報告と自慢

 

 

 


高山から戻ってきたら、
いかにも事務的な感じの茶封筒が届いていました。
中身に心当たりはあります。

 

前の週に地元自治体の登録手話通訳者認定試験を受けました。
その結果に違いありません。

封筒がふくらんでいるのは、
吉か凶か。

えいっと開封したら――、
 

 

 



合格!

P1310408.JPG

手話の勉強を始めて3年と10か月、順調すぎて、こわい。
1回で受かることはまずない、と聞かされていたし、
自分でも、とくに読み取り(手話⇒日本語)はボロボロだった自覚があり、
万に一つ、いや百万に一つの希望も抱いていかんと思っておりました。

それが、
なんと、
いやいや、合格しちゃいましたよ、グリコさん。

P1310412.JPG

中の紙に「ここに連絡しろ。」とあったので、指示通り電話をしたら、
怒涛の説明が始まり、それを聞いているうち、ますますこわくなりました。
登録通訳者になるということは、通訳で報酬がもらえるということです。
つまりプロになるということなのであります。

うわあ......

とてもそんな技術が身についているとは思えない。
そもそも、言語としての手話に興味を持って勉強を始めたのであって、
通訳者になるのが目的だったわけではないのであって、
でも勉強を続けるには通訳者養成の講座しかなくって、

その受講のためには修了後の受験が義務づけられていて、だから、
だから、つまり、ええと、......

うわあ、うわあああ......

 

 


どうしよう、グリコさん。

P1310410.JPG

と、よく見たら、寝てると思ってたグリコさん、起きてました。
目が、目が、こわいです。

わかりました。
がんばります。
がんばります!

 

手話は、興味や趣味だけでやっていてはいけない。

必要としている人の役に立てなければ、学ぶ意味はない。

この3年10か月で、そのことがよくわかりました。

だから、がんばります!

***


薪ストーブライフ』32号(2018年3月)、出ました。
連載「私と薪ストーブの猫な関係」は4回目になりました。

P1310395.JPG



今回の主役は、この灰色しましまじゃなくて、
庭猫時代のグリコさんです。

P1310386.JPG

 

わりかし上手に書けてるんじゃないかと思うのよね。

ウリすけ、宣伝してくれる?

 




みにゃさん、よんであげて!

P1310388.JPG




おまけ。
高山で、春本番のような晴天に恵まれた1日、

母と、ゆっくり、ゆっくり、山辺の道を散歩して、

フキノトウを摘んできました。


P1310406.JPG

 

丸2日持ち歩いたので、アクを消すために油を多めに使いました。
黒いつぶつぶは、エゴマです。
われながら、上出来、上出来。

 

これは自信をもって、自慢させていただきますよ。

うんまい!

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

※水曜からは、また&まだ「留学生は見た!」シリーズです。

コメント

合格おめでとうござます!パフパフパフ〜♪
そうですとも。
せっかく身に着けた技術じゃございませんか。
それを役立てなくてはもったいないです。
必要とする方がおられるのですもの!
「ぐたぐた言ってんじゃないわよ」的なグリコさんの睨みが
もう全てでございましょう。
これからもご精進あそばしますよう
応援させていただきます!
ばむばれ〜っ!

  • 藏ゆ
  • 2018/03/19 08:48

お帰りなさいませ!
ご帰京とともに盛りだくさんな記事で「わーー」っとなりました。

なにはともあれ、合格おめでとうございます!!!
おばさまは(なまじ(ふふ))日本語を深く理解していらっしゃるから、
さらりと流せずに考え込んでしまわれることもあるかもしれませんが、
そうですとも、必要としている方々のためにここは人肌ふた肌気前よく。

経験の裏打ちが厚くなれば自信も芽生えてくると思います。
こんな手話通訳者さんの誕生はめでたい限りですもの、
応援いたしますっ! ね、グリコさん♪

わぁ〜1回ではムリと言われている試験の合格!!
おめでとうございます(▽≦)素晴らしいです☆
必要とされている方の役に立てるなんて!
なんて素敵なんでしょ(^^)
薪ストーブライフ,グリコさんが家猫さんになった
原因がそんなところにあったのを知らなかったので
『災い転じて福となす』グリコさん,人が大好きで
良かった♪
薪ストーブ・・・ホントに今回が最終回なんですか?

  • ж∫цж
  • 2018/03/19 19:29

スバラシイ!!!
合格おめでとうございます。
私も手話に興味を持っていますが、NHKの手話の時間を
時たま見るだけで、ズルズルと今日に至る(笑)
グリコさんは目を開けたまま寝ていらっしゃるのでは?
フキミソ、実に美味しそ〜〜♪
「薪ストーブライフ」興味はあれども、薪ストーブを使えない自分の
生活環境に落胆しそうで・・・今しばらく悩むことと致します(^^;)

おばさま おめでとうございます!
架け橋ですね。
おばさまは あったかい手話通訳さんになります 絶対。
留学生の方々への接し方も すごくいいですもの。
私も応援団に入れて下さい。

蕗味噌 おいしそう。
炊き立てのご飯にも おにぎりにも.....たまりません。
素朴で旬なおいしいものを、その調理法を知っている 財産ですね。

ウリちゃん&グリコさん 今日も薪ストーブの前で ご満悦のご様子。
それだけで嬉しくなります。
「あーた お安く出来てるわね」

  • きゃろりん
  • 2018/03/20 08:27


◇藏ゆさん◇
お祝いと応援、ありがとうございます! はい、グリコさんにしっかり睨まれました。ゴチャゴチャ言ってる場合じゃないですね。ひとさまから「やってみない?」と言われた仕事は基本的に断らないことにしてきました。やれると思われたから誘われたのだ、と自分を信じることにしたんです。だから、今回のこれも、きっとやれるはず、と自分に思い込ませて進んでみようと思います。

