「愛猫」

★日本語「愛猫」






うちの愛猫

P5070012.JPG




愛猫がモデル立ち。

P5070013.JPG





よそ見する愛猫

P5070007.JPG
(スタジオ・フリッジにて撮影。)

 

 

ここも、
なかなかの撮影ポイント。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※愛猫、愛猫、うるさいよ!
 と思ったアナタ、続き(↓)をどうぞ。

***

★日本語「愛猫(および愛犬)」についてのイチャモン

たとえばの話、『作家の猫』といった本で、
「百鬼園先生の愛猫ノラが失踪したのは......」

と書かれていても、
おかっぱ頭に丸眼鏡の男性が猫を抱いた写真に
「藤田嗣治と愛猫

などというキャプションがついていても、
これは、まったく何の違和感もありません。
 

 

この場合の「愛猫」は、
「内田百里飼っていた猫」、
「藤田嗣治が飼っていた猫」という意味であり、
身元不詳の猫ではないですよ、

ある特定の1匹ですよ、ということでしょう。

 

 

「愛」という漢字を使ってはいても、

「愛していた猫」というところまでは

踏み込んでいない気がします。

百里両豺腓蓮⊆尊櫃謀愛していたようですが、

それでも、ノラという名にかぶせた愛猫は、

まずは、定冠詞的な機能を果たしている。

 

 

英語なら his などの所有格代名詞を使うところ、

日本語にはそうした無色透明の語がないために、

それに代わる機能を果たしているだけ、

という感じがします。

 

 

とはいえ、同時にそこはかとなく感じるのは、

「尊敬すべき作家の猫、に対する敬意」。

その人に帰属する猫を呼び捨てにはしにくい、

といったような気分も感じられます。

 


 


一方、

このごろのペット商品や猫本やSNSで見かける

愛猫の毛づやと健康の維持に!」とか

愛犬と泊まれるホテル一覧」とか

はたまた
「うちの愛猫○○は、お風呂が大好きで......」とか
愛犬△△に出会ったのは、去年の夏......」とか

こういうのには、どうも違和感があります。

 

 

「飼い猫」「飼い犬」じゃダメなの?

「飼う」という動詞に嫌悪があるのかな。

ここを語り出すと長くなるからやめときますが、

私はウリやグリコを「飼って」おります。

「飼い主」を自認かつ自任しております。

 

 

もし人さまの猫や犬を呼び捨てにはしにくいなら、

「おたくの猫ちゃん」「おたくのワンちゃん」、

この方がまだしも、違和感がありません。

好き嫌いは別として、ことばとして納得がいく。

 

 

他人の犬猫に対する敬称代わりだとすれば、

それを自分ちの犬や猫に使うのはなお変です。

うちうちで尊敬するのは自由だけれど、

ことばとしては不適切でしょう。

 

 

また、もし所有代名詞の代わりだとすれば

「うちの愛猫」では、機能がだぶります。

「うちの猫」でいいじゃないの。

 

 

**

 

 

どうも今日の記事の文末は、

「思う」「感じがする」が多くて

説得力に欠けますけれども、

この違和感を共有していただける方は

果たしてありやなしや。

 

 

 

わが家のだいじな愛する愛猫ウリ

の、大あくび。


P5070015.JPG

 

 

ふぁ〜い。

 

猫押し→

にほんブログ村 外国語ブログへ←日本語押し

コメント

愛猫でいろいろ連想してしまいました。
愛妻、愚妻、愚息などなど。
愛妻弁当はあるけど、愚妻弁当とはいわない。
愚夫は最近は使われてるようですが愛夫はないな。
駄犬はあるけど、駄猫はないですね。 
飼い主、飼い猫、お宅の猫ちゃんは違和感なく使えます。

  • おっチョコ
  • 2019/05/27 13:20

久しぶりのコメントです。いつもそっと(笑) 楽しく読ませて頂いてました。
私ついつい「愛猫」と表現してしまいます。日記にもそう表現しておりました。
ほほぉ〜なるほど!という感じです。
毎回思いますが言葉の意味って奥深いです。
なんというか…愛する気持ちが押さえきれず、ついつい「愛」を付けたくなります。笑

先日の記事で…
グリコさん2,7キロなんですね。我が家のサビ猫のベリも2,7キロなんです(少し痩せたの)
わぁ一緒や〜!て嬉しくなりました。
お互いに少しやせ気味?
私のおなかの脂肪を分けてあげたいです。笑

  • chie
  • 2019/05/27 19:49

これねー、わかります!
自分では絶対に使わない言葉のひとつですもん。
謙譲語に聞こえない気持ち悪さのようなものを漠然と感じていたのは
こういうことだったのか、と少しすっきりしました。

おばさま同様、わたくしも皇子とモップを飼っています。
(猫を産んだ覚えもないので)母でもママでもなく
飼い主だと自覚しております。
無論そうした自称に水を差すつもりはありません。
自由ですから。

わたくしには「うちの猫」がしっくりきます。
「うちの猫」にはうちの大切な猫という気持ちが
充分に入っているように感じられます。

「うちの猫様」的な表現に抵抗を感じないのは
うちの猫の範疇を超えて、
猫全般に対する畏敬と受け取れるからでしょうかね。

まだまだ理解がとっちらかったままに書き連ねてしまってすみません。
考察するきっかけをありがとうございました!

