〜中

〜中ちゅう

ただいま、おしごとちゅう

P1040089.JPG

「Xちゅう(だ/です)」は、「(いま)Xしている」ということ。

Xは、名詞めいし
 ◇しごと、勉強べんきょう、会議かいぎ、工事こうじ、電話でんわ、運転うんてん、旅行りょこう、食事しょくじ、……


「〜ちゅう」は、名詞めいし
 ◇しごと中ちゅうだ/です
 ◇しごと中ちゅうねこ
 ◇しごと中ちゅうはなしかける。


【例文れいぶん
 ◇ウリは今いまおしごと中ちゅうです。話はなしかけないでください。

 ◇お ば 「グリコダイエット中ちゅうでしょう?」
   グリコ 「もう おわりました。」
   お ば 「え?」





お仕事しごとが終わりました。
P1040770.JPG
ふぅ。いいしごと した。

P1040090.JPG「いいしごと」



おつかれ! にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ いやいや。


☆・次回じかい、水曜日すいようびは、「猫中ねこちゅう」について!!・☆
コメント

あらっ、もっと派手なことになるかと思ったら
意外と控えめなお仕事で。ウリちゃん優等生。

「〜中」はよくふざけて「〜ちう」とか書く事がありますよね。
こういうのは日本語学習中のみなさんがみたら
まぎらわしいんだろうなあ。

coocooさんのおっしゃる控えめなお仕事のわけは
「ティッシュが一枚しか入っていなかったからでは
ないか」と、ウリちゃんのいい仕事について考察中。

ウリちゃん、なんていい子なの。
取りやすいように端っこに寄せてくれるなんて。
ウリちゃんのいい仕事に、感動中〜♪

  • 藏ゆ
  • 2012/02/27 13:40

◇coocooさん
 もっと派手なことになることもあるのですが、このときは控え目でした。
 ウリすけは、結果は気にしない、プロセスが大切だ、という仕事師なんです。

 拗音の「○ゅ」を、「ゅ」ヌキで書くやり方は、妙に愛らしくて好きです。
 拗音の表記に使うのは「イ段の音」だということを意識させるために、
 学習者相手の説明にも使える手段ですね。
 発音の説明にも使えますしね。そうだわ、いい手だわ。


◇こてちさん
 ぎっちり入ってました〜。
 あきらめたわけではなく、プロセスにさえ満足できれば、それでいいんだそうです。
 見習いたい姿勢です。(結果を出せ!という声は聞こえない。)


◇藏ゆさん
 感動中のところ水をさすようでもうしわけございませんが、
 取りやすくは、なかったです。
 いったん中央に寄せ、それからほぐしほぐし、そっと引き出しました。
 ぎ〜っちり端っこに寄せてぎゅぎゅっと固めてあったんですもの。

  • ニャンタのおば
  • 2012/02/28 08:21