◇こてちさん◇
ありがとうございます! 自分で言うのもなんですが、ほかの受講生の方々に比べて「日本語を知っている」ことの強みは、確かにあると思います。手話には同形多義の表現がじつに多いので、そこに適切な日本語をあてはめていく「読み取り通訳」に関しては、私はかなり有利だったのではないかと。でも、通訳以前にそもそもの「読み取り」が苦手なので、道はこの先果てしなく遠い...... 利用者の方には迷惑をかけることになりそうですが、実践の場で技術を磨いていきます。がむばります。

◇ж∫цжさん◇
ありがとうございます! 手話通訳のランキングとしては最低というか、いちばん初めのとっかかりのレベルであるようです(地域通訳者→全国手話通訳士→東京都通訳者、の順に難度は上がるらしい)。でも、その分、地元の聾者とのかかわりの深い仕事になると思います。少しでもお役に立てるように努力します。/『薪ストーブライフ』、いつもお読みくださってありがとうございます。連載は年3回刊×2年の約束なので、あと2回ありますよ〜。/グリコの例の事件のこと、ご存じありませんでしたっけ? この前後の記事に書きましたので、よろしければお読みください。まー、大騒動でしたのよ。→http://nekonanihongo.jugem.jp/?eid=723


◇きなこ姫さん◇
ありがとうございます! ほぼすべての各市区町村に、手話講習会というのが無料で開講されているはずです。ぜひ一度お問い合わせになってみてください。役所か社会福祉協議会がやっているはずです。そして、どこも無料のはずです。おもしろいですぞ!/グリコは起きてました。ギロリと睨まれましたよ。明らかに「うっさい!」とおっしゃってました。/おお、伊豆高原+薪ストーブ+おいしいカレー屋さん♪ ぜっひ!

◇きゃろりんさん◇
ありがとうございます! あったかい手話通訳、なれたらいいなあ。そうなる前に、本人は冷や汗で風邪を引きそうです。でも、手話の勉強を通じて、ほんとうにたくさんのことを学びました。聾者の方々が、日本に暮らす日本人でありながら、ことばの通じない異国で生活している気分であるということなど、その最たるものです。少しでもその孤独と不安を軽減する力になれるなら、こんなうれしいことはありません。/フキ味噌は、てきとーに作ったときほどおいしくできる気がします。今回はエゴマを放り込んだのが、上々吉でした♪

  • ニャンタのおば
  • 2018/03/20 09:34

危うく,あと2回の連載分を読み損ねて
しまうところでした(>_<)
慌てていつもお願いしている書店さんへ
追加のお電話完了しました(^^)
おばさま,ありがとうございました(▽≦)

  • ж∫цж
  • 2018/03/20 18:37

遅ればせながら合格おめでとうございます!
オバサマが繋いでくれるものは会話だけではないと
グリコさんもおっしゃておりますね。
もちろん同意いたします。
パタパタパタ〜♪(旗振って応援している音)

私も、遅ればせながら合格おめでとうございます!
3年10ヶ月も頑張られた成果、当然かと思います。
いろいろと活動範囲を広げていらっしゃるニャンタのおばさま
すっかり物覚えが悪くなった我が脳みそも
少しは刺激を受けて何か新しいことを始めるべきか…と思ったりして。

平昌パラリンピックではNHKさんが結構工夫をしていて、
私も、「あ、◯◯はこうするのね」なんて、
いくつかの表現を覚えたつもりだったんですけど、
すでに大半が石のようになっている脳みそを滑り落ちちゃった感があります。

ウリさん、グリコさん、ストーブのお部屋で暖かそうですね。
うちのもリビングに来ればいいのに、
断熱材のない壁で雨風防げるだけの物置の
猫ベッドで丸まってます。

  • クラ・ら
  • 2018/03/20 20:37


◇ж∫цжさん◇
いつも御贔屓くださって、ほんとうにありがとうございます! 次号も楽しんでいただけるよう、がんばりますね。

◇ぽぽろさん◇
あ、その音は、もしや三毛色のパタパタ耳さん? お祝い、ありがとうございます。/きゃろりんさんへのお返事に書いた通り、同胞に囲まれていながらコミュニケーションが成立しない聾者の孤独、というものがどれほど過酷なものかと思うにつけ、グダグダ言ってる場合じゃない!と覚悟を新たにしております。

◇クラ・らさん◇
こちらもお祝いありがとうございます。3年10か月「も」とおっしゃいますが、ここは「しか」と言うべきであろうと思います。曲がりなりにも通訳というしごとに使う、一個の独立した言語です。こんな短期間の学習歴しか持たない者にどれほどのことができるのか、不安でいっぱいです。ここは目をつぶって飛び出すしかありません。(いや、目をつぶっていてはしごとにならんですけれども。)

  • ニャンタのおば
  • 2018/03/21 09:22

遅れてしまいましたが
手話通訳者の試験に合格されたとのこと
おめでとうございます<(_ _*)>

前に住んでいた自治体で
初歩の初歩、の講習会に参加してみたけれど続かなかった私です。
言葉を学ぶのが苦手なのでありましょう。
日本語も、話すことが一番苦手です。
書くことの方がまだ苦手意識が小さいかな。

  • まちゃ
  • 2018/03/24 22:18


◇まちゃさん◇
ご祝辞ありがとうございます。私もほかの(音声)言語はとんと身につかない人生でした。手話⇔日本語の場合、聴覚と視覚という二つの感覚に分かれているのが体質に合ったように思われます。楽しみながらやってまいります。

  • ニャンタのおば
  • 2018/03/27 18:26