はい、同感です。
もちろん愛するのはご自由ですが、自分の飼ってる猫を
自分で「愛猫」と称することには少々のおこがましさを感じてしまいます。
「うちの猫」でいいと思います。(私もそう呼んでいました)

近い感じに、最近の若い奴ら(笑)が、自分の母親や父親のことを
他人に話す時に「おかあさん」「おとうさん」
と言う時の違和感に似ています。

TVのインタビュー等で、かなり有名で子供でもないスポーツ選手や
タレントさんが言うのを聞くと、かなりガックリ、幻滅します。


◇おっチョコさん◇
そうそう、そうです。この件は「対になるはずの片方が見当たらない物件」の一つでもあると思います。以前、「デフォルト」という語を取り上げたとき(http://nekonanihongo.jugem.jp/?eid=1546)にも考察しましたが、「愛妻・愛夫」も例に加えたほうがいいですね。ありがとうございます。

◇chieさん◇
あ、西の都のchieさん、お久しぶりです。ご訪問くださってたんですね。ありがとうございます。ベリさんが......、そうですか。グリコも私の脂肪提供案を拒絶してこわいほどやせてしまいましたが、でもふしぎに元気です。ベリさんものんびり行きましょうね。/ことばの変化をとがめだてするつもりはないのです。ただこの件に関しては、私は守旧派として異議を唱えておきたいと思った次第です。革新派のchieさんの勝利は見えている予感、濃厚ですけれども。

◇こてちさん◇
私も今回おそらく生まれて初めて、「うちの猫」のことを「愛猫」呼ばわりしてみました(背中の毛が逆立つのを感じつつ)。でも世の趨勢を見ていると、「うちの愛猫」「あなたの愛犬」という言い方は定着しそうですね。/「飼う」についてのご同感も、心強い。私も「ニャンタのおば」を名乗っておりますが、ぎりぎり遠い親戚、あるいは近所の小母さん、という位置付けで、あの三毛猫との仲を表現してのことでした。/そしてグリコに「マダム」などという尊称を呈上しているのは、これは(たま〜に)心から尊敬しちゃうからであって、私の中では問題なしです。お猫さま、ばんにゃい!

◇きなこ姫さん◇
ご同感、ありがとうございます。おそらくこの先どんどん少数派になっていくと思われますが、踏みこたえましょうぞ。/あー、「お父さん」ねー。私も若い人たちの使うあれには数年前まで激しくとまどいました。「父」は「私の男親」という意味になり、「お父さん」は「あなたかあの人の男親」という意味になる、というのが染みついていましたから、実際にコミュニケーション上の齟齬をきたすこともあったりしました。でも今はだいぶ慣れましたよ。この変化も、おそらく止められないでしょう。これは、「敬意逓減の法則」という語義変化の普遍原則にかなった変化でもあるのです。あきらめましょう。

  • ニャンタのおば
  • 2019/05/28 09:24

きなこ姫様のコメント,全く同感でした!
仲のいい友達ならいいと思いますが,人と
話しをするときに『お父さんが』と自分の
父親を呼んだりする違和感と,自分のわんちゃんを
『愛犬』と言うのって,自分の行動を説明する時に
尊敬語を使うような違和感があります(・・;)

  • ж∫цж
  • 2019/05/28 13:26

○ ”愛犬”とか”愛猫”って言う表示は、フードや動物用医薬品、動物病院が、手垢が付くぐらい使っていて、商売の対象だから大切にしている感じがハンパなく、やっぱり自分では使いません。
 そぅそぅ、そー言えば、大病院でも呼び出しアナウンスで、「患者様の山田○子様〜」という”様”付けが主流。
 けっこう、違和感ります。
・ 最近発見したのです。
 東京→名古屋→高山とか新幹線と特急を乗り継ぐと、2本目の特急料金が半額になるのは知っていたんだけど、
 先日、横浜市立病院で、整形外科と消化器科を1日で受診すると、2番目以降の診療科の再診料が半額になるのです。
 ぅんぅん、これからは複数の診察をまとめよー ♪
      <ののちゃんより>

ж∫цжさま

この場をお借りしまして・・・。
(いつぞやはタイミングを逃してお返事しそこない失礼を致しました)
ご同意、嬉しい限りです。
しかしながら「敬意遁減の法則」とか・・・涙(笑)


◇ж∫цжさん◇
あらま。わたくしの中でж∫цжさんはかなりお若い世代に分類されていたのですが、ことば的には保守派でいらっしゃる。その感覚、個人的には大賛成ですが、どうやら勝ち目は薄いようですよ。それでも抵抗することによって、ことばの変化のスピードは調整されるのです。がんばって抵抗しましょう(空しいけど)。

◇kitcatさん◇
上できなこ姫さんへのお返事にも書きましたが、「敬意逓減の法則」というものがありましてですね、「さん」では敬意が足りない!という気分が世間に満ちてきているのでしょう。「さま」も使われ過ぎて、だいぶ価値が下落してきました。/特急券の割引はうれしいですが、病院は、うーん、利用する機会のないのがいちばんですわね。どうぞお大事に。

  • ニャンタのおば
  • 2019/05/30 10:36