鏡の国のウリず

★日本語「○○ズ」

 

 

 


 

ちちんぷいぷい。

 

P5010051.JPG
 

 


 

あーら、不思議。

 

 

 

 

ウリ猫が2匹に!

 

P5010038.JPG

 

 


 

ほんものはどっちだ?
 

P5010027.JPG

 

 


 

洗面所での一幕でした。
 

P5010045.JPG


どうでもいいけど、
「ちちんぷいぷい」って、
音がかわいいよね。




 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

今週の日本語バナシは、
複数の「○○ズ」。
日本語にはなかったはずの、
ふしぎな「ズ」です(↓)。

 

***

 

★日本語「○○ズ」

 

今回も備忘録程度の走り書きですが、

忘れないうちにと思いまして。

 

 

ふと気づけば、この「○○ズ」、

かなり当たり前の顔をして

日本語の中で使われています。

 

 

英語の名詞の複数語尾だったものが、

「数」の概念のない日本語にも

便利に使われるようになって久しい。

 

 

もちろん、日本人だって数は数えられます。

でも、日本語という言語には、

そのしくみとして、「数」の概念がない。

主語の名詞が単数か複数かによって

後続の動詞の形が変わったりはしないのです。

 

 

4人組のザ・ビートルズという名前だって、

たいていの日本人は、

ビートルの複数だとは意識しないでしょう。

日本語の文脈にあっては、はじめから、

彼らはビートルズという名前であって、

「ズ」が切り離されることはなかった。

 

 

それが今では、

「にゃんこ」や「わんこ」などという

幼児語にも「ズ」がつくようになりました。

たとえば複数飼いの飼い主さんに、

「お宅の猫ちゃんによろしく。」では

何となく遺漏がある気がするのか、

ここは「猫ちゃんたち」と言いたい。

言いたいけど、でもちょっとめんどくさい。

そこで便利なのが「ズ」なのでしょうか。

 

 

その際、「にゃんこズ」とはならず、

もともとの拍数に合わせてか、

「にゃんズ」となるのもたのしいですね。

 

 

ちなみに、表記には揺れがあります。

「にゃんズ」「にゃんず」「ニャンズ」。

きょうの記事のタイトルでは、

元がカタカナの「ウリ」なので、

「ウリず」にしてみました。

自由だわ〜。

 

 

 

あと、外国語から借用してくる際、

意味が割れて分離独立した語もあります。

たとえば、「ナッツ」と「ナット」。

どちらも nut から来ているのに、

アーモンドやくるみなどの木の実の方は

複数の nuts に近い発音の「ツ」、

ボルトの相棒は、単数形っぽい「ト」です。

 

 

この手の例はほかにもありそうですが、

今は思いつきません。

どなたか思いつかれましたら、

ご教示ください。(ずる〜い!)

 

 

あ、ビートルといえば、

ドイツ車の愛称ですが、

あの車、あれは何台並んでいても、

ビートルズにはなりませんね。

 

 

やっぱり数が数えられないのか?

 

 

猫押し→

にほんブログ村 外国語ブログへ←日本語押し

コメント

ナットとナッツの他の仲間は思い付きませんが
ウリずはホントに可愛いです!!
そして日本語バナシのおばさまの『自由だわ〜』も
何だかとっても可愛らしいです (^^)

  • ж∫цж
  • 2019/07/08 13:40

ピンとピンズでしょうか。
麻雀パイのことじゃなくて、ピンパッジとも呼ばれる金属製の装飾品のことです。
ひとつでもピンズと言う理由はわかりません。
英語からきたわけじゃないのかしらん?

そういえば子供のころに、「パンが2枚で?」「パンツ」なんていうなぞなぞがありましたっけ。

  • 夜行猫
  • 2019/07/08 18:22

ウリちゃんがウリウリになりました、か〜わいい(^▽^)


「鏡の国のアリス」大、大、大好きなお話です(もちろん不思議の方も)。

ブハッ、、ピンズ(麻雀の)! パンツ! 吹きました。

とりとめのないコメントですみません。

おはようございます。

ウリさん可愛いです。
たまらんです。
映った方でいいので欲しいです。

「ズ」なるほどねー、と言いながら
おもむろにファブリーズを見る。
この「ズ」はどこからの「ズ」?

  • solo_pin
  • 2019/07/09 05:51


◇ж∫цжさん◇
ナット/ナッツ、考えてくださってありがとうございます。/日本語は、表記だけは世界に冠たる難しさだと思いますけれど、それだけに遊びの余地もたっぷり。どうせなら楽しみましょ、と思っております。

◇夜行猫さん◇
ピン/ピンズ、ありがとうございます! ピンバッジをピンズということ自体を知らなかったのですけれど、念のために手もとの辞書を見ましたら、pin の項にちゃんと「飾りピン」というのがありましたから、英語由来でいいみたいです。/そしてアハハのパンツ! たしかにやってました、しょうもない小学生時代。あれはたしかに「2本で1本」ですから、もともとツに近い音の複数形で入って来ていたのを、むりやり two に引っかけたわけで、日英の音素のずれを利用した、今考えれば高度なダジャレでしたね。

◇きなこ姫さん◇
あ、「複数形は重ねていう」という言語、ありますあります。私が知っているのはマレー語(インドネシア語)だけですけれど、それでいけば、ウリの複数形はウリウリで大正解!

◇solo_pinさん◇
そんなことおっしゃるから気になってメーカーのサイトを見ちゃったじゃないですか。それによれば、fabric と breeze を合わせたんだそうですよ。とりあえず今回のズとは関係なかったですね。で、ついでにこの命名者についての記事に行き当たったのですが(https://gigazine.net/news/20190211-how-to-name-product/)、やあやあ、おもしろかったです。/ウリウリはセットになってますの。そして本体は不買品ですの。ごめんあそばせ♪

  • ニャンタのおば
  • 2019/07/09 08:43

可愛いウリちゃんが二匹も!いいですねぇ。
ウリちゃん、自分に見とれたりしませんか?
家のニャンズのうちの一匹の空(くう)は、よく玄関の姿見を見つめています。分かっているのか、どうなのかは知りませんが、娘は空はナルシスト?なんて。 ん〜。

  • スカイ ベル
  • 2019/07/10 17:41


◇スカイ ベルさん◇
うちの灰色は鏡に映るジブンから目をそらします。カメラも嫌いですしね。(でもおばちゃんには目を合わせてくれるんですよ♡)/空さん、いい名前ですねえ。字も音もいい!

  • ニャンタのおば
  • 2019/07/11 14:44