うちの子

★日本語【「うちの」考#序論】






にゃっぽん青空党、公認候補、
灰色しましま氏。
 

P1290368.JPG





この青い空の向こうに、
この国の希望が見える。

P1290370.JPG
(ヤマボウシの最後の一葉)




心には、
ピンクの、はあとを!

P1290358.JPG



ハート


――というのは、前座でして、
きょうの主役は、
こちらの、このお方。

PA270008.JPG

ルリタテハです。
羽化したてのホヤホヤです。

うちの子です。

今しがた、わが家のホトトギスの群落から飛び立ったばかり。
まちがいなく、うちの子です。


なんでそんなに確信を持って言えるのか、って?


じつは秋の初め、近くに住む知り合いから里親を頼まれました。
その人の住む団地の庭に、この蝶の幼虫がいるのだが、
もうじき全面的に草刈りが入ることになった、
どうしよう、みんな死んじゃう、というのです。

たいていの蝶や蛾の子どもは、食べる草が決まっています。
適当に近くの草地に移してやっても、生きてはいけません。
ルリタテハの場合は、たとえばホトトギスという草が必要です。
わが家の庭にはホトトギスがいっぱい生えています。
で、引き取りますよ、と申し出た次第。

ホトトギスの枝に「たわわ」に実った幼虫6匹。
(どんなかな?とお思いの方は、⇒☆こちらの図鑑へ。)


ムシ嫌いの人が見たら悲鳴を上げそうな図ですが、
その人が大事そうに運んできたのを、
うちの庭に放したのが、9月21日のことでした。

蛹になるところは残念ながら確認できませんでしたが、
この朝、まさに瑠璃色の光が、足もとから飛び立ったのです。

ね!

ぜったい、うちの子でしょう?



どうせなら、うちの庭で撮影させてほしかった。
目一杯ズームにして、めいっぱい腕を伸ばして撮影。
なんでお隣の庭に行っちゃうかな。

ルリタテハは、成虫で冬を越します。
小春日和の日には、また姿を見せてくれるでしょう。
たのしみ、たのしみ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
 

※長くなってしまいましたので、このつづきは、明日火曜に!

 「うちの〜」という表現についての小さな提案です。

コメント

綺麗ですね〜、ルリタテハという名前の響き、瑠璃色の羽。 
こんな隠し子がいたなんて。 なんてロマンチックなんでしょう。

畑のキジが巣立ったあと、挨拶なしかとがっくりしていた父を
思い出しました。

  • おっチョコ
  • 2017/11/13 08:12

ルリタテハ
美しい蝶ですね(^^)
しかもこんな時期に。
冬を越すのですか、強いのですね。

「ピンクのはあと」もとても素敵よ、
灰色しましまさん。(^^)v

  • まちゃ
  • 2017/11/13 09:00

わぁ〜キレイな羽の色(▽≦)
きっとこのおばさまの庭のホトトギスを覚えていて
次回また卵を産みに来てくれますね(^^)
事務所の小さい花壇にも,いつもモンシロチョウや
シジミがゼラニウムに卵を産みに来ます。
葉っぱは食べ尽くされてしまいますが,こんなクセの
ある葉っぱでも,もりもり食べて蝶になってくれるのが
嬉しくて,いつも見守っています。
ウリちゃまの凛々しく希望に燃える表情も,ハートも
青空に映えて可愛いです!

  • ж∫цж
  • 2017/11/13 12:37

しましま氏の舌先と比肩する美しさ〜〜♪

それにしてもこの幼虫の禍々しげな刺々しさはなんとしよう!
喰われそうになったときに、飛んで逃げるわけにはいかない身を守る
ためであろうことはわかるんですけど、ものすごいわ。
これがたわわに……、いや、よかったよかった。
おばさまのうちの子になれて!!
実家の庭へ戻っておいで〜〜〜〜♪

得手というわけではないですが
幼虫のお姿を拝見。。。。すげっ!
全身が線香花火ですやん!
でも、なんか、かわいい。。。
そして羽化すればうつくしき瑠璃色の羽、
いやあ、自然界の芸術の仕組みはすばらしいですなぁ。
道を横切るケムやイモに視線が釘付けになるのは
おばさまの薫陶ですとも。

  • 藏ゆ
  • 2017/11/13 15:34

灰色シマシマ氏に投票いたしますとも!

