うれしい号外

 

 

 



この暑いのに

おばの机辺を去らず、

熱心に新聞をブロックする猫。
 

P7300076.JPG




きのう7月30日の朝日新聞「声」欄、

猫をどけながら読んでいたら、
1本のタイトルに既視感のある語が。
「フクロウ人間」と「コンビニ」。

P7300073.JPG

おお、これは!
前期に担当したチョウさんではないか!

 

 

 

 

拙ブログの「留学生は見た!」シリーズとは
別の大学の学生さんです。

 


このクラスでは、

テーマ選定

情報共有

ディスカッション

意見文執筆


という流れの授業をしてきたのですが、
期末には自分のベスト1の意見文を選び、
実際に投稿するまでを義務付けたもの。

みごと、採用されましたよ。
 

 

 

 

チョウさん、おめでとう!

P7300064.JPG


この回のテーマは
「コンビニ24時間営業、どうなる?どうする?」でした。
ちょっと視点をずらしたチョウさんの文章、
リアルで新鮮で、ちょっぴり切なくて、
でも明るいユーモアがありました。
センセーはめっちゃうれしい!



 

 

ついでにおばの自慢もお聞きください。

こちら、少し前の毎日新聞の書評欄です。


P7300001.JPG

「昨日読んだ文庫」というコラムに、

拙著が取り上げられました。


日本語びいき (中公文庫 し)

 

 

じつは、これの売れ行きが

7月初めに突如ぐーん!と伸びましてね。

どうした、何があった?

と、うろたえておりましたら、

若い知人が「これが原因でしょう。」と

見つけてくださいました。

(コピーは別の方が送ってくださったもの。)

 

 

 

刊行後1年近くたってから

取り上げていただけるなんて、

これはうれしい。

 

 

内容的にもうれしい評価でした。

これまでの池澤夏樹さん

東直子さんの書評もうれしかったけれど、

今回もチョシャが「そこそこそこ!」と

叫びたくなるようなツボがきっちり押さえられ、

しかも文章もホメていただいたんですのよ。

「心地よいリズムの筆運び」、

「張りのある若々しい文章」ですって!

 

 

ぐふぐふ。

うれしくて変な声が出ちゃいます。

 

 

この書評のおかげで

あらたなご縁も生まれたりしまして、

たいへんハッピーなできごとでした。

はぴはぴ〜♪

 

 

でも暑い.....。

 



 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

コメント

元岩波新書編集長!!!!!!
すごいすごいすごいすごいすごいすごい!
こんなにかゆいところに手が届く、
「読みたい、読みたいぞっ!」という思いを気持ちよく
くすぐってくれる書評に対して、
なんとつまらない感嘆符まみれの感想。
こちらはしっかりと再読再々読再々々読を促されました。
おばさまの深い知識に裏付けられた軽快で柔軟な感性が
広く広く認められてうれしい限りです。
誇らしい〜〜〜。

チョウさんの短い文章にはゆさぶられました。
チョウさんの活躍を祈る!

こりゃまためでたい!
重版もめでたいけれども、
こういったその筋の方の書評もまためでたい!
「張りのある若々しい文章」は、さらにめでたいっ!
座布団5枚あげちゃう!(誰によ)

  • 藏ゆ
  • 2019/07/31 09:21

張さんの投稿も,おばさまのご本も
素晴らしいですっっ (≧▽≦)
おめでとうございます♪
張さんの投稿は,きゅんときますね (^^)

  • ж∫цж
  • 2019/07/31 20:38

張さんの文章、とてもいいですね!タイトルからしてくすぐられます。
いったいどんな先生が教えていらっしゃるのでしょう(^−^)

しかもしかも「日本語びいき」の書評がこれまた素晴らしい!!
これはもう、買ってみたい、買うしかない、と思う書評です。思いました(笑)
心地よいリズムの筆運び、張りのある若々しい文章・・・それは確かです!

