ニコのこと





みごとなカリフラワーでしょ。
 

PB080072.JPG




冬の初め、

ひさしぶりに
イッコとニコを拾った場所に行きまして、
その帰り道、近くの農家の庭先で
買ってきました。
 

 

PB080077.JPG


==ご報告==

 

ニコあらため二胡が、
今年の初め、1月9日に、
猫神さまに召還されました。




里親さんからは、
いつもの「9月の記念日」に
お知らせをいただいていたのですが、
どうにも記事が書けませんでした。



だけれど、

今もイッコニコのことを

気にかけてくださる方はあるに違いない、

このまま年を越すのはいかん、と思い、
お知らせ申し上げる次第です。

 

※イッコとニコの名が初耳の方は、

欄外のカテゴリー、イッコとニコ

ふたりの記事をまとめてあります。

どうぞそちらをご覧ください。

 

 

**


まだ5歳。

お空に帰るには早い若さですが、

心臓に病気を抱えていたのだそうです。
しかし何しろ里親さんは獣医さんです。
治療にも看護にも手抜かりのあろうはずはなく、
自宅で看取られたとのことでした。




捨てられたのは目も開かないうちでしたし、
いっしょに拾われたイッコとともに
すばらしいおうちに縁づいたニコ、
ここは、乳母として言い切っちゃう。

 


彼は、しあわせな猫でした。


それでも......

やっぱりほのかに寂しい乳母です。
ちょいと思い出におつきあいください。








いつも困り顔だったニコ。

P1110352.JPG




ミルクの飲み方は
絶望的に下手でした。

P1110495.JPG



それでも順調に体重は増えた。

P1110330.JPG



カワイイのポイントも
きちんと押さえて成長。

P1110441.JPG




しかし子猫としてはどうなのか、
この寝顔。

P1120093.JPG




うーむ......

P1110445.JPG




これは、初トイレ。

P1110487.JPG

といっても、掘っただけ。

ほぼ毎日失敗しては、

洗面台のお風呂で丸洗いの刑でした。

 


何もかも、

利発なイッコに後れを取ってたよね。

お空に帰るのもゆっくりでよかったのに。


しかし、

彼には才能がありました。

「おもしろい猫」という才能が。

 

 

乳母の腹筋を崩壊寸前に追い詰めたのが、
このエピソード。




乳母の膝に手をかけて、

P1120013.JPG



睡魔と戦って、

P1110976.JPG



みごとに負けた、あの日。

P1110990.JPG

負けても、雄々しく立っていた!




やがて......

秋をひとつと冬の半分をわが家で過ごすうち、

ハツカネズミみたいだったのが、
ちゃんと猫らしくなりました。
乳母のお手伝いもできるようになりました。

P1150998.JPG





あたらしいおうちに出発するころには、
寝てても起きてても超絶カワイイ、

りっぱな猫になりおおせていました。

P1150654.JPG


えらかったね、ニコ。
しあわせだったよね、二胡。

あの日、拾われてくれて、

ありがとう。

 





イッコとニコが落ちてた場所。
見上げた空には、

出来すぎの飛行機雲。

IMG_0470.JPG




今度おりてくるときも、
白いコートにする気かな。

IMG_0474.JPG

 

おばちゃん、

ニコニコ笑いながら

白いきれいなカリフラワーを買ったよ。

 



バイバイ♪

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメント

あまりのかわいさに泣き笑い。
別れはいつだって淋しいよ。
胸が痛くて痛くて、涙腺崩壊。
けして慣れることことのないこと。
でもでも出会いたい。
忘れたくない。
乳母であったおばさまは 手触りも匂いも愛おしさも比べ物にならないでしょうね。
ありがとう ニコちゃん。

  • きゃろりん
  • 2018/12/21 08:46

さすが獣医の里親様。
9月のいつものお便りでお知らせするなんて。
看取ったその瞬間から、もう超絶悲しみまくって
訃報を駄々漏れさせちゃうですよ、ワタシなら。
里親様の凛と覚悟なさったお心持が
二胡ちゃんの幸せ度を物語っていますね。
かわいい盛りの二名を手放した時の
おばさまの落ち込み方ったらなかったことを思い出せば、ご心境やいかに。。。
二胡ちゃんのちょうどひと月後に、ウチの白いのも召喚されました。
凛とできない軟弱者なので、ちょいとひとしきり泣くことにします。
めそめそ。。。