幼虫さま 想像を絶する 奇想天外な変身ざますね。
6匹の幼虫が「たわわ」に実った様を拝見したかったな。
自然というのは まことに素晴らしい。
成虫になって きれいな姿を見せてくれ良かったですね。
里親冥利につきますね おばさま。

  • きゃろりん
  • 2017/11/13 19:30

うちにもホトトギスがあるけれど、一鉢だけだからルリタテハはこないな〜
でも、幼虫時の強烈な姿を見たら声はあげないまでも、「どうぞお腹いっぱいお食べ」と
鷹揚に構えてはいられない気がする…

ルリタテハさん、ちょっと離れたところから自分の育ったお庭を見てみたかったのかも。

  • 三毛猫
  • 2017/11/13 21:41


◇おっチョコさん◇
おや、お父さまは畑をお持ちですか。しかもキジの一家をかくまえるほどの? いいですなあ。うらやましい。そのうち、桃太郎を連れてお礼に来るのを待ちましょう。

◇まちゃさん◇
ジミ〜な裏地に、この1本線が決まってるし、ふちのギザギザもしゃれた蝶でしょう? 多くはないけどそれほど珍しい蝶でもないので、たまに、都内の住宅地でも、黒っぽいアスファルトで羽を広げて日光浴してるのを見かけたりできますよ。/ピンクのはあとは、たまにごほうびに写真を撮らせてくれます。

◇ж∫цжさん◇
そうなったらうれしいですね。この子たち以前にも、ちょくちょく見かけてはいたので、とっくに卵は産んでくれていたのかもしれません。ガサツな私、それと知らずにこれまでいくつも卵をダメにしていたかも...... やっぱり草取りなんかすべきじゃないですね、うん!/ж∫цжさんの職場はドクダミも採れるし、小さなおたのしみがあっていいですね。/ウリ候補の脳みそは、いつでも希望でいっぱいです。

◇こてちさん◇
「たわわ写真」も撮ったのですが、ブログに掲載したらなけなしの読者を失いそうだったのでガマンしました。でも図鑑を見てくださったんですね。ほんに、いきなり殺虫剤を手に取る人が多そうな、おそろしい姿かたちですよね。この知人は、まず私に幼虫の写真を撮って見せてくれたんです。それでルリタテハというきれいな蝶になると教えてあげたら、保護してくれたのです。「いきなり殺虫剤!」の人じゃなくて、ほんとによかったです。

◇藏ゆさん◇
うっふー。たしかに、遠野にいらっしゃる前の女将さんだったら、いきなり悲鳴を上げて逃げ出したでしょうね。それを、すげっとか、かわいいとか言えるお人に成長なさって(成長ですとも!)、そこにわたくしの薫陶(げほげほ)があったのだとすれば、光栄です。幼虫時代のイソギンチャクみたいな凝りまくったつのつのも、見てるとかわいいですよねっ♪

◇きゃろりんさん◇
あ、清き一票をありがとうございます! けど、マニフェストは読まなくていいんですか?(ろくなことは書いてない気がします。)/「たわわ」写真、どこかでこっそりお見せする方法はないかしらん。一生懸命葉っぱをかじる小鬼みたいな姿が、かわいかったですよ。昆虫の変態は、ほんとうに神秘としか言いようがありません。

◇三毛猫さん◇
たしかに、一鉢では子どもたちの食欲を支えるのは厳しいかもしれませんね。でも、もしも来てくれたら、どうぞ腹いっぱい食べさせてあげてくださいませ。こんなうつくしい恩返しを見せてもらえると思えば、いいじゃありませんか。ねねっ?

  • ニャンタのおば
  • 2017/11/14 08:52