何を話そう?

 

 

 

 

おお、

 

ウリよ、

 

ウリぴょんよ。

 

 

 

 

にゃっ、にゃに?

 

P1310215.JPG

 

 

 

 

ウリちゃ

 

どうして

 

そんなに

 

かわいいの?

 

 

 

 

 

んーとね......

 

P1310216.JPG

 

 

 

 

 

あんまりかわいいと、

 

迷惑なんですけど!

 

 

 

 

そ、そんな......

 

P1310221.JPG

 

 

 

花

 

春休み恒例、留学生は見た!シリーズ

 

6人めは、韓国のKさんです。

 

  何度も同じことを聞かれてウンザリしたことと言えば、「どうして日本(または千葉大学)に留学しに来たんですか」、「いつから日本語勉強したんですか」、「韓国では〇〇があるって聞きましたが本当ですか」などである。もちろん彼らにとっては、とても気になることであるし、聞いてくるのも当然だと思う。しかし、このような同じ質問を何十回も聞かれた私としては、このような質問を受けると「またか」と内心思ってしまう。

 日本人に対しては、初対面に「どんな大学に通っていますか」とか聞かないのだから少し理不尽だとも思う。大体、日本人と会話をするとこういう話ばかりしてしまうので、少しは私のことをことを外国人とか留学生ではなく、一人の人間として見て欲しい。

 

 

ううむ......

そうであろうなあ、とは思います。

お気の毒に、とも思います。

 

でも、

しかたないんじゃないかしら。

 

たしかに、大学名をことさら話題にするのはぶしつけかもしれませんが、

留学生は、多かれ少なかれ「祖国代表」みたいなところがありますよね。

そして、初対面の日本人にとっては、「話のとっかかり」が必要です。

そんなわけで、

どうして日本を選んだんですか?

今、お国の〇〇が人気ですね。

――なんていう話題が、無難な会話の糸口になります。

 

だから、ちょっとだけガマンして、

つきあってくださいな。

 

そうこうしているうちに、

一人の人間として「ほんとうにしたい話」を交わせる日本人が、

きっと見つかると思います。

見つけてください!

 

 

きょうも朝からすでに50回ぐらい

「かわいいねえ!」を連発しているオバです。

 

猫ら、ウンザリ。

でも、ほかに言うべきセリフが見つからんのよ〜。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

 

コメント

Kさんの文章が(文法?)とてもきれいな
しっかりとした日本語で素晴らしいなぁと
最初に思いました。
以前の留学生は見た!で『脚が長いですね』や
『目が青いですね』(これありましたよね?)や
『日本語がお上手ですね』がいやと仰っていた
かたがいらっしゃったと思うのですが,素直な
感想と言うか悪気はないのだけれど・・・と
思っていて,今回のKさんの仰っていることも
同様に感じてしまいます。
でも度々,そしてどこでも同じことを聞かれたり
言われるのは,やっぱり不快に感じるのも,とても
よく解ります。
ウリちゃまとおばさまのやりとりと,ウリちゃまの
表情が可愛いです(^^)

  • ж∫цж
  • 2018/03/09 13:26

お釈迦さまでも草津の湯でも 「猫かわいい病」は治せやしませんて。
ここは おばさまも猫さまも諦めなすって。
いいじゃぁねぇですか 春ですぜ。
たしかに 可愛すぎるのは 罪でございますなぁ。

ж∫цж さん 私もKさんの日本語は きれいでしっかりとしていて
素晴らしいと思いました。
どの留学生の方も 一生懸命伝えようとしていていいなぁと思います。

  • きゃろりん
  • 2018/03/10 07:48

きゃろりんさん♪
自分が書いても,こんなにしっかりと伝えられるかなって
思うほど,Kさんの日本語はすばらしいですよね(^^)
そして本当に留学生の皆様のお話しは,興味深いです!

