6月15日の新聞


 




6月15日の夕刊に乗る猫。

P1280271.JPG



そして、

こうの史代『この世界の片隅に』全3巻。

P1280276.JPG



戦争は、日常とひと続きの、1本の線の上にあるのだと、
この漫画が教えてくれています。



P1280279.JPG

すずさんが、自由に絵を描くこともできなくなる社会。
すずさんが、大好きな絵を描く手まで奪われる社会。


あの戦争を経験した日本が、
まさか、またそんな社会にもどることはありえない。
――そう信じて安心しきっていたけれど、


だいじょうぶなのか。
安心していていいのか。

P1280275.JPG


猫、猫、ときどき日本語、
そんな呑気なブログですけれど、
2017年6月15日、日本の国会で行われたことについて、
黙っていてはいけないと思いました。


私は、
安倍晋三内閣のやったことと、
そのやり方に、
全面的に反対です。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

なぜ採決を急ぐのでしょうか・・・
国民の意見が活かされない法律・・・。
議員数の多い方のやりたいことが多数決で決まっていく,
あたかも民主主義みたいなふうになっているけれど
何か違う。
原子力発電所の再稼働も普通に順番に進んでいくのも
あの震災での教訓は活かされては行かないのでしょうか・・・
(ウリちゃま,しゅっと凛々しく美しいです♪)

  • ж∫цж
  • 2017/06/23 10:26

共謀罪、日本語としてどうなんでしょう。
なんだか、いやな感じ。
芸能人が私生活を晒したり、それに興味をしめす人々。
本当に大事なことを見逃さないようにしなければと思います。

なんだか、ウリたんに見透かされているような感じ。
で、どうするの?    どっ、どうしよう・・・

  • おっチョコ
  • 2017/06/23 20:13


◇ж∫цжさん、ありがとうございます。◇
今回行われたのは、単なる多数決であって、民主主義の手続きではなかったと思います。数の多いほう、声の大きいほうが勝つ、ということであれば、少数者はつねに無視され迫害され、小国は大国に抑え込まれることになるでしょう。民主主義の基本は何より話し合うこと、であるはずです。質問されたことに答えない、質問者を鼻で笑うような、そんな人たちに政治を任せるなんて、私はいやです。/お隣の韓国も脱原発に舵を切ったそうですね。経済成長を言うのであれば、日本も早く自然エネルギーの開発に傾注しなければ、世界から置いていかれると思います。福島の原発事故が起きたときの政権が、なぜそれまで原発を推進してきた自民党政権でなかったのか、運命のいたずらというにはあまりに皮肉なことでした。

◇おっチョコさん、ありがとうございます。◇
「コッカイオンドク!」という運動があちこちで始まっているそうですね。首相や法務大臣の答弁をまじめに音読してみると、その中身の空虚さ、詭弁、そして何より対話の不成立ぶりが際立つことだろうと思います。/翌日まで出しっぱなしだったこの日の夕刊、ウリがやけにキビシイ顔で乗っているのを見て、こんな軟弱ブログだけれど、やっぱり何か一言書いておかねば、と思ったのでした。ウリ猫ってば、『この世界の片隅に』を取ってきて並べるまで、待っていてくれましたよ。

  • ニャンタのおば
  • 2017/06/24 08:15