朴葉寿司2018

 




だだん!

P1310682.JPG

前の晩、しごと帰りに、
例のホオノキ(⇒☆)から
もらって来ました。




大きなのは、
ウリ猫がまるまる1ぴき

乗れるほどです。

P1310679.JPG



グリコさんにも検品依頼。

P1310677.JPG




猫らから合格をもらったので、
朴葉寿司の製造にかかります。


自分ちの庭にも、
食べられるものが生えてきました。


ミョウガの「親」と、
セリの新芽。

P1310688.JPG

ふつうソウメンの薬味などに使うのは、
ミョウガの花、というか、つぼみです。
あれは、ミョウガの「子」と呼んでいます。
べつに親子の関係じゃないんですけどね。


そして、セリのほうは、
買って来た根芹の根っこを植えといたら
勝手にずんずん増えてくれたもの。

 

 

というわけで、

ここまでの材料費は、

タダ♪



魚は、
鱒が手に入らないので、鮭です。

P1310690.JPG

あとは、

大きな葉っぱの上に、
酢飯と具をぽんぽん置いていくだけ。




くるんと巻いて、

お皿にキチキチに並べ、
上に鍋ぶたかお皿を置いて、
半日から一晩、室温で寝かせます。

P1310692.JPG

通勤路のホオノキさん、
今年もごちそうさま!

 



 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

コメント

おばさまクッキング!!
お待ちしておりました,朴葉寿司(▽≦)
何度見せていただいても,朴葉の柔らかそうな
葉っぱの緑色に鮭のオレンジ色が鮮やかで
目からも美味しいです(^^)
花より団子な私,自宅の近所の川沿いにイタドリが
たくさんあるのを,おばさまクッキングの
あとになって見つけて・・・
その時は既にお花もしっかり終わる頃だったので
来年は早めに!と今から企んでいます♪
来年も,きっと今年と同じ「あぁ忘れてたぁ〜」と
お花の終わる頃に気付くように思いますが(^^;)
むっとした表情の検品ウリちゃま,何て可愛い♪

  • ж∫цж
  • 2018/05/18 10:06

お寿司、とっても美味しそうです。食欲をそそる色で綺麗ですね。
立派な葉っぱですね! 二人(猫ちゃん)と比較するととても解り易い。ほほぉー…
猫飼いにとって(大きさや重さは)猫との比較が一番解りやすいんだ。と、今日発見しました。
といっても自分家の子が基準になるんですが。笑

  • chie
  • 2018/05/18 21:13


◇ж∫цжさん◇
朴葉は、こんなに大きくて繊維も強いのに、若葉のうちはほんとうにやわらかくて、やさしい手ざわりです。色もほれぼれするような鮮やかな緑、「うつわ」として使うのにはうってつけの材料ですね。/イタドリの花は、当地では盛夏というか初秋です。ж∫цжさんのところはずいぶん季節の進みが早いのですね。ともあれ、だいぶ大きくなってからでも、先端の葉っぱ2,3枚ほどはやわらかくて食べられますよ。来年はぜひおためしください。

◇chieさん◇
そうそう。すべてモノゴトの基準は、猫。自分ちの猫。猫飼いの生き方はそれでいいのだ、と思っております。ちなみに、ウリ猫が乗る葉っぱには、おむすび2個分のすし飯がしっかり包めます。

  • ニャンタのおば
  • 2018/05/20 11:10

こんばんは(^^)
またまた、申し訳なくも
まとめ読みさせていただいて
ここに到達いたしました。

ホオノキがお近くにあるのですね。
探してみよかな、ウフフ(^w^)
葉が見事です。
朴葉寿司、おいしそうです。
おばさまはお料理がお上手で
いつもうらやましく思います。

  • まちゃ
  • 2018/05/20 23:37


◇まちゃさん◇
お久しぶりです。駅から坂を上がって10分ほどのところですよ。うふふの、ふ。Kojiさんのお皿に盛ったらかわいいんじゃないでしょか。(お皿、活躍してますか? 催促がましくて恐縮ですが、コメント欄に何かひとこといただけたら、提供してくれた人がよろこぶと思います。)

  • ニャンタのおば
  • 2018/05/21 08:54

鋭意努力いたします。
しばしお待ちくださいませ<(_ _*)>
まことに申し訳なく(^^;

  • まちゃ
  • 2018/05/21 21:03


◇まちゃさん◇
催促してごめんなさいね。ただあれはブログ主が提供したプレゼントではなく、Kojiさんに思い入れのある方からの「委託プレゼント」だったものですから、何かひとことご挨拶をいただければ、と。よろしくお願いします。

  • ニャンタのおば
  • 2018/05/24 11:01