痩せる、とか
起きていてもやることがないので寝る、とか。
まるで自分のペースをとことん追求した結果かのように、
拙宅の老猫もものすんごいマイペースで、彼なりに元気です。
グリコさんも、徹底して快適を追求なさっておられるに違いない。
オジガ原高原で快適リゾート〜♪
| 藏ゆ | 2017/04/19 9:38 AM |
ステキなお写真ですね ^^
グリコさん・・・
マイペースで,今したい事をゆっくりゆっくり
みんなと一緒の生活を,心行くまで楽しんでほしいな・・・
| ж∫цж | 2017/04/19 10:03 AM |
温かくて幸せがいっぱいのオジガハラ高原。
グリコさんの特別な場所ですね。
柔らかい空気に包まれて過ごす日々、ばんざい♪
| ぽぽろ | 2017/04/19 7:52 PM |

◇solo_pinさん、「愛情」を感じてくださってありがとうございます。◇
そして「諦め」も。あはは、出てますよね。腕だるいな〜、って。して、どこに出したら何の賞がいただけますかしらん。/ウリ砲は、イジワルで発射されるのではなく、何かのきっかけでハンター魂が反応してしまうもののようです。ゴハンをくすねられても平気で見てますもん。最近のグリコはその「何かのきっかけ」を作らぬよう、じつに上手に動き回っています。

◇こてちさん、コメントとご教示ありがとうございます。◇
こんな穏やかな老い方もあったのだなあ、としみじみありがたい思いです。先代のニャンタにはつらい思いをさせてしまいました。飼い主は病気と闘っていたつもりでしたが、相手は「老い」であって、それは戦うべき相手ではなかったのに。/ツタバウンランのこと、じつはあの記事のコメント欄にて三毛猫さんが解決してくださっていました。解決したのなら本文に追記すべきだったのに、すまぬことでした。あわてて先ほど追記しておきましたが、ご教示、ありがとうございました。ツタバのウンランちゃん、かわいい顔して、今も勢力拡大中です。

◇藏ゆさん、深い洞察をありがとうございます◇
多くのいのちを見送ってこられただけに、すとんと腑に落ちる解説です。そうか、そういうことなんだな。私どもも、ニャンタのことを経たせいか、グリコの「衰え」を見ても、さほどうろたえずに落ち着いて受け止めておれます。さらにそれは衰えではなく、要らないものを捨てて快適を追求している最中なのだと思えば、うんと気が楽。そのつもりで、サポートに努めますね。ぶー太さんも、上手に快適、してください。

◇ж∫цжさん、ありがとうございます。◇
いっぱいたのしい思いをさせてくれたから、ゆっくりゆっくり、したいように生きてくれたら、飼い主は文句ありません。ありがたや、ありがたや。

◇ぽぽろさん、ありがとうございます。◇
グリコがやせた分を補うかのように、オジガハラのクッション性が増しているようなのが気になりますが、ま、グリコのためだ、今は目をつむりましょう。ばんざい♪
| ニャンタのおば | 2017/04/20 10:05 AM |
 この1月に18〜19才を全うして空へ旅立った友人の三毛猫さんも
だんだん痩せたけど、病気でもないので治療や薬も必要なくて、日々に
必要な食事と睡眠をとって、たまに他の若い猫が彼女のベッドで寝てると、
それなりの声で抗議をしたりして、、、あっぱれなねこ生だったと言って
ました。
 後日、長寿な天寿を全うしたお祝いにと、お赤飯と彼女の好きだった
サキイカと長寿を祝うおせんべを『褒めてやってください』とのお言葉
とともに頂きました。

 ゆーっくり、ゆーっくり、じーっくり、今の家猫生活を楽しんで
頂けたらいいですよね〜
ねっ!マダム・グリコ〜♪
| nonoji-souris | 2017/04/20 9:36 PM |
少々薄っぺらになったって、マダムが気持ちよく過ごせれば上等です。
オジガハラ高原の居心地はだいぶいいようですね。
温かいし、クッションは聞いてるし、安定してるし、マダムの専用だし。
(ちょっと失礼なことを言いましてご容赦を!)
ツーショット、幸せ気分で拝見させていただきました♪
| キウイ | 2017/04/20 9:52 PM |

◇nonoji-sourisさん、心強い事例のご紹介をありがとうございます。◇
先代のニャンタも、そんなふうに逝かせてやりたかったです。悔やんでも悔やみきれませんが、今預かっているウリ・グリの2名は、しっかり寿命通りに見送ってやるつもりで、心の準備をしております。(サキイカ?! ええと、飼い主さんの好物、ですよね? 食べても大丈夫な猫さんもいるのかな.....。)

◇キウイさん、ぜ〜んぜん失礼なことないでっす!◇
グリコがゴツゴツになった分、クッションの品質向上が必要だと判断しているみたいです。そしてグリコが軽くなって、オジガハラは呼吸が楽になったみたいですよ。前は「ぐえ」とか言いながら本読んでましたから。
| ニャンタのおば | 2017/04/22 10:13 AM |
 さきイカ、、、猫さんの好物だったそうです。
どの程度召し上がっていたかは、知らないですけど〜

 デン子も好きだったので、ちょっとずつ少しだけ
食べさせました。
胃の方が拒否するんでね〜
| NONOJI | 2017/04/24 12:48 PM |

◇NONOJIさん、お返事ありがとうございます。◇
ほほー、イカがだいじょうぶな猫さんもいるのですね。拙宅のおバカさんたちもユリをかじったりはしませんし、猫は猫で、自分の毒になるものをちゃんと心得ているのでしょうか。
| ニャンタのおば | 2017/04/25 3:50 PM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode