見上げれば......

 

 

 

わが家の場合、

 

ヒトが帰って来ても、

 

出迎えてくれる猫は、まず、いない。

でも、たまに、

 

階段をあがりかけて上を見ると、

こんなものが見えることも、ある。



 

 

 



ウリや〜い。

 

 

 

 

 

にょ?

 

ただいま〜。

 


 

 

家の中にふわふわの温かいイキモノがいる幸せ。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ねこ

 

11月1日は、ウリ拾い記念日です。(⇒☆
高山から戻ったきのうの夜、

おばの足首にもたれて毛づくろいをする灰色しましまを、

「あしたはウリを拾った日だねえ。」とトントンしてたら、

自分のそのことばに、ぐっと来てしまいました。

 

9年前のその晩、募る風の音におびえながら、

どんなに心細かったろう。

どんなに怖かったろう。

さみしかったろう。

 

お腹はペコペコで、

地面は冷たくて、

喉も乾いていたかもしれない。

 

あ、向こうのヤブで何かが動いた。

何だろう。

タヌキ?

こっちに来る! どうしよう!

 

......この小さな灰色しましまが、

木枯らしの吹き荒れる雑木林で、

小さく小さく小さく丸まっているところを想像しました。

 

 

猫は愛玩動物です。

ヒトとともに暮らすべき生き物です。

そのように、ニンゲンが「つくりかえ」ました。

 

だから、ニンゲンには、彼らと暮らす義務があります。

街や野に放り出してはいけないのです。

 

猫や犬と暮らしたくなったら、

1ぴきでも多くの、おびえ震えている灰色しましまに

どうぞ、その手をさしのべてください。

 

いのちを、

ペットショップやブリーダーから買わないでください。

不幸ないのちの再生産・大量生産に加担しないでください。

 

理不尽にも捨てられた灰色しましまたちや

師走の寒空に家を追い出されたグリコたちを

どうか救ってください。

 

あるいは、彼らを救うために奔走している団体を

応援してください。

みなさんの身近で活動しているそんな団体をさがして、

私設応援団になってください。

 

これはお願いではなくて、おススメです。

ウリグリを拾ったわたしは、今とても幸せです。

だから、自信をもってのおススメです。

 

ハートいつでも里親募集中

 

ハート動物いのちの会岩手

 

ハートアニマルレスキュ―飛騨

 

コメント

ウリちゃまの,この記念日の投稿を見ると情景が浮かんで
いつも泣きそうになります(;_;)
おばさまが心を鬼にして歩き去ろうとされた情景・・・
一生懸命追いかけて,おばさまが立ち止まった瞬間
ぎゅっと止まるウリちゃま・・・
心臓を鷲掴みにされたような痛みと幸福・・・
だから薪ストーブライフにこの記念日の
眠っているウリちゃまのお写真が載っていた時は
最高に嬉しかったです!!
本当にペットショップで買うとか飼えなくなって
平気で捨てるとか・・・いつになったらこの国は
変わるのでしょうか(・・)
下から見たウリちゃま,可愛い(^^)
帰って来たおばさまにくっついていたいよね♪

  • ж∫цж
  • 2017/11/01 11:13

こんつはー。

二人の生活が始まった日なのですねー。
って、去年も言って突っ込まれたような。
おめでとうございます。

ペットショップも保健所や団体と連携とって
良い形で変わって行ければ良いですよねー。
里親だとどうしても男性不可や単身者不可に
なりがちですものね。
あとアパートも、もっと飼育可能なのが
増えて欲しいですわ。
アレルギーとかある人は、また困るかなー。

なんじゃかんじゃで、
生き物をモノ扱いしない世の中に
なって欲しいと切に願いますわ。
昨日、猫に無理させちゃったけど。反省。

寒風の中、小っちゃい小っちゃいウリさんは
どんな思いで空を見上げていたのだろう・・・
心身ともに暖かい薪ストーブのあるお家で
大好きな人を見下ろしている幸せ。トントン♪

もうね、涙なしには語れないウリたん記念日。
今のウリたんが幸せで本当によかった。 
薪ストーブライフが楽しいね♪

  • おっチョコ
  • 2017/11/01 22:27

胸が痛くて壊れそう。
そこに居てくれて、手をのばせばもふもふのあたたかさ。
ウリちゃん&グリコさんが幸せで、
他の子たちもそれぞれにそうであって欲しい。
だから芥子粒ほどでもできることをする。
ウリちゃん おば家猫記念日おめでとう!
「オバケ猫ですとにゃ? 👻」ありゃ

  • きゃろりん
  • 2017/11/02 08:00


◇ж∫цжさん◇
「心を鬼にして」じゃないんです。あのときの私は鬼そのものでした。現に困っている小さな猫がそこにいるのを見ながら、ニャンタへの未練で狭い心がいっぱいになっていて、そのちび猫のことがいっそ憎たらしかったのです。背を向けて大股で立ち去ったんです。ひどいニンゲンです。このびびりの灰色しましまが、あのときわずかな望みをかけ、ありったけの勇気を振り絞って、その鬼を追いかけてきてくれたことに、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

◇solo_pinさん◇
里親探し団体の条件が厳しくならざるを得ない事情は理解できます。せっかく救い出したいのちを、虐待目的の悪魔に渡すわけにはいかないし、「ただでもらえる」程度の意識しかない人たちにも委ねたくはありませんもん。それでもたしかにおっしゃるとおり、もう少し、ペットショップに張り合える程度の「気楽さ」がくふうできると、道は開けやすくなるかもしれませんね。/カムさま、今朝はご機嫌さんですか?

◇ぽぽろさん◇
これまでもウリの過去を想像してみることは何度もありましたが、「あしたは拾った日だねえ。」と言ったとたん、あの年のあの前の晩、この猫は「あしたは拾われる」と知っていたわけではない!ということに思い当り、そのときのちび猫の脳みそには絶望しかなかっただろうと思ったら、もう、もう...... 出会えてよかったです。ほんと。よくぞ追いかけてきてくれました。えらいぞ、灰色。

◇おっチョコさん◇
ありがとうございます。薪ストーブをごちそうできるだけでも、あの日背中を向けたことの罪滅ぼしに、少しはなるでしょうか。来シーズンのために、せっせと薪集めに精を出しますわ。

◇きゃろりんさん◇
ありがとうございます。できることをすると言っていただけて、うれしい。お涙頂戴の話で終わらせずにいただけて、ありがたいです。今、犬や猫としあわせに暮らしている人たちが、それぞれの記念日に、自分ち以外の犬猫のために何かちょっとイイコトをする、そんな習慣が広まるといいですね。

  • ニャンタのおば
  • 2017/11/02 11:00