梅雨の晴れ間に

 

 

木曜日ですが、オマケの更新。

ちょいと明るい写真をお見せしましょう。

 

P6090089.JPG

 

薪ストーブの薪を手に入れるため、

この季節は、里山で保全作業。

雑木林の下草刈りに出動したのでした。

 

 

前夜の土砂降りがウソのように晴れ上がり、

30度を越える暑さになったこの日、

日なたは、サウナ状態でした。

 

 

休憩時間には、バタンと倒れて天を仰ぐ。

暑いといっても真夏のそれとは違います。

吹く風が、気持ちいい。

 

 

間伐された林の上には、

きれいな「ギャップ」が生まれます。

この「天窓」から降り注ぐ光が、

次世代のコナラやクヌギ(=薪♪)を

育ててくれるのです。

 

P6090098.JPG

 

下草も育ててくれちゃうから、

それを刈るのが大変なんですけどね。

 

 

それでもホトトギスの声に叱咤され、

つぼみをつけたヤマユリに励まされ、

がんばりました。

 

 

ごほうびの、キイチゴ。

 

P6090104.JPG

 

 

 

 

オカトラノオ。

 

P6090107.JPG

 

 

林業はたのしい!

 



 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

コメント

わぁ〜♪休憩時間に天を仰いで見る青空に
ごほうびのルビーのようキイチゴがきれいですね(^^)

  • ж∫цж
  • 2018/06/21 14:10

暑い中 お疲れ様でした。
筋肉痛、疲れ出てませんか?
里山・雑木林 少なくなりましたが大切な場所。
マンパワーで守られているのですよね。
よい仕事をなさいました。
あ〜自然ってきれいだなぁ。

  • きゃろりん
  • 2018/06/22 07:50


◇ж∫цжさん◇
行き倒れのトドのように地面に寝っ転がって見上げる空は、そりゃもうきれいでしたよ。

◇きゃろりんさん◇
じっくりしゃがむような動作は弓でもやっているからでしょうか、わりと筋肉痛は出ませんでした。でも慣れない長鎌で、革手袋をしていたのにもかかわらず、手の指にマメをこしらえました。/雑木林は自然とヒトの協働作業でできる風景ですね。

  • ニャンタのおば
  • 2018/06/23 10:33