過保護?





屋根の上でカラスがダンスを踊ってる。

それを気にする、灰色しましまのウリ。

P1310241.JPG




目が真剣です。

P1310235.JPG




そんなウリすけが乗っかっているのは、
オバのカーディガン。

P1310238.JPG

ちゃぶ台でしごとをするオバにぴったり寄り添ってくる姿が、
何だか寒そうに見えたので、毛糸のものを提供したのでした。
過保護かしらん?
 


花


春休み恒例、留学生は見た!シリーズ

10人めは、タイのKさんです。


いやなほどではないが、少し「なに?」と思ったり違和感を感じたりすることがたまにあった。例を上げるとして、日本人の友達が私のことを心配しすぎるというようなことがあった。この前、一緒に出かける時、私の所から6〜7つはなれているえきに待ち合わせすることにして、何回も「一人で行ける?」や「大丈夫? 行き方わかる?」と聞かれた。私は日本に初めて来るわけでもないし、いつも一人で電車に乗って出かけるから、そんなに心配しなくていいのにと思った。しかも、一緒に出かけてみた詰果、私は何回も東京に遊びに行ったことがあるから、私のほうが詳しいということがわかった。

 

 




もしかしたら、もしかして、
保護者意識が働いてしまったのかもしれませんね。

少しでも「ことば」に問題がある相手に対しては、
「守ってあげなくちゃ」という意識が発動しやすいようです。

 

「親切」と「お節介」と「上から目線」、

とても微妙で繊細でむずかしい問題だけれど、
守り手(=保護者)は、どうしても「上の人」の意識になりがちです。

先日ご紹介した韓国のLさんのタメグチ問題と、

深いところでつながる心理かもしれないな、と思います。
 

でも、

このお友だちがKさんを大切に思っていることは確かですよね!

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

 

コメント

相手のことが心配で何度も聞いてしまうの,よく解ります。
大切な人でないなら,ちゃんと待ち合わせの場所に
着くことが出来るのか・・・とか,気になりませんもの。
過ぎたるは及ばざるが如し・・・みたいなことでしょうか(^^;)
ウリちゃま,ホントに可愛いです!!
透き通ったお目めで真剣に見ていますね(▽^)
以前の,あの『スノードーム』のウリちゃまのお目めを
思い出しました☆

  • ж∫цж
  • 2018/03/24 13:27


◇ж∫цжさん◇
親切と上から目線、同じ線上にあるもののような気はしますが、案配と表し方によって、ずいぶん受け取る側の気持ちは違いますよね。心したいと思います。/そしてスノードームのこと、ありがとうございます。書いた本人がすっかり忘れておりまして、どんなんだったっけ?と見に行って(http://nekonanihongo.jugem.jp/?eid=1078)そうして改めてうっとり見惚れてしまいました。※ぽぽろさんからいただいていたコメントにも、遅ればせながら気づくことができました〜♪

  • ニャンタのおば
  • 2018/03/24 20:47