家計を守る猫

★日本語【(促音に続く)濁音】




ねえ、ウリや。





にゃに?

P8220010.JPG

 


なんでわざわざそこに来るかな。
おばちゃん、今、買い物中なんだけどな。




ふうん......
 

P8220006.JPG

なに、その態度。


肉球

 

グリコのトイレがどうもうまく行かないので、

砂のタイプを換えてみたらどうじゃろか、と思い、

猫用品のネット店をふらついていたら、

(ま、よくあることですが)猫グッズの店に迷い込む。
 

猫用品猫グッズは、違いますわね。
猫用品は猫と暮らすために必要な物ですが、
猫グッズは、ほとんどの場合、なくてもいい物です。
 

ただ、困ったことに、
なくてもいい物を売ってる店ほど、たのしいんでありますな。

グッズのほうの店をうろうろしているうちに、

ちょっといい感じの猫柄の眼鏡ケースを発見。

ケースはすでに(いくつも)持っています。
さらに買うのは無駄遣いであります。
でも、ちょっといい感じの眼鏡ケースは、
眼鏡生活をたのしくしてくれるんではあるまいか。
人生をたのしくするのは、悪いことではないぞ。

いや、だがしかし......
 

そうこうしていたら、

灰色しましま猫がやってきて、

マウスとエンターキーの上に倒れ込んだ。
――というのが、1枚目の写真でござります。

 

 

買うな、ってことかい?


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※今週の日本語バナシは「グッズ」でござるよ(↓)。

***

 

(促音に続く)濁音の話】

 

促音とか濁音とか、難しげな用語を使わずにいいますと、

小さい「っ」の後ろに来る、点々のついたやつ、のお話です。

 

こういう音の並びは、外来語(カタカナ語)に特有なのです。

外来語特有の音やその文字表記というと、真っ先に

ヴァーグナーとか、モーツァルトなどが浮かぶかもしれませんが、

この「っ+濁音」という組み合わせも、外来語特有なのです。

 

  ベッ、バッ、アイポッ、バッ、ゴッハンド、

  デッエンド、キューピッ、ピラミッ、ホットドッ
 

 

対する和語の場合、小さい「っ」の後ろは、ほとんど清音です。

ですから、たいていの日本語ネイティブにとって、

「っ+濁音」というのは、どうも発音しにくいようです。
 

 

みなさま、いかがでしょう。

上のカタカナ語を、とくに意識せず、さらっと読んでみてください。

正直な話、つぎのような発音になっていませんか?
 

  ベッ、ハンドバッ、バッ、キューピッ

 

なってる人、多いと思います。

それで通じるし、いちいちとがめだてする人もいないでしょう。
 

 

 


先日、ある団体の会報の編集をお手伝いしていたとき、

年配の方の書かれた原稿に、「グッツ」とありまして、

ああ、なるほどなあ、と思いました。
 

 

この方はふだん、「ッ」を濁らずに発音していらしたのでしょう。

「ズ」の清音は「ス」だと思われるかもしれませんが、違います。

促音に続く「ッ」の場合、舌先が歯茎の後ろに触れているはずです。

古い仮名遣いで書くとすれば、「ヅ」の発音になっているのです。

それの清音ですから、「ス」じゃなくて、「ツ」で正解。

で、書くときにも、ご自分の発音通りに表記なさったのでしょう。

 

正解だけど、不正解。

オモシロイと言っては失礼ながら、おもしろい例だと思いました。
 

 

**
 

 

かと思えば、以前、どこかの小さな病院で、

人間ドッグ」と書かれた貼り紙を見たことがあります。

この場合、原語はdogじゃなくてdockですから、

「ドック」で正しいのに、一周まわって間違っちゃったんですね。

つけなくていい点々をつけちゃった、過剰修正です。
 

 

***
 

 

ついでながら、つねづね謎なのが、以下のような例です。
 

 

  ベークポテト、ハッシュビーフ
 

 

英語の過去分詞の-edは、直前の音が清音(=無清音)なら、

tと発音されるはずなのに、カタカナ語として輸入されると、

なぜか、つづりのとおりにdの「ド」と書かれることが多い。

音じゃなくて文字で輸入されたせいかな、と思う例です。
 

 

****

 


何やら、重箱の隅をつつくような話になってしまいました。

どちらさまも、おたいくつさま!


 

 

 

 

あきたー。


P8220011.JPG



あ゛〜〜〜〜!

