3月の上高地#3

 

 

このへんのケショウヤナギは背が高い。

ここしばらく大水が出なかったということなのでしょうね。

 

P3130072.JPG

 

私は人の名前を覚えるのが苦手だという自覚があったのですが、

どうやら山の名前もダメみたいです。

見えているのは穂高、だと思うのですが、

これから目指すのは明神岳のふもとだそうで、

その明神岳は、この写真のどれかです。

......あるいは、写ってないかもしれません。

(つまり何の説明にもなっておりませんな。すみません。)

 

 

 

夏には原宿なみに混雑する河童橋も、今は静かです。

 

P3130085.JPG

 

 

 

 

車道や遊歩道を好きに歩きながら、ときおり河原にも下ります。

ケショウヤナギの若い枝。

 

P3130096.JPG

 

 

 

雪のあるとき限定、河原を歩く。

 

P3130107.JPG

 

上高地もこの春はすでに何度か雨が降った後だそうで、

雪は固くしまっていて、カンジキなどなくても歩けました。

いや、ときどきズボッと腰まではまることもありましたが、

それもまた楽しからずや。

 

 

 

 

だれかさんのおちりを思い出すなあ。

 

P3130112.JPG

 

 

 

 

あちこちで見かけるこれは、サルの食事の痕だそうです。

 

P3130119.JPG

 

こんなものを食べてるんだねえ。

食物繊維たっぷり、などと冗談を言うのも気が引ける。

こんな栄養のなさそうなもので厳しい風雪をしのいできたのか。

春は近いぞ、がんばれ、サル諸君。

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

コメント

時々,腰までずぼっとって(>_<;)
ウリちゃまの,可愛いおちりを思い出しながら(^^)
ウリちゃまもきっとおばさまのことを考えていて
寂しがっているでしょうね(・・)
帰るとまたじ〜っとおばさまのふくらはぎあたりに
掴まって,幸せをかみ締めたり,そのままお昼寝したりする
姿が目に浮かびます♪
離れていても仲良しのふたり(▽`)

  • ж∫цж
  • 2018/03/30 19:45

きれいですね。
冷たいけれど澄んだ空気が伝わってきます。
ちいさないい旅ですね。
非日常は 大切なこと・ものを気づかせてくれますね。
ネコヤナギは 誰かさんのおちりと手触りに似てる。
心のなかで「ウリや」とつぶやいたのでは。

  • きゃろりん
  • 2018/03/31 07:58


◇ж∫цжさん◇
あら、お見通し。今回はいつもの帰省よりも1泊分、留守が長かったせいか、帰った日の甘えっぷりが濃厚でした。不在中の人物のことを「思う」っていう感覚、猫にもあるのかなあ。「淋しい」という気分はじゅうぶん持っているようです。愛おしや。

◇きゃろりんさん◇
つぶやくだけじゃなくて、なでくりまわしてました。ヤナギさん、いい迷惑。どうも猫飼いは、長旅には出られない宿命ですね。でも、1泊でも出かけて、今回は大正解でした。

  • ニャンタのおば
  • 2018/03/31 17:18