ウチノさん

★日本語【「うちの」考#本論】

 

 

 

きのうご紹介した、うちのルリタテハさん。

 

PA270008.JPG

 

お隣の庭に飛んでっちゃったけど、

うちの庭で生まれた、うちのルリタテハさん。
 

 

――に、からめて、
今週の日本語バナシに続きます(↓)。

 

 


***
 

 

【「うちの」についての小さな提案】※下の方に猫写真アリマス。


「うち」は、「そと」の反対。
でも、最も多い用例は、「おうちに帰ろう。」とか、
「今度うちにおいでよ。」というたぐいでしょう。
この場合は、「わが家」ということですね。
 
ほかに、「うちの社長」「うちの男性陣」なんていうのもあり、
その人が帰属している会社などの組織や団体も指します。
「うちの町内では」なんていう言い方になると、もう
「私(たち)の」という形容詞みたいになっています。
 

 
ある人(男性)と話していたら、ご自分の配偶者のことをしきりに
うちのが作った料理」「うちのに聞いてみる」のように、おっしゃる。
つまり、「うちの」=「僕の妻」です。
僕のが作った」は、いくらなんでも「所有物」みたいでイヤだけど、
うちのが作った」は、いい感じです。
 
べつに珍しい言い方でもありませんが、聞いているうちに、
お、これは便利じゃ、使えるぞ、と思いつきました。
私が、その方の奥さんを呼ぶのに、便利だわ、と。
 
「へえ、これ、ウチノさんが作ったんですか? おいしい!」
「今度、ウチノさんもいっしょに飲みましょうよ。」
 
これを、人名の「内野さん」と同じアクセントで言ってみた。
 
そしたら、大いに気に入っていただけまして、
今のところその方との間だけですが、すっかり定着しております。
 
**

これの便利なところは、性別を問わずに使えるところ。
男だろうが女だろうがどっちでもなかろうが、汎用性がある。
その人の大切なパートナーを指すのに、広く使えます。
 
「ところでウチノさんて、今何歳なの?」
「お前んとこのウチノさん、酒豪だよなあ。」
ウチノさんによろしくね。」

主従関係もないのに「ご主人」なんて呼ぶのはイヤだけど、
「オットさん」ではオットセイみたいだよな、とか、
名前を呼ぶほど親しくはないけど、「奥さん」はよそよそしいし、
――なんていうややこしい配慮もせずにすみます。
 
問題があるとすれば、内野さんの場合でしょうか。
「内野さんのウチノさん」は、いささか混乱しそうです。
アクセントを変えて、「高尾山」と同じにしてもいいかも。
 
いかがでしょう?
ひとさまのパートナーを呼ぶのに「ウチノさん」。
 
あ、配偶者には限りませんぞ。
「猫ちゃん」という呼び方がこそばゆくてイヤな人だったら、
「これ、お宅の黒っぽいウチノさんにどうかと思って。」
なんて具合に使えそうです。
 
***
 
では、おまけ写真。
「肩こり解消!きれいになろう!体操」をご披露します。
しばし、おしごとの手を休めて、ごいっしょにどうぞ。


はい、おーきく首をそらしてぇ、

P1290348.JPG




んべっ!

P1290347.JPG



 

ゆ〜っくり首を倒してぇ、

P1290346.JPG



 

んべべっ!

P1290345.JPG


 

きまったにゃ。

P1290354.JPG


おたくのウチノさんはお元気ですか?
 

にほんブログ村 日本語(外国語)へ  人気ブログランキングへ

 

コメント

もぅ〜ウチノさんと呼ぶところだけでも可笑しかったのに
『高尾山と同じにしてもいいかも』
で,高尾山のアクセントで頭の中にウチノさんが鳴り響いて
どっと笑ってしまいましたヾ(▽≦)
ホントに可笑しかったぁ(≧▽≦)
決まった!ウリちゃま,ほっぺふくふくで可愛いです(^^)

  • ж∫цж
  • 2017/11/14 11:01

おばさまの灰色シマシマウチノさん どうしてそんなにかわいいのですか!

ルリタテハの幼虫 何度拝見しても「うおぉ〜!」
イラガもすごいけれど。
円谷プロはウルトラマンの怪獣になれますよ。
自然は本当に不思議ですごい!!

  • きゃろりん
  • 2017/11/14 16:29

高尾山のアクセントがいいと思います。
しかし、孝雄さんだったらどうする?(^▽^;)

ウリちゃんは横に面長で!目々が大きくて
お鼻がちいちゃいところがカワイイ!! ンベッ。


◇ж∫цжさん◇
するっとツボに入りましたようで、書き手としては、うれしい、うれしい。/きょうのわが家上空はぺっかぺかの快晴で、ウリのほっぺたは、お日さまを吸ってふくふくまんじゅうでございますよ。

◇きゃろりんさん◇
ねえ、どうしてでしょうねえ。ケシカランですね、猫ってやつぁ。/昆虫を初め生き物のデザインって、ほんとに「そう来たか!」のオンパレードですもんね。怪獣映画の制作者はみなさん参考にしていると思います。奇想天外過ぎます。

◇きなこ姫さん◇
えっと、もしかしたら何か誤解があるような。高尾山を引き合いに出したのは、音ではなくアクセントの参考のためですので、孝雄さんの出る幕はないかと。「ウチノさん」の「ノ」にアクセントの「肩」を置いて発音なさってみてくださいませ。/「横に面長」! まさに言いえて妙でございます。アハハハ。

  • ニャンタのおば
  • 2017/11/16 10:19