  • 藏ゆ
  • 2018/12/21 09:47

そうですか、もう一年が経とうとしているんですね。
イッコちゃんはひとりっこ暮らしに慣れてきたころかしら。
生まれたときから、強運(おばさま)を引き寄せて、
立派な猫になりおおせ、心配知らずのお家へお引っ越しして、
愛されてわちゃわちゃ暮らしているあいだじゅう、
ずっとふたりだったんだもんね。
さびしいね、イッコちゃん。

ニコちゃんはしあわせ猫でした!
間違いない!
拾ってくれて、立ったまま寝のスーパーショットを残してくれて、
泣きながら送り出してくださったおばさま、
読者をうんと安心させてくださったプロフェッショナルな里親さま、
ありがとうございました。

二胡ちゃん悲しいです(T.T)
一度経験したら,とてつもなくお別れが悲しいことを
知っているのに,また新しい出会いがあって家族になる…
お別れの悲しさを軽く超える,一緒にいることの喜びとか
幸福感とか…それがヒトのほうだけじゃなく,相手も
喜びとか幸せを感じてくれているって信じたいし,絶対に
幸せだったと信じてる!
おばさまや里親様に出会えた二胡ちゃんも絶対幸せでしたね☆

  • ж∫цж
  • 2018/12/21 18:19

白くて小っちゃくてふわふわで可愛いのかたまり。
おばさま、里親様から降り注ぐシャワーのような愛情を受けて
みんなに笑顔を幸せをふりまいてくれました。
私にもそんな幸せの一端を見せてくれてありがとう。
もっともっとゆっくりでよかったのに・・・
でもね、ニコちゃんはなにがどうあってもしあわせ猫さんです。
もちゃもちゃと小っちゃい時からずっと一緒だったイッコちゃん
寂しいと思います。
でも、あなたのことを大切に思っている人がいますから。
おばさま、里親様、ありがとうございました。

ニコ坊、こんどはもっとゆっくりね。
バイバイ。

  • ねんねこ商会
  • 2018/12/21 22:38

二胡ちゃん、ちょっと遅くなっちゃたけれど
『お疲れ様。頑張りましたね。ありがとう。』
さっさと徳を積んで第2ステージでもまた周りを幸せにしてるんでしょうね。
そしておばさま、悲しく辛い事なのにご報告をありがとうございました。
お買いになったカリフラワーにはふたつの模様があったのかしら?
(いや、そんなんだったら食えんだろう!)
里親様にも御礼を申し上げます。

  • じゅにあまま
  • 2018/12/22 00:15


◇きゃろりんさん◇
そうそう、「でもでも出会いたい」、このひとことに尽きますね。どんなに悲しくても、楽しかったときの思い出まで消すことはありませんものね。たくさんのほわほわした温かな思い出を残してくれた彼に、感謝です。

◇藏ゆさん◇
うーん、それはちょっと違うみたいです。早く知らせなくちゃと思いつつ、文章にするのがつらくて、ついずるずると秋になるまで書けなかった、ということのようでした。獣医さんだって、そこはそれ、素人と同じでありましょう。相当めそめそなさったことと思います。/ニコ坊、今ごろテテさんに何か失礼なことをしでかしているのではないかと、元乳母はそれが心配......

◇こてちさん◇
そうなんです、そろそろ一年。イッコあらため一胡嬢は、さみしそうにしながらも元気でいます、とのことでした。しっかり者の一胡とずっといっしょだったことは、二胡にとって何よりしあわせなことでした。ぼーっとしているようでいて、人見知りしたり場所見知りしたり、けっこう繊細な坊やでしたからね。白餅2つ、まとめて引き受けてくださった里親さんに感謝しています。

◇ж∫цжさん◇
その疑問を突き詰めると、もうもう落ちてる猫になど手が出せなくなります。野生動物じゃないんだから、ヒトが作り出した(変形させちゃった)生き物なんだから、ヒトが拾うしかない!いっしょに暮らすしかない!それが彼らのしあわせだ!と信じるほかはないと思っております。そして、すばらしい里親さんをほとんど自力で引き寄せたイッコニコは、ええ、絶対しあわせでしたとも!