  • ж∫цж
  • 2018/03/10 10:26

留学生のみなさんのお話をうかがっていると、
考えすぎてしまってなかなか書き込めないくらい、
示唆に富んでいますね。
kさんには少しのあいだとっかかりのお話につき合ってただいて、
一歩も二歩も踏み込んだお話ができる話し相手を、
ひいては友人を持っていただきたいと、
先生同様、切に願います。

「日本人は……」とひとくくりにするつもりはないんですが、
情報として相手の背景とか立場を知っていないと
不安を感じるヒトがかなりいると感じております。
逆もまた真なり。
退職後に「元××会社専務」といった最後の役職を記した名刺を作る方々が
少なからずいると聞いたときは背中がすっと寒くなったものでした。
これは極端な例としても、個人にくっついている、
そのヒトの立場がわかりやすい肩書きとか××大学生といった
情報がないと不安になる傾向はありますよね。
的外れなことを書いているかもという不安を
今、感じておりますけれど。

英語がらみの仕事をしてきたものの、卒業大学に英文科がないもので、
エライ方々からのその手の質問に答えるのが
面倒だったという経験をバブル期にしたわたくしは、
Kさんのお気持ちが少しわかります。

そして、長文をだらだら書いてから、
灰色シマシマさんが「あまりかわいいと迷惑」というのは、
究極のほめ言葉として名言だなぁ、
と思ったことを書き忘れたことに気づいてさらに長くなりました。
たいへんお邪魔いたしました。


◇ж∫цж(1)さん◇
多少とも「〇〇国大使」の役割を担わざるをえない留学生には、ウンザリする局面は多いだろうな、と思います。ただ、「足が長い/目が大きい」と「日本語がお上手」は、同じホメことば(のつもりのことば)であっても、かなり性質が違うと思います。以前も書いたことですが、自分の意志や努力では変えられない身体的特徴をあげつらうのは、たとえそれがホメているつもりでも不快に感じる人はいるということ、そこを忘れてはいけないと思うのです。下手をすればセクハラになる行為です。それに対して「日本語がお上手」のほうは、「お世辞」に類する行為、つまり「120%のホメ」であるのが、いやがられる要因でしょう。「100%のホメ」なら、喜ばれるはずです。/猫らには100%ちょうどのホメしか言わないんですが、それでも、はて、日に何回同じことを言っているやら......

◇きゃろりんさん◇
治んないですかねえ。絶望的ですねえ。やー、こまったこまった。/韓国語を母語とする学習者の日本語は、ほんとうにみごとです。もちろん本人たちの努力はありますが、文法体系が日本語に近いというのは、強みですね。

◇ж∫цж(2)さん◇
韓国語母語話者ならではの強みはありますが、それを差っ引いても、みごとな文章ですよね。何より、言いたいことをしっかり持っている、というのがすばらしいです。日本人もむやみに英会話学校に通ったり小学校で英語を教える前に、「言うべきことを持つ」ことを身に着けるべきではなかろうか、と愚考いたします。

◇こてち(1)さん◇
「情報として相手の背景とか立場を知っていないと不安を感じるヒトがかなりいる」、ああ、たしかに、それは感じます。「元××」の名刺にはほとんど哀れを覚えますが、もしかしたら受け取るほうも、そういう情報をもらったほうが安心して向き合えるのかもしれませんね。でも、これは別の韓国人学生の発表で聞いたのですけれども、韓国人も初対面でかなりプライベートなことまで聞くと言っていました。年齢もズバリ聞くことが多く、その点は日本人より突っ込んでいるかも、と。そうしないと「どの文体でしゃべるべきか」が決められないから、と言っていました。

◇こてち(2)さん◇
名言認定、ありがとうございます。ついさきほども、「どこまで調子に乗るつもりだ、いいかげんにしなさい!」と、かわいすぎる猫にお説教を垂れたところです。

  • ニャンタのおば
  • 2018/03/11 11:40