私は朝日新聞の読者なので張さんの投書は読みました。

コンビニに行くと、店員さんの名札が目に入ります。
「テイ」さんや「グエン」さん、「ロック」さん(西洋の方でなく、
中央アジアかな?)。
みなさんがんばってます。
張さんも溶け込めないと感じているようですが、バイクに乗って
コンビニに行き、人を見る、とちゃんとご自分なりの処方箋をもってらっしゃいますね。
私も夏のお休みに「日本語びいき」を再再読しようっと。

  • 三毛猫
  • 2019/08/01 01:33

短い小説を読んだような気分です チョウさん。
読み返すと、勝手に映像が動き出します。
違う文章も読みたくなりますね。
チョウさん 夏バテにご注意下さい。

こてちさんのおっしゃるように 「かゆいところに手が届く、『読みたい、
読みたいぞ!』という思いを気持ちよくくすぐってくれる書評」ですね。
こてちさんの表現もナイス!でございます。
またまた 自分の事でもないのに 嬉しくて舞い上がってます。



  • きゃろりん
  • 2019/08/01 08:23


◆みなさま◆
いっしょに喜んでくださって、ありがとうございました。チョウさんにいただいたコメントは、本人にも伝えたいと思います。

◇こてちさん◇
たくさんの「!」をありがとうございます。そうなんです、自分でもおもしろがりながら書いたことに目を留めてくださって、ほんとうにうれしい書評でした。浅薄な知識で裏打ちした軽薄でブレまくりの感性を、これからも磨いていく所存です!/チョウさんの原文にあったある接続詞が、掲載では削られてしまいました。それがあると、全体の雰囲気はぐっと明るいものになるし、チョウさんの飄逸さがより正確に伝わったはずで、そこがちょっと残念ではあります。

◇藏ゆさん◇
この猛暑には、ざぶとんよりもゴザのほうが喜ばれそうですけれども、ありがとうございます。お肌のハリをほめられるよりうれしい、還暦過ぎのおばさんでした〜。

◇ж∫цжさん◇
ありがとうございます。チョウさんの原文は(そしてチョウさん本人も)、こてちさんへのお返事に書きました通り、もっと明るくて魅力的なんですよ。すでにちゃんと「証拠」を見つけている人だと思います。

◇きなこ姫さん◇
タイトルは新聞社でちょっといじったみたいです。/この書評の威力はすごくて、わずか1日でびっくりするくらいの数が出たそうです。きなこ姫さんもぜひお手に取ってくださいませ。(すでにお買い上げくださっていたらゴメンなさいまし。)

◇三毛猫さん◇
コンビニはすでに彼らの存在なしでは回っていかない状態ですよね。レジでは、客もきちんと目を合わせて「ありがとう」のひと言を返したいものです。/こてちさんへのお返事に書きました通り、原文はぐっと明るくて、チョウさんの人柄をより正確に伝えるトーンがありました。孤独な時間をきちんとたのしめる人だと思います。/夏休みのおともに拙著をお加えくださって、ありがとうございます。

◇きゃろりんさん◇
まさに、書評の書評が、これまたうれしい。幸せ者のチョシャでございます。/ほんとだ、チョウさんを主役に短い映像作品が作れそうですね。すてき〜。

  • ニャンタのおば
  • 2019/08/01 11:35

そんなにも文章の表情を変えていたはずの
削られた接続詞が気になって気になって。
考え始めたら止まりませんわ。

たびたびお邪魔しました。ふぅ。

チョウさんの投書、削られる前の原文を読みたくなりました。
深夜の情景が目にうかぶような文章です。
最近ファンになった吉田修一さんの短編のようだ、と思ったところです。

書評で本を買うことが多いのですが、すでに読んだ本の書評を見つけることも
あります。 そんな時は、著者でもないのにうれしくなります。

私も夏休みに『日本語びいき』再読しようっと!

  • おっチョコ
  • 2019/08/02 03:41


◇こてちさん◇
あー、そうですよねえ。思わせぶりなことを書いてしまいました。「でも」という小さな接続詞なんです。それが最後の段落にありました。おっチョコさんからもリクエストをいただきました(↓)し、チョウさんに原文掲載許可を申請しましょうかね。

◇おっチョコさん◇
吉田修一! そ、それは...... いや、でも、将来日本語で小説を書く人になるかもしれません。専攻はまったく違いますが、そんな