猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
                   
          << 5月の庭と朴葉寿司 | main | 5月の光 >>          
         
グリコ式温度計




5月の基本は、真ん中のピアノ型爪とぎ。

寒いときは、左端のグリコハウス。

少し肌寒いような気がするときは、右端のおみくじ箱

 

P1270989.JPG



では、ニンゲンが半袖になったこの日は?






P1270979.JPG

グリコの居場所が温度計代わりの、わが家です。



さて、すっかりスリムになっちゃったマダムですが、
だいぶ前に一度買ってみたときは見向きもしなかったフードを、
今回は大いにお気に召して、お代わりまでしてくださる勢い。
 



ふっくらした、とまでは言いがたいけれど、
おかげで、体重は下げ止まった感じがします。

P1270982.JPG



ソファに置いたベッドにも、自力で上がるようになり、
フリースからバスタオルに敷き換えた寝床で、
優雅におくつろぎ。

P1270988.JPG



どこも痛くない、どこも苦しくない。
それだけで、世話人はありがたくて、ありがたくて......

P5110091.JPG




もうちょっとお世話させてあげるから......

P1270987.JPG



お励みなさい。

P1270983.JPG

はい、喜んで。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   
| ひとやすみ | 08:37 | comments(7) | - |
コメント
グリコさんの温度計,判り易くて最高です♪
ご飯を食べてくれると,ほっと安心できて・・・
食べてくれたことにホントに感謝ですよね ^^
良かった良かった!
おくつろぎのサーモンピンクも
グリコさんにぴったりの色合いですね☆
| ж∫цж | 2017/05/19 1:49 PM |
グリコさまは そうでなくっちゃ。
けして急いではなりませんわ。
マダムらしく 優雅に日々をご堪能くださいませ。
”ふん  しおらしいことを。
 まっ よくできた世話係もいることだしの〜んびり
 過ごすわ。
 あーたも 精進なさい。”
は〜い!
| きゃろりん | 2017/05/20 7:19 AM |

◇ж∫цжさん、温度計を読んでくださってありがとうございます。◇
ね、わかりやすうございましょ? きょうは朝のうちから、ストーブ下の鉄板においでですよ。夏日の予想です。/元気な「カリカリ」音は、妙なる音楽に聞こえます。でもここ数日顔色が悪い(=舌の色が薄い)気がするので、世話役はちょいと心配。元気なんですけどね。

◇きゃろりんさん、アテレコをありがとうございます。◇
昔から我が道を行くお方でしたから、きっかり自分のペースを維持しているようです。何かと気の利かない世話人ですけれども、気を回しすぎてもいやがられるだけですから、仰せのままについていこうと思います。
| ニャンタのおば | 2017/05/20 9:33 AM |
お家に入って「温度計係?」に励んでおられるようで嬉しいです!)^o^(

数年前の我家の5月を思い出し、チョット胸が詰まりました…

マダム、世話人の心の安定?の為にも、
どうぞ、優雅な毎日をお過ごしくださいませ!!
| himetarou | 2017/05/20 12:39 PM |
こんばんわ。

はい喜んでー!って
お世話したいです!
猫で気温が判るってありますね。
うちも最近床で行き倒れております。
踏むから!って叫びながら避けてます。

ちょうどブロ友さんのラブラドールが
「面倒かけてくれる子、最後まで看れるのは幸せなのかも」と
仰ってて、なんだかもー暖かくて、
寂しい気持ちになってたのです。
(その子は排泄ももう、垂れ流し状態なのですが
 おちり拭いてくれるのを待ってる姿がまた可愛いのです!)
グリコねーさまもね、
面倒見る喜びってあるものだから
出来るだけゆっくりしてってね。
| solo_pin | 2017/05/20 9:03 PM |
いつでもどこでもグリコさんの心地よく過ごせる場所が一番!
ささ、グリコさんの思いのままに〜。
お世話させてあげるからお励みなさい、のお言葉と
きりりとした、なんといい表情。
どうぞゆうるりとお過ごしくださいませ♪
| ぽぽろ | 2017/05/21 8:29 PM |

◇himetarouさん、ありがとうございます。◇
温度計業務、きょうもストーブ下の鉄板で、まじめに務めていました。今からこんなに暑いと、ほんとうの真夏日にはどこで表示することになるのでしょう。

◇solo_pinさん、ありがとうございます。◇
おっしゃる通りですね。猫飼いとして、何が怖いって、行方不明が一番怖いです。どこでどうしているか皆目わからないなんて、耐えられません。どんなに手がかかってもいい、苦しんでいるのを苦しみながら見ているしかなくてもいい、家で看取ることができるなら、本望だと思います。いや、できれば穏やかに見送りたいですけどね、もちろん。

◇ぽぽろさん、ありがとうございます。◇
うすっぺらのヨボヨボになっても、目ヂカラだけは相変わらずです。この目がある限りグリコはだいじょうぶ、と安心している飼い主ですの。
| ニャンタのおば | 2017/05/22 7:50 PM |
コメントする









        
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode