十月みそかの高山#2 りんご

 

 

 




高山の朝市で手に入れてきた紅玉りんごです。

これで500円!
 

P1290517.JPG


飛騨国分寺で、大イチョウを見上げながら1個かじりましたから、

正確にはもう1個多くて、500円!


 

いつもの「朝焼け色のジャム」にします。


皮と実に分けて、それぞれクエン酸入りの水につけ、

まずは皮のほうを火にかけます。
 

P1290521.JPG

 

 

 




ほれぼれするような香りと色。
 

P1290522.JPG

 

 




皮を取りのけたら、実の半量を入れます。

それがぐずぐず煮とろけてソース状になったところへ、

残りの半分を加えて、形が残る程度に煮ます。
砂糖は、グラニュー糖を使います。
 

 

P1290528.JPG

 

 




出来上がり。
 

 

このあと出かける用事があって気が急いていたのが敗因でしょうか。

もうちょっとしっかり皮の色を取るべきでした。
☆このときのほうがきれいにできたなあ。

よかったら過去記事をご覧ください。

 

 

 

 

それでもじゅうぶんきれいな色です。

朝の光がよく似合うジャム。
 

P1290535.JPG

 

 




ウリすけにはヨーグルトを少し進呈。

前は見向きもしなかったのに、

このごろちょっぴり食べるようになりました。
 

 

P1290543.JPG

このジャムの作り方を知ったのは、
ばーさんがじーさんに作る食卓です。
何というか、心のよりどころになるようなブログです。

こちらのレシピで料理をしていると、真人間になれる気がするのです。
「ばーさん」ことcincoさんがご療養中で、
しばらくお休みが続いているのが、読者としてはさみしい。
早くよくなられますように!


ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメント

そうです このきれいなジャム。
紅玉の甘酸っぱさがもうたまりません。
色・香り・味 どれもいいんです。
「朝焼け色のジャム」って良いお名前。
朝市 お安い。
見かけたら嬉しくて そーっと手に取り くんくん くんくん。
ほっぺずりずりしたいくらい。
良い買い物をなさいました。
持ち帰りは大変だったでしょうが この香りに元気をもらえたのでは。
cincoさん ゆっくり休んでお元気になってください。

  • きゃろりん
  • 2017/11/08 07:34

なんだか毎年お邪魔しては書いている気がしますが、
紅玉が大好き!
グラニースミスとか、ああいう小さくてかたくて
ちょっと酸味があるリンゴがいいわ〜。

「じーさんがばーさんに作る食卓」を拝見しては
別世界を訪ねたような気持ちになるのですが、
ニャンタのおばさまが別世界をひょいと引き寄せて
実際にこしらえたおいしいものをこちらで見せていただくと、
それだけで真人間になった気がするわたくしでございます。

cincoさんがお元気になって、あの別世界を
また近々に見せていただけるとうれしいなぁ。

ホントにキレイな色のジャムですね(^^)
cincoさんのところに残されていたおばさまのコメントが
優しく温かだったことが,こちらのブログにお邪魔するようになった
きっかけでした(▽≦)
cincoさんのことが心配で毎日お邪魔してしまいます。
カゴの林檎の向うに見えるウリちゃまと,銭湯の暖簾が可愛いです♪

  • ж∫цж
  • 2017/11/08 15:26

リンゴのジャムがこんなにきれいな色。
素敵ですね。
皮を入れて煮るのですね。
わが家のリンゴジャムは実を刻んで
煮るだけだったので。
試してみます。

ばーさんがじーさんに・・・
そちらのサイトにもお邪魔してみます。
(( ̄_|
ありがとうございます。<(_ _*)>

  • まちゃ
  • 2017/11/08 21:53


◇きゃろりんさん◇
食欲と道連れなら、なんのその、エンヤコーラでございますよ。今回はジャケットなど着用に及ぶ仕事がらみでしたので、小さいスーツケースを引きずっていきましたから、あれこれ買い込んで帰るのに便利でした。/このジャムは、色も名前もじつにスバラシイ、大傑作だと思います。朝焼け色のジャムつくり倶楽部、立ち上げちゃいましょうか。

◇こてちさん◇
わたしも毎年お返事している気がしますが、紅玉ファンです。ただ惜しむらくは、このりんご、果肉がボケやすいのが難点ですね。今回のも家に持ち帰った時点ですでにカリカリ感は失われておりましたので、全量、ジャムとケーキにしました。/cincoさんのレシピ、あれほど丁寧にする繊細さは持ち合わせていないので、ガサガサとガサツに再現を試みるだけですが、それがご覧になる方のハードルを下げて「やってみようかな。」と思っていただければ、これ幸いでございます。どうぞお試しあれ。

◇ж∫цжさん◇
ああ、そうでした。cincoさんのところでご縁を拾っていただいたのでしたっけね。こんな強力なウリ猫ファンと巡り合わせていただけて、ありがたいことです。/銭湯の暖簾? あー、ほんとだ、写ってましたね。ワハハ♪ そういえば、おとといは久しぶりに「夕陽風呂」に浸かってましたよ、この猫。

◇まちゃさん◇
このジャムは、ぜひぜひお試しいただきたいです。私は前から皮を捨てない主義で、皮ごときざんで煮ていたのですが、なぜかこの色にはなりませんでした。舌触りも悪いですし。これは、初めに皮だけを煮て、取り出した皮をザルに入れ、お玉でぐりぐりと「色をこしとる」感じにすると、ほんとうにほれぼれする色に仕上がりますよ。ぜひお試しくださいな。

  • ニャンタのおば
  • 2017/11/09 11:24