夏ざぶとんとストーブ

 

 

 

 

5月の最後の記事に、

このような写真はいかがなものか、

と思わんでもありませんが......、

 

この春の異常なまでの気温の乱高下を

記憶にとどめておくべく、

もっと前に使うはずだった写真を

フォルダから引っ張り出してきました。

 

 

 

ウリ猫が乗っかっているのは、

夏仕様の麻のカバーに替えたざぶとん。

 

P1310815.JPG

 

注:中途半端な乗っかり方は、

おばが胡坐(あぐら)をかいていたところに

むりやり頭をねじ込んできた結果です。

 

 

 

 

そして、

その目の先にあるのは、電気ストーブ

――というチグハグさ。

 

P1310811.JPG

 

5月半ばの某日、

あまりにも寒くて、

猫らが不機嫌な顔をしていたので、

もう何年も使っていなかった電気ストーブを

引っ張り出してきたのです。

 

 

が、

 

 

猫の判定はキビシイ。

 

 

 

 

こんなんじゃ だめです。

 

P1310813.JPG

 

ああ、さいですか。

 

 

というわけで、

せっかく片づけた火道具をまた出して(⇒☆)、

薪ストーブに炭火を入れたのでした。

※本格的に薪を燃やしたりしたら、

いくらなんでも暑くなりすぎます。

こんなときは、

炭火がちょうどいい具合なのです。

 

 

炭は、里山保全作業の

ごほうびにもらってきたもの。

 

 

ふと火窓をのぞくと、

何やらもじょもじょが!

 

P1310818.JPG

 

下の方はコナラの炭ですが、

上のアーチ状になってるのは、竹炭。

もじょもじょの正体は、

どうやら、竹の繊維なのでした。

 

 

そっかー。

竹は1年で20メートルも伸びますもんね。

重力に逆らって

自分のからだをささえるだけの、

強靭な構造が必要です。

 

 

竹の繊維って、すごいもんですな。

 

 

 



 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

コメント

さすがエジソンが「電球に使える!」と思った竹ですね。(電球に使われたのは京都府のですが)
1年で20メートルとは!!
自然の生命力はすごいですね。タケノコはおいしいし、無駄がない!

  • misa
  • 2018/05/30 13:54


◇misaさん◇
あー! そんな話がありましたね。タングステン、でしたっけ? こんなたくましい繊維なら、立派に電気を通しそうです。/竹はほんとうに有用な植物ですが、近年は管理の手が間に合わなくて、日本列島総竹藪化が進行中です。当地の里山保全活動でも、タケノコの「駆除」は、重大な任務ですのよ。

  • ニャンタのおば
  • 2018/05/31 10:31

ウリちゃまの,中途半端な乗っかりかた!
でもちゃんとお手てを前でそろえて,とっても
可愛いです(^^)
勤務先の事務所の裏のお宅が,築100年以上の
古民家(日本家屋)で,事務所の建物のすぐ裏は
そのお宅の竹やぶが隣接していました。
今はマンション業者さんが分譲マンションを建てて
竹やぶもなくなってしまいましたが,裏の竹やぶの
根っこが生きていて,事務所の建物の表の花壇に
(建物1戸分を地下で追い越して)笹の芽が
ちょこちょこ出てきます。
すごいことになる前にと,せっせとカマで切り取り
ますが,無駄な抵抗というか・・・
何年・何十年先に,事務所の建物を基礎から動かして
しまうんじゃないかと,本当に心配です(>_<)

  • ж∫цж
  • 2018/05/31 13:42

なんと美しい薪ストーブの中。
なかなかきびしいウリグリ攻撃でしたね。
ж∫цжさん事務所もすごいですが、家のお墓にも
隣の竹林の魔の手が。
塀は傾き 墓参の度 骨壺はひっくり返ってます。
お墓が倒れるのも そう遠くない気がします。 
竹とお墓が一体化して アンコールワットみたいになるね 近未来。

  • きゃろりん
  • 2018/05/31 20:16

きゃろりんさんのお話し,すご過ぎます(>_<);;
ご先祖様がひっくり返るほどに(・・;)
アンコールワット( ̄▽ ̄;)

  • ж∫цж
  • 2018/06/01 20:23


◇ж∫цжさん◇
猫って「段差」が好きですよね。半身だけ乗せて、澄ました顔でいることがよくあります。/ときどき植物と動物の違いがわからなくなります。とくに藤などの木性のつる植物とか、そしてこの竹など、動物の意志のようなものを感じて、怖くなることがあります。深く深く地中を潜りつづけ、そして、かすかな日の気配を感じると、ぐんぐん地上を目指すんでしょうか。もしかして、わが家の地下深くにも......!

◇きゃろりんさん◇
骨壺が! もういっそ、樹林葬ということにしたくなりますね。そのほうがご先祖さまも心安らかに眠れるような。/ウリグリ攻撃を口実に堂々とストーブが焚けたので、飼い主もうれしかったのでした。炭火は、かすかな空気の動きにこたえて呼吸するように明滅するので、見ていて飽きません。

  • ニャンタのおば
  • 2018/06/02 10:32