滅私奉公


 

灰色しましまは、

忙しい。

 

 

猛暑続きの7月半ば、
『日本語びいき』の最終ゲラを
きびしく、校正ちゅう。

P7210048.JPG

(そばにいてくれるのは、うれしいよ、うん。)




充電ケーブルの世話も
しなくてはならない。

P7210041.JPG

(しないでくれ!)




ときには、
よりよい表現を求め、
空を見つめて沈思黙考。

P7210055.JPG

(一句できたわよ。
「飼い猫に机取られて、腹でおしごと」)

 

 


そんなこんなの激務で、
猫、ぱったり。

P7210046.JPG

(もっと涼しいとこで倒れなさい。)




花


さて、

留学生は見た!

5人めは、台湾のCさんです。

 


 前でも、今でも、ちょっと似っていることだと思う。日本人の"全心全力仕事を捧げよう"ということがいやだ。例一、前に日本会社に働いていた、外が熱くて、会社のために、業者訪問しに行くを決まった。補助をもらって、タクシーを乗っていいのに、日本人同僚は自払ってメトロを乗りたいと決まっていた。台湾人同僚は、理解できなかった。日本人同僚は"会社のために、節約する"と答えた。例二、前会社でも、千葉大でもあった。深夜なのに、日本人同僚まだはクラスメートは急に宿題/仕事についてのメッセージを来た。"返事しよう!"と言っていた。でももう出勤時間じゃないのに、さらにみんなはもう休んでいた。たいへん疲れましたね。(すべての日本人はそうではないのを知っているけど、日本人とよくこんなことがあったから、先生に失礼なところがあったらすみませんです。この五ヶ月に先生にお世話になりました。ありがとうございます(^.^))

 




私は勤め人の経験が短いのですけれど、

映画やドラマ、漫画などで、よく見かけます。

「経費で落とす」をめぐる

社員と経理課の攻防シーン。

 

 

あれから察するに、

社員というものは、

会社が払ってくれるお金は

ずんずん使いたがるのだと思っていました。

 

 

が、

どうもそうではないらしい。

Cさんの経験によれば、

どんなに暑い日でも

外回りの社員はタクシーなんか使わない。

使うなと言われてるわけじゃないけど、

会社に負担をかけるから!ですと。

 

 

なんと会社孝行な。

 

 

 

深夜のメールも、ううむ、ですね。

「公」の時間と「私」の時間、

きっちり分けて生活したいものです。

この点、「昔はよかった」かもしれません。

メールなんていう便利なものができたばかりに、

いつでもどこでも連絡がついちゃう、という不幸。

LINEなんかだと

ますます無視しづらいことでしょう。

 

 

**

 

 

話はそんなに単純でないとは思いますけれど、

こういう問題を解決するキーワードのひとつは、

「多様性」ではないでしょうか。

社会の多様性が増すことによって、

固まったものがほぐれやすくなると思う。

 

 

体力的に無理ができない人、

地下鉄の階段がつらい人、

太陽アレルギーで夏は外を歩けない人、

夜は断固10時に寝ると決めてる人、

3ヵ月みっちり赤ちゃんの世話に集中したい人、

家では猫語しかしゃべりたくない人、

そうして、

Cさんのような「外の目」を持った人......

 

 

――そんな多種多様な人たちが、

ゴチャゴチャ入り混じった社会になればいい。

 

 

そうしたら、みんなが、

オカシイことや理不尽なことに

気づきやすくなるんじゃないかしらん?

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 




 

ウリが全面的に協力してくれた、

ニャンタのおばの新刊です!

Amazonに飛びます。

 

 

コメント

〇 そぅそぅ、日本人では気づかないことを、外国の人たちは教えてくれます。
 この意志の交流が、取っ組み合いのけんかや戦争を防いでくれるのです…
 「猫に、つるべ取られて…」
 猫飼ぃさんは、みんな猫に対し”M ”なのですね〜 ♪
      <ののちゃんより> 


◇kitcatさん◇
気づきをもたらしてくれるのは、外国の人たち、そして自分とは違うカラダやココロを持った人たち、ですね。/「猫に〇〇取られて」の句は、いっぱいできそうです♪

  • ニャンタのおば
  • 2018/08/30 07:50

おばさまのご本がとっても面白く,なかなか読み進みません(^^)
まだようやく4つめを読み終えたところですが,何度も同じところを
読み返して「なるほどぉ♪」と進まないのです(^^;)
「う」と書いて「お」と読む!は,ワード入力で変換しても
自分の欲しているものが候補にあがらない・・・
私の場合は『待ち遠しい』や『王子様』などで
「あぁ,こっちか!」と文書などを打っている時に度々
感じていたことのお話しでした。
五十音表が動詞の活用表であるお話しは,本当に驚きと
停電していた暗い部屋に,当然ピカッと電気が点いたような
喜びがあります!!
ヨシタケシンスケ様のイラストもピタリとはまって
ほろりと笑ったり,ぷっと吹き出しながら拝見しています。
目次を読んでいて,こちらのブログで話題になった内容の
ところもあり,早く読みたいのですが・・・
なかなか進みません(^^;)
嬉しいもどかしさ・・・。
ありがとうございます♪

  • ж∫цж
  • 2018/08/30 13:28


◇ж∫цжさん◇
ああ、なんとも『日本語びいき』の狙い通りの読み方をしてくださって、うれしいうれしい。日本語ネイティブが気づきにくい日本語のスバラシサ、それを見つけるお手伝いができたなら本望です。ありがとうございます!

  • ニャンタのおば
  • 2018/09/02 09:10