自主避難のお稽古




当地で台風24号が大暴れしたのは、
9月が10月に変わる晩のことでした。
この家に越してきて以来、

最強・最凶の風。


パートナー(使ってみた!)は留守だし、
まあ、いても役には立たんだろうけども、
屋根が飛んだらどうしよう、
雨戸もない南窓が割れたら
吹き込む風で屋根も飛ぶかも......

そうなったら猫らを回収して、そして......
そんなこんなで、本気で心配しました。


が、猫らはふしぎに落ち着いていました。
ですんで、おばもさっさと寝ることに。
グリコはいつもどおり2階のピアノ
ウリは1階のおばのベッドに。


で、これは、台風一過、

翌朝の2階のようすです。

画面右端に、ご注目あれ。

P1320796.JPG

なんと!
グリコが、グリコ用のケージに!
これまで自分から入ったことは
ただの一度もなかったのに!



あら、おはよう。

P1320787.JPG

グリコさん、えらい!
自主避難の練習ですか?
すごいです、すばらしいです!



何か月も通院してたときのイヤな思い出が、
やっと薄れてきたのかな。
そうやってときどき慣れておいてくださいね。

 

 

猫って、(意外に)えらい。
 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

 



 

【お知らせ】
『日本語びいき』(中公文庫)の電子版が出ました!
どうぞよろしくお願いいたします。
 
〇Amazon Kindle版
 〇楽天ブックス Kobo版

コメント

『あら,おはよう』のグリコさん,ホント清々しいと言うか
しゅっと若返ったようなキラキラしたお顔で
見せていただいている私まで,何だか嬉しくなります♪
ちゃんと避難訓練!すごいですね(^^)

  • ж∫цж
  • 2018/10/05 17:24

屋根も飛ばず、窓も無事で良かったです。
私も今年の台風は、風って体当たりするんや…と初めて恐怖を感じました。
にしても、グリコさんの可愛さ!
隣りの段ボールベッドではなく、キャリーに収まっている所が健気です〜。
猫による自主避難の見本を示してくれた訳ですね!さすがです!

猫の回収って表現が可笑しかったです。笑
あと、パートナーをさりげなくスマートに(?)使用されている所にじわじわと笑いが…
すみません。笑 失礼しました、どんどんお使い下さい!

  • chie
  • 2018/10/06 01:57

そうです。猫はえらいのです!(笑)

以前、懐かしがるかとお庭に出そうとしたら嫌がった
という記事がありましたね。
その時、ハッと胸を突かれました。
不安で、寒くて、寂しくて・・・戻りたくない生活だったのだなぁと。
嵐の音はそんな日々を思い出したかも知れませんね。怖かったね。

顔半分に後光があたっているグリコちゃん。
ここは安心だからね!
たとえ南の窓が吹き飛ぼうとも(笑) カンパイ!



◇ж∫цжさん◇
こてちさんもおっしゃってましたが、サビ猫って年が顔に出ないですね。体つきや歩き方はほんとうに年相応なんですよ、これでも。キラキララ〜♪

◇chieさん◇
風の体当たり、そうそう、まさにそんな感じでした。又三郎が何だかものすごく楽しそうに、メーター振り切って暴れまくってる感じでした。「怒って」じゃないんですよね。楽しそうだから、なおさらコワイ!/「パートナー」は、台風を引き連れて北上していたのでした。

◇きなこ姫さん◇
そうなのです! 「案外」とか小声でつけたしちゃあ、いかんのです!/あ、あの記事、思い出してくださったんですね。言われて改めて、私もはっとしました。呑気に暮らしているように見えていたけど、決してそうじゃなかったんですよね。うう、なんだか泣けてきた。今朝もトイレの後始末で泣かされたばかりですけど、愛おしや、グリコ婆さま。/御地では停電があったんですね。わたし、たまに歩道の点字板の上を目をつむって歩いてみるんです。10歩が限界。恐怖ですよね。

※きなこ姫さんが思い出してくださった記事は、こちらです。
http://nekonanihongo.jugem.jp/?eid=1419
そう言われてから読み返すと、泣けました......。

  • ニャンタのおば
  • 2018/10/06 12:35

いろんな意味で出遅れましたが、グリコさん、おはようございます。
ご著書を当方のLINEのタイムラインでシェアしてもよろしいでしょうか?
(悪)友人達からは「インスタ(じゃないし)映えねらい?」「あら、そんなご本読んで、えらいわね、R眼なのに」などのコメント覚悟で。
最後になりましたが、(逃げる時間が必要なので)図書館で借りましたの。(買いなさいよ)順番がなかなか来なくてやっと(だから買いなさいよ)。

  • motoco
  • 2018/10/07 16:14


◇motocoさん◇
シェア、どうぞどうぞ、いえ、どうか、お願いいたします。出版したものはもはや公共物ですもの。なるべく多くのお人の目に触れるようにしていただけるのは、ありがたいことです。/ええと「逃げる時間が必要なので図書館で借り」たというくだりが、読解不能であります。いったい何からお逃げになるのでしょう?? それはともかく、少し前に文藝春秋の社長さんが「文庫は借りずに買ってくれないと出版業が立ち行かない」という趣旨のことを発言なさって、軽く炎上してましたっけ。チョシャとしては、ええ、やはりお買い求めいただけるのが、何よりうれしゅうございます。とはいえ、こんなワタクシの書いた本を、借りてでも読んでやろうと思っていただけたことに、感謝いたします。

  • ニャンタのおば
  • 2018/10/08 17:37