おニューのマット

★日本語【外来語の美化語】

 

 





誰かさんがせっせと爪を研いでくれるおかげで、
玄関マットがボロボロ。
しょうがないので、新調しました。


おニューの玄関マット!

P7180018.JPG

先日の猫草の記事でお披露目済みですけれど、
あらためて、ご紹介。

選ぶにあたっては、基準が2つ、ございました。
・この場所が大好きな灰色しましまに、色が似合うこと。
・よくここでウゲッポするので、汚れたら即洗えること。


色は、成功だったと思います。
が、届いてから説明書をよく見たら、
綿100%なのに、洗っちゃダメと書いてありました。
あっらー......

いい。
洗いますよ、おばは。






ともあれ、ウリ猫はすぐに気に入ってくれました。

P7180017.JPG



研ぎ心地もいいそうです(涙)。

P1280456.JPG



肌ざわり(毛ざわり?)も、なかなかよいそうです。

P1280459.JPG



あごグイ」されても、どきません。

P7180015.JPG


猫ヒトともに、満足なお買い物でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ   



※「おニュー」にまつわる日本語バナシにつづきます(↓)。

 (追記あり。7/31夕刻。)

***

外来語の美化語について】


美化語の基本については、☆こちらで述べました。

敬語のひとつで、ものごとを美化するものです。

ほとんどは名詞に「お/ご」をつける形ですが、

数は少ないながら、形容詞や副詞にもあります。

 

 ・おつまみ、お酒、ご返杯

 ・お暑い、お見事、ご機嫌


「お」は和語に、「ご」は漢語につけるという原則はあるものの、

お相伴」「ごゆっくり」のような例外もあります。

ご相伴」という人もありそうで、このあたりは揺れていますね。

 

そして、外来語には、あまり、いやほとんど、つきません。

カタカナ語に「お/ご」がつく例は、きわめて少ないのです。

 

 ・おソース、おビール、おズボン、おトイレ

 

私がパッと思いつくのはこれくらいでしょうか。

あと、ちょっと古めかしい感じですが、

おセンチ(な気分)」というのがありますね。

 

==夕刻、追記==

ブログを読んでくださった方から、ご教示いただきました。

おフランス」があるよ、と。

そうでした。忘れちゃいけない、「おフランス」。

この、持ち上げといて、同時にくすっと笑う感じ、

美化語のもつ、もう一つのたいせつな表現性ですよね。

その方のドイツのご友人も、「わかる!」との反応だったそうです。

フランスならではの、世界が納得するオーラがあるからでしょう。

==以上、追記==

 

 

そんな「お+カタカナ語」の中で、わりとよく使われているのが、

きょうの記事に使った、「おニュー」です。
 

「ニュー」は、「ニューフェイス」のように複合語の成分にはなりますが、

「ビール」や「ズボン」と違って、「ニュー」単独では使われません。

やはり「おニュー」全体で、分解不可の表現になっているのでしょうね。

この現象は、たとえば同じ美化語の、つぎのような例と並行しています。

 

  ・おかず ×かず

  ・おでん ×でん

  ・ごはん ×はん

 

英語の'new'に「お」がついた、と考えると、何とも珍妙ですが、

でもこの表現、かわいらしくて、私は好きです。

 

幼いころの私は、やたらに成長が早くてすぐにサイズが変わるため、

値の張るおしゃれな靴は、なかなか買ってもらえませんでした。

さんざんねだって黒いエナメルの靴を買ってもらったときは、

そのぴかぴか光るおニューの靴を玄関土間に下ろすのがもったいなくて、

上がり框に腰かけて足を浮かせたまま、ずっとながめていました。

 

あのウキウキ、ドキドキ、晴れがましい気分......

あの気分は、「あたらしいくつ」じゃ表せないのよね。



ちょっとおセンチな思い出。

 

にほんブログ村 日本語(外国語)へ  人気ブログランキングへ

 

コメント

おニューのマット、ウリたんもお気に入りのようですね。 かわいさ倍増!!

実はわが家にも柄違いの同じつくりのマットがございます。
洗えると思って購入したらそうではないことが判明、でも私も洗いますわよ。
色落ちしたらしたでそれもまた楽しいと思った次第です。


おのつく言葉では『お召し物』なんてのが好きです。 
こんな言葉をさりげなく使ってみたいものです。

  • おっチョコ
  • 2017/07/31 08:13

こんにちは。
きれいな柄のマット(^^)
綿100%なら、普通、洗濯機にポン!
ですよねー私でもそうしますwww

おニューって日本語扱いですか、
・・・そうですよね、『変な』日本語として
扱ってきましたけど(^^;

「おみ足」という表現が思い浮かびます。
言葉としては美しいなと思いますが、
一般人が日常語として使うには重いように
感じます。

  • まちゃ
  • 2017/07/31 13:44

ウリちゃまに似合う色のマット,本当に良く
似合ってますね♪どんなポーズ・お顔でも可愛い☆
最初は他のものと一緒に洗濯はしない方が良さそう
ですね ^^;
『お』を付けて,特定の人の職業を呼ぶ時に・・・
勿論ご本人を目の前にした時ではなく,会話の中で
私が「医者様」「坊様」と言うと友達が
『様付けじゃなくていいから,頭に‘お’を付けて
お医者さん・お坊さんと言いなされ』と言います
( ̄▽ ̄;)

  • ж∫цж
  • 2017/07/31 16:21

私も以前通販でインド綿100%のラグを買ったら洗濯できないものでした。
でも、洗ってます。別にひどく退色したり縮んだりしませんが、
乾かしてはたくと大量のケバがでます。数年したらぺらぺらになって
なくなっちゃうかも、と思ったけど、そんなこともありません。
ブラッシングしてもブラッシングしても毛皮が減ったようには見えない
まるで猫のようなラグです。

「おニュー」の反対(ちょっと違う気も)「お古」も分解不可?あと「おやつ」「おもちゃ」も?

  • 三毛猫
  • 2017/07/31 23:07

綺麗な虹色のマット!ウリちゃんによくお似合いですよ♪
 ブログをしていませんが、私も、クッションカバーなどはまず、  ニャン映りを考えます〜

「おニュー」はよく言いますし、「お古」も使いますけど、
確かに、「おシン(>_<)」とは言わないですネ〜〜ふふ

意識して嫌味っぽく使うのは「お上手〜」とか「お綺麗」(^_-)-☆とか・・・
「おしゃれ」と「しゃれ」は意味が変わりますね…

「おフランス」には、思い出し笑いをしてしまいました〜〜

  • himetarou
  • 2017/08/01 00:11

色合いはベストマッチです。
しっかり爪をといでもらいましょう(笑)
麺100で洗えないなんてあらえない、チガッタ ありえない!
洗っちゃえ〜〜です。

母がお味噌汁のことを「おみおつけ」と言ってましたので
私も癖でそのまま言ってますが、これは何語でしょうね。
漢字にすると「御御御付」ですよ。バカ丁寧・・・(^▽^)


◇おっチョコさん、ありがとうございます。◇
おや、おそろのマットがお宅に?/「お召し物」、いいですよね。音も柔らかくて。美化語はそもそもほかの尊敬や謙譲、丁寧などのほかの敬語との「バランス」を取るためにあるともいえます。美化語を使うには、それ以上に、使う人の「人柄とのバランス」もたいせつかもしれませんね。さらっと「お召し物が汚れますよ」なんて言って真っ白な麻のハンカチを差し出せるおばさまになりとうございますわ〜。(無理!)

◇まちゃさん、ありがとうございます。◇
ええっ、「おニュー」、まちゃさんは使われませんか? ショック....../「敬意逓減の法則」というものがありまして、丁寧なことばは、ますますどんどん丁寧になる性質があります。下できなこ姫さんがお気づきになった「おみおつけ」もそうですが、「おみあし」もその一つですね。/マットは洗いますとも。洗濯機で。

◇ж∫цжさん、ありがとうございます。◇
私の中で、ж∫цжさんのイメージはなかなか像を結びません。何だかふしぎな言語体系をお持ちのようで。あるときはお若く見え、あるときは古風な感じ。「坊様」は、80をとっくに過ぎた、飛騨高山在住の母が使っていますよ。「ぼさま」と発音しています。でも「いしゃさま」は言わないなあ。/マットは洗う所存なり。ガッシガッシと!

◇三毛猫さん、ありがとうございます。◇
あはは! まるで猫のようなラグ! いいですなあ。って、笑ってる場合じゃないくらい、拙宅の灰色しましまは毛皮を脱ぎ続けておりますけれども。/分解できない美化語、分解すると意味が変わっちゃう美化語については、文中にご紹介した過去記事をご参照くださいませ。「おはじき/はじき」とかね、おもしろいのがいっぱいです。ちなみに「おもちゃ」は、「お+持ち遊び」の転訛だとか。

◇himetarouさん、ありがとうございます。◇
あー、ここにもすてきな表現が。「猫映り」、いいですねえ。今度使ってみたいです。「このシャツ、色もデザインもいいんだけど、猫映りが悪いのよねえ。」/嫌味っぽくなる美化語、分けると意味が変わる美化語、これについては、文中にご紹介した過去記事をご覧くださいますか? 御足労をおかけしてまことにお気の毒様とは存じますけれども。

◇きなこ姫さん、ありがとうございます。◇
こちらも、ワハハ!です。「あらえないなんてありえない」! 楽しいです〜。/「おみおつけ」については「御味(=味噌)」の「御付け=汁物」と分解すべきかもしれません。そしてこの「おみ=味噌」もそうですが、おひや、おやつ、おなか、おかき等々、しっぽを略して頭に「お」をつけるのは、女房詞出身の美化語たちです。何にしてもご丁寧サマなことですわねえ。

  • ニャンタのおば
  • 2017/08/01 08:51