◇ぽぽろさん◇
可愛いのかたまり! まさに、まさに。乳母のどぼどぼシャワーは迷惑だったことでしょうが、里親さんからのそれは、まさに知識と愛情のバランスが取れた、温かくって快適なシャワーだったと思います。なのに、なんだってこんなに急いで帰っちゃったんでしょうねえ。猫神さまが手もとに置きたくなっちゃったんでしょうか。神さまもたいがいワガママだわ。

◇ねんねこ商会さん◇
彼のことだから、神さまからのメールを読み間違えたのかもしれませんねえ。

◇じゅにあままさん◇
第二ステージ、もう出場してるんでしょうか。それとも雲のソファが気持ちよくて、まだグダグダしてるんでしょうか。どちらにしても彼の周りには誰かの笑顔が必ずあるだろうと思います。/カリフラワーはシミひとつない、それはきれいで甘いカリフラワーでしたよ〜。

  • ニャンタのおば
  • 2018/12/22 10:22

そうでしたか、、、二胡ちゃん…

幸せキップを握りしめ、濃厚濃密な愛ある
5年間を過ごして、お空に駆け昇ってしまった
のですね。

これからしばらくは、一胡ちゃんが飼い主さんとの
濃厚濃密な日々をゆっくり、ゆったり過ごすのですね!
一胡ちゃん、べったり甘々な愛に溢れた日々を過ごしてねー そう、ゆっくりと‼︎

  • nonoji
  • 2018/12/22 11:24

ニコちゃん、そうでしたか、お空に帰ってしまったのですね。
おばさまに拾われて、獣医さんである里親さんのおうちに旅立って、間違いなく幸せな猫生でしたとも。
でもちょっと早かったよね、ぐすん。
ああ、かわいくて、笑っちゃう写真がたくさん!
ひととき、イッコニコのチビッココンビが、ニャンタのおばさまのおうちにいた時のあれこれをしみじみ思い出しました。
イッコちゃん、ニコちゃんの分まで長生きしておくれ。

二胡ちゃん、今はもうお空なのですね。
眠くておばさまの膝にしがみつく姿、何度見ても愛らしくて笑い泣きになりました。

ハツカネズミから猫に昇格?の、おばさまの一胡ちゃん二胡ちゃん成長報告が楽しみでした。
獣医さんの里親様からの「大きくなりました報告」も嬉しく読ませて頂いていました。

今朝はまさかのご報告に驚くばかりで、ただただ涙です。
遅くなりましたが、二胡ちゃんのご冥福を祈りました。
同時に、一胡ちゃんの健康を祈っています。
ニャンタのおばさま、里親様、ありがとうございました。





  • スカイ ベル
  • 2018/12/23 13:50

ニコちゃんは「かわいいの天才」過ぎて、早くお呼ばれしてしまったのかしら・・。里親様の気持ちを思うと言葉もないですが、きっとすっごく!楽しくも濃い猫生だったはず。
ニャンタのおばさま、かわいい姿を見せてくださってありがとうございました。


◇nonojiさん◇
はい。短かった分、しあわせ濃度は高かったことと思います。一胡嬢はすぐれた猫力の持ち主ですし、この先、ひとりでご一家のアイドルとしてりっぱに君臨してゆくことでしょう。

◇キウイさん◇
ふたりが家にいたときの写真を掘り出しては眺め、今またたっぷり、たのしいひとときを過ごしました。最後にお別れが待っているとわかっていても、出会えてよかった。これだけの宝物を残してくれたことに、感謝しています。

◇スカイ ベルさん◇
たのしみにご覧くださって、ありがとうございました。悲しいご報告になってしまいましたが、この5年間、彼はとってもしあわせだったと確信しております。一胡嬢へのお祈りも、ありがとうございます。

◇チャンさん◇
私もそんなふうに思いました。猫神さま、ちょっと身勝手じゃありませんか?なんて...... でも私たちにこんなたのしい思い出のタネを遣わしてくださったことには、感謝せねばなりませんね。

  • ニャンタのおば
  • 2018/12/24 13:11