お口直し

==9/29追記あり==


水曜の記事で、めずらしくソファにいたウリ、
この日は、夜に入ってもソファの上でした。


ぶすくれ顔も悪くはないけれど、

どうせなら、かわいい写真も撮りたい。

腕が悪いうえに、照明の暗いわが家では、

夜の写真撮影はかなり無理があるのですが、
へたれカメラマン、がんばりました。

 


暗いとかブレてるとか言いっこなしで、
以下、ご覧くださいませ!


P1320494.JPG

P1320488.JPG

P1320501.JPG

よーし。
その調子で、明るい抽選会開催と行こうじゃないの。


......って、この季節は、おばが忙しいのでした。
本業のほうで、新学期を迎えておるわけです。
いろんな準備が間に合っておらぬのです。


ねこちゅーはですね、何しろ、時間がかかる。
毎年毎年、とっても手間取るんです。
たとえば、⇒☆6周年の猫抽選会

==追記==

6周年の猫抽選会を楽しんでいただけたようなので、

もうひとつ、不正まみれの抽選会をご紹介します。

☆2015秋・日本はすでに法治国家ではない!

「周辺環境」とか「解釈変更」とかの語句が、

遠い昔のことに思える......

 

 

そんなわけで、委員長のやる気のなさをいいことに、
抽選会の開催は、もう少しあとになります。


ごめんにゃさいましね。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
 

 

【しつこくお知らせ】

新刊『日本語びいき』は、

Amazonなどでただいま品切れになっていますが、

街の大きな本屋さんには並んでいます。

ない場合、お店に言えば取り寄せてもらえます。

また、hontoというネット書店には在庫アリマス!

よろしくお願いいたします。

コメント

ウリさんのカワユさに、多分、おば様ドヤ顔。

  • motoco
  • 2018/09/28 08:58

明るい場所のウリちゃまのお目めが大大大好きで
暗い場所の真ん丸お目めも,やっぱり可愛いです♪

  • ж∫цж
  • 2018/09/28 13:38

明眸皓歯…これも死語になっているのでしょうね(笑)
しかし、ウリちゃんのお目々はまさに明眸です。
ふわふわの灰色コートも、スッキリとした鼻筋も可愛いですが、
私にとって最大のチャームポイントは、品のいい口元!
ま、早い話、全部可愛い!ですね。

  • hige
  • 2018/09/28 23:12

こんばんは。
ぶすくれ顔もおめめキラキラ顔も可愛いです〜!「東京ぼん太」を思い出しました(何人わかってくださるだろうか)。
バックナンバーへのリンクありがとうございました。『☆6周年の猫抽選会』を読んで秋の夜長に笑い転げてしまいました。いや〜、もう、最高ですね。今年はどんな抽選会になるのか楽しみでたまりません(その趣旨を忘れかけている)
秋の気長にお待ちしますゆえ。お忙しい中台風予報、心配です。お互い気をつけましょう。

  • おうめ
  • 2018/09/28 23:26

おばさまの撮ったウリちゃんがいちばん。

  • きゃろりん
  • 2018/09/29 16:50

ウリさん瞳が大きくて美人さん☆ 贅沢な毛並みやしお顔の毛も多いんですね。
あ、褒めてるんですよ。
ホッペや目の周りなんかフカフカしててゴージャス!

過去の「ねこちゅー」読ませて頂きました。笑
色んな手法での大抽選会!まさに一大イベントですねウリさん。
厳正で時に不正(?)もあり臨機応変なねこちゅー☆
今回はどんな風になるのか今から楽しみにしておりますね♪

  • chie
  • 2018/09/29 18:47


◇motocoさん◇
あら、そんなことございませんわ。あたくし、謙虚なたちですの。うちの猫がちょっとかわいいぐらいで、そんな、おほほほほ。

◇ж∫цжさん◇
明るければ水晶のドームがキラキラだし、暗ければ黒目がキュルキュルだし、まったく困ったものですね、猫の目ってば。

◇higeさん◇
そうなんです、そういえば、ウリは歯並びがいいんですよ。お母さん猫からたっぷり栄養をもらったもののようです。そしておちょぼ口! やっぱり?! 私も神社の境内で出会ったやせっぽっちの三角顔のときから、かわいい口元だなあって思ったのでした。同意見の方があって、うれしいです♪

◇おうめさん◇
東京ぼん太、うろ覚えです。まじめにテレビを見てない子どもだったんでしょうね。でも改めてWikiを見たら「いろいろあらあな」とか「夢もちぼーも」とか、記憶にある表現が出ていて、おお、この人が出典であったか、と知りました。日本語の記憶の地層に触れた思いです。/ええと、去年の抽選会で笑っていただけたそうですので、もう一つ前のもリンクをはっておきました。台風への備えがお済みでしたら、どうぞご覧くださいませ。

◇きゃろりんさん◇
にひ♪ 誰が撮ってもかわいく写っちゃうのが猫です。困った生き物ですなあ。

  • ニャンタのおば
  • 2018/09/29 19:03


◇chieさん◇
あ、コメントを見落としておりまして、失礼いたしました(わが家のインターネッターは、たまに「時差」があるらしいのです)。/ウリは、そうですね、短毛というにはフカフカ度が高いです。アンダーコートが充実していて、年がら年中換毛期です(「しお顔」? 「やしお顔」? の部分、能力不足で読解できませんでした)。/抽選会は、毎度あんな感じです。この週末中になんとかしたかったのですが、猫ら2名ともやる気ゼロ!

  • ニャンタのおば
  • 2018/09/30 10:41

ニャンタのおばさま、新たなリンクありがとうございました。さすがの臨場感溢れる実況、私には段ボールのへこむ音まできこえて、またまた大笑いでした。このブログはうっかり電車の中では読めないな、と思いました。時事ネタも盛り込まれ、おもしろすぎます〜。そして私もWikipedia見て、東京ぼん太は確かにある時期一世を風靡したけどきれいに消えてしまったな〜と思いました。昭和のひとりごと、皆様お気になさらず……

  • おうめ
  • 2018/09/30 18:26

すみません(汗)

● 贅沢な毛並みやし お顔の毛も多いんですね。(関西の方言です)
● 贅沢な毛並みなので お顔の毛も多いんですね。 となります。ご…ごめんなさい☆

ついつい関西弁で!しかも句読点が無かったので混乱をさせてしまった様で…
そうですよね。
方言を皆さん知ってるとは限りませんものね。
また一つ勉強になりました♪ありがとうございます。

  • chie
  • 2018/09/30 20:11


◇おうめさん◇
いえいえ、ひととき笑って過ごしていただけて、ようござんした。さかのぼってお読みくださり、こちらこそ、ありがとうございます。

◇chieさん◇
あっあー! そうでした、chieさん京都にお住まいの方でした。chieさんのブログを拝見しているときはごくすんなり読解できていたのに、このコメント欄では「そのつもり」が欠けていたために、誤読いたしました。「だ」の代わりに「や」を使うのは、出身の高山弁の特徴でもあるのに、いやあ、気がつきませんでした。いくら読点がなかったとはいえ、お恥ずかしい限りです。日本語教師としては、「こうかな? ああかな?」とあらゆる可能性を思い浮かべる力が必要なのに! お返事ありがとうございました。

  • ニャンタのおば
  • 2018/10/02 09:13