P8220012.JPG

眼鏡ケースを増やすのは、やめとくわ。
 

 

コメント

ウリちゃま,ちゃんと家計を守り抜きましたね(▽≦)
立派で可愛いです♪
人間ドッグ・・・スプラッター映画みたいで,一見して
怖いです ^^;
でもバッチ・・・だとずっと思っていました(・・)
ありがとうございます ^^

  • ж∫цж
  • 2017/09/25 11:36

人間ドックは昔、間違いました。
ちょっと考えればワカルはずですよね、
船の収まるドックですものね。

バック買おうかななんて言ってしまうし。
バッグ bag、ですね。

ウリちゃん、元気そうですにゃ。
がんばって家計を守ってにゃ。

ありがとうございます。m(__)m

  • まちゃ
  • 2017/09/25 20:41

テレビ番組名で「クローズアップ現代」というのがありますが、「クロースアップ」が正しいのでは?
という意見がありましたね。
私は先日あるお店に手書きで「アルバイド募集」と書かれているのを見て単なる筆のすべりか、
それとも考えすぎによるものか?と思いました。
ウリさん、無駄遣いをいさめてくれるんですね(ただ邪魔して購買欲を削いでくれるだけかも…)。
おばさまのためになる日本語の話も、ネットショッピングの妨害も飽きましたか?
きっともうすぐおばさまが6周年記念プレゼントの「ナンラカの方法による抽選」を
考えてくれますから、抽選に参加して楽しめますよ!
老眼の上にナナメ読みしておそろいのTシャツと思っていましたが、クリアファイルなら
部分的にサイズが合わないなどということはありませんね。のんびりと楽しみに抽選を
待っていま〜す。

  • 三毛猫
  • 2017/09/26 00:11


◇ж∫цжさん、ありがとうございます。◇
あ、書き漏らしましたが、「バッジ」の「ジ」も、「グッツ」の場合と同じことで、本来は「ヂ」の発音です。ですから、清音化して「チ」になるのは、音的には大正解なのです。そして「バッチ」という書き方を異表記として許容している辞典もあります。/この記事で気づいてほしかったのは、頭では(=目では)濁音のつもりで、口は清音を発している、という日本語ネイティブの実態でした。私自身も「ぴらみっとってさあ、おっきいよね。」なんて発音しておりますもの。/ウリはいい仕事してくれました。

◇まちゃさん、ありがとうございます。◇
そうそう、それです。とくに後ろに「かおうかな」なんて清音が続く場合は、たいていの日本語ネイティブが「ばっく」って言ってると思います。日本語に慣れた舌には、それが楽ですもんね。/ウリに救われるわが家の家計......。

◇三毛猫さん、ありがとうございます。◇
ほー、そのようなイチャモンが? 私は無意識にあれは動詞だと解していたので、「クローズアップ」で、何の違和感も感じていませんでした。「現代に迫る!」みたいなタイトルかと。「アルバイド」の「ド」はどこから来たのでしょう。もしかして「アンドロイド」なんかからの類推?/Tシャツはちょっと貧乏ブログの賞品としてはお高いもんですから、お気に召しましたら、ご自分でぜひどうぶつ基金をお訪ねくださいませ。ウリすけは家計を守るのに忙しくて、なかなか猫抽選を頼めないのですが(ウソです。飼い主の怠慢です。)、がんばりますね。

  • ニャンタのおば
  • 2017/09/26 08:40

なるほど!
和語の場合、小さい「っ」の後ろは、ほとんど清音!!
そういう決まりごとを知ると、いろんなことが腑に落ちます。
濁音を発音しているつもりで清音を発音しているのだとは!
はぁ、そういうことだったか。

面白い記事のネタを提供してくれてありがとうね、ウリさん♪

ワタシはイタリア語によくある小さいツの後のラ行が
どうしても言いづらい日本人です。
詰まって発音できましぇん。
えぇ〜、かわいい眼鏡ケース、買わないんですかぁ〜。。。

  • 藏ゆ
  • 2017/09/26 14:10


◇こてちさん、ありがとうございます。◇
何やらすっきりなさったごようす、お役に立てて幸いです。いろんなことが腑に落ちたとおっしゃる、そのあたりの事例を、こちらが教えていただきたいなあ。/ウリは有能な助手です。しかもかわいかったりするのが困りもの!

◇藏ゆさん、ありがとうございます。◇
イタリア語に小さい「っ」や「ラ行」があったっけ?とひとりでウケてしまいました。(いや、おっしゃることはわかるんですけども。)舌を巻くための準備の時間がほしくなりますよね。/眼鏡ケースは、ええと、あー、じつは、このあと、1つ増やしてしまいました。てへっへ。

  • ニャンタのおば
  • 2017/09/28 09:18