テッちゃんに捧ぐ

 





もれなく参加のおじゃま猫が寝ているすきに――、

P1310447.JPG

きょうの記事は、テッちゃん各位に捧げます。



SL
 
鉄道ファンの方々は、こんな部分写真だけでも、
これが何なのか、おわかりになるのでしょうね。

P1310426.JPG

左右の大きなポケットとはべつに、
右の胸にこんなかわいいポッケが。


いわゆる「ナッパ服」です。
紺色なのに「菜っ葉」とは、これいかに。


まあ色の信号も信号と呼ぶ日本語ですから、
そのへんはご了承いただくとして、
このナッパ服は、国鉄時代、高山本線の機関士をしていた亡父のものです。


国鉄って何?と思ったそこの若人よ、
日本道のことですよ。
今はJRとか呼ばれている、あの組織です。


わが父は、その高山本線で蒸気機関車の機関士をしていました。
シュッポシュッポ煙を吐いて走るSLを運転していました。
かっけー。
(SL廃止後は、ディーゼル機関車になりましたけれども。)



P1310430.JPG

襟はキリっと詰襟で、袖はかわいいラグラン袖。
なかなかオシャレですよね。


乗務のときはもうちょっとカッチリした服だった気もしますが、
これだったのかなあ。
とにかく、頭には帽子をかぶって、
アゴひももシャンと締めていたような記憶があります。
 

ズボンのフライは、ボタン止め。
しかも比翼仕立てになっています。




退職してしばらくしてから、
「由美ゃ、こういうの好きやろ。」と言って、
私にくれました。


父はわりと体格のいい人でしたから、私にはブカブカでしたが、
それでも何だか心たのしくて、薪集めで山に入るときとか、
庭で薪を割るときに、たまに身につけていました。


でも、何しろ純綿製で、洗うとくっちゃくちゃになるし、
乾きにくいし、重いし、で、あまり実用的とはいえず、
ついついタンスの肥やしになっていました。


それが、1年ほど前、熱烈な鉄道ファンと知り合いになりまして、
何かの話のついでに、「私、ナッパ服持ってますよ。」と自慢したら、
たちまち目を輝かせて、見たい見たい!とおっしゃる。
そのあまりの喜びように、いや、もらってくださいな、と言ったら、
そりゃもう喜んでくださいまして。


で、さしあげることにしました。
ゴワゴワのナッパ服に、どうにかこうにかアイロンをかけ、
高山本線の思い出などをちょろりとメモにして、ポケットにしのばせました。

P1310434.JPG

 


しあげは、コロコロ。
猫飼いの家にある濃色の布というのは、どうにも厄介ですな。

P1310428.JPG

念入りに灰色しましまの毛を除去。




と、そうこうしているうちに、
何だか「父を嫁に出す」ような、妙な心境になってしまって、
ひとりで行かせるのは不憫なような気になってしまって、
ふだん使っていたお気に入りの風呂敷に包みました。
風呂敷さんといっしょに輿入れさせようという、ね。

P1310437.JPG

私より若いお人にもらっていただけたので、
その分、ナッパ服の寿命が延びたような気がします。

 
母も、話を聞いて喜んでくれました。
あんなもの欲しがらはる人がござるんやなあ。
それより、あんたがまだ持っとったことに、びっくりやわ。


めでたし、めでたし。
 
にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ  

※ほんっとにもう、何のブログなんだか、迷走しております。
 連休をまたいだら、通常営業にもどれるんではないか、と
 はかない望みを抱いております。
 今しばらく、ゆるゆるとおつきあいくださいませ。
コメント

すてきステキ!!なっぱ服(^^)
私はいわゆるテツではないけれど,仕事の服
ユニフォームとか大大大好きです!
ズボンにもシャツと同じ,可愛いぽっけが付いているのですね♪

  • ж∫цж
  • 2018/04/23 17:39

なんとまあ、ごわっとした手触りが伝わってくるようなお写真!
目のきつい純綿。
洗うのは手間のかかることでしたでしょうし、
摩擦が多くて着心地のよいものではなかったでしょうけれども、
大事なお仕事の緊張感のようなきっちりした作りですね。
ボタンは金属なのかな?
いいものを見せていただきました。

して、この小さいぽっけはなんのため、と決まっているんですか?
笛か時計くらいしか想像が働かず。

わたくしも通常営業に戻る見込みすらありません。
やれやれ。

この小さなポッケにいれるもの・・・
考えているだけで半日は暮らせそう(笑)
切符?と思いましたけれども、切符を持つのは乗客の方だわ。
笛?それだっ!それしかない!!←感動してしまいました。
母上様の高山弁?素敵です。

な〜んでも、お気の向くままにお書きくださいませ。

あ〜今夜もいいおはなし聞けて、ほっこり
しあわせ

  • vivi
  • 2018/04/24 00:35


◇ж∫цжさん◇
私も、作業着が大好きで、用もないのにワークマンに行ってみたりするクチです。あのとび職さんのだぼだぼズボン、買いたくてウズウズ。/やはりお気づきですか。そうなんです、ズボンにも、ちびポッケ。

◇こてちさん◇
おお、そこまで喜んでいただけるとは。こてちさんはほんとにファブリックがお好きでいらっしゃる。ボタンは、これはプラスチックでした。状態のいいものを一着だけ残しておいたのを娘にくれたのだと思うんです。だからさんざん着倒したもっと古いのは残っていませんでしたけれど、そういうのは、きっと金属ボタンだったんじゃないかと。で、ポッケは、時計用ですね。大きさといい、斜めになった口もとといい、まさに時計用! 先にクリップのついた鎖つきの、ずっしり重い懐中時計を持っていました。竜頭がついた、銀側の厚みのある懐中時計。そういえば、あの時計、どこ行ったかな。機関士も笛を持っていたかどうか、ううむ、記憶がぼやぼや〜。

◇きなこ姫さん◇
残念でした〜。時計でした〜。笛は見たことないような気がするんです。あ、いや、でも持ってたかなあ。とにかく、家族を連れて遊びに行くのにも、時計をつねに携行していたのは、よく覚えています。/ではダラダラとこの路線で......

◇viviさん◇
ありがとうございます。こんな話でほっこりしていただけて、こちらもうれしいです。

  • ニャンタのおば
  • 2018/04/24 09:24

再び失礼。
とび職さんのだぼだぼズボン…私も憧れで、ある日それをはいてるお兄さんに
「そのズボン、何ていうんですか〜?」と聞いたら、不思議そうな顔で
ちょっと照れながら「ニッカー」と答えてくれました♪
正式には「ニッカーボッカー」というんですね(笑)
そのものは穿けないので、それに似た下部が広くなってて裾がすぼまってる
パンツを見つけて穿いております(^▽^)
男だったらとび職になりたかった・・・かっけー!


◇きなこ姫さん◇
とび職さん、あこがれますよね。高いところに上がるの好きだし。しかし、あのだぼだぼズボン、ふだんにはくにはちょっと生地がゴワゴワしてそうですよね。サルエルパンツぐらいなら、自分でも縫えるかも......などと、インドやネパールもののお店をうろつきながら、身の程知らずなことを考えてみたりしますのよ。ところでニッカボッカで、『猫な日本語』を検索してみたら、こんな懐かしいぷっくらパンツが見つかりました。⇒http://nekonanihongo.jugem.jp/?eid=676

  • ニャンタのおば
  • 2018/04/26 10:22

ニッカポッカの幅は、偉くなるにつれ太くなっていくと聞いた事が。 やはり寅壱が人気のようです。

灰色しましまニッカポッカは冬以外も使用可能でしょうか。ふこふこ過ぎて、暑がりのわたくしには履ける時期が短いかも。

男の人に生まれたら、左官屋さんになりたいですっ

  • ねんねこ商会
  • 2018/04/26 11:57


◇ねんねこ商会さん◇
ほほー、太さが偉さの勲章? わかりやすいですな。猫壱のニッカボッカは猫専用ですの。ニンゲンが履くと、暑さもさることながら、その、ボリュームが出すぎたりなんかしまして、たいへんなことに....../左官屋さんになりたい! 私もです。以前どこかにそんなような記事を書いた記憶がうっすらと...... 何のときだったかしらん。忘却の彼方。

  • ニャンタのおば
  • 2018/04/26 19:43

こんばんは(^^)

上高地のお話から
ここまでゆっくり読ませていただいて
とても素敵な、お父様の制服のお話に
たどり着き、感動いたしました。
手放されるのは淋しくはないかな
なんて余計なことを考えました。

私も春先ばたついておりまして
やっとおばさまのお話の数々
じっくりゆっくり
読む時間ができました。
ありがとうございます。

  • まちゃ
  • 2018/04/27 22:48


◇まちゃさん◇
淋しいというのとは違いますが、何だかひとりで知らない人のところにやるのが不憫なような気持ちにはなりました。で、風呂敷おばさんに付き添いを頼んだ次第です。先様からはうっれしそ〜な笑顔の着用写真を送っていただきました。しっかりかわいがっていただいているようです。/4月はどうしてもバタバタしますよね。連休はゆっくりできそうですか?

  • ニャンタのおば
  • 2018/04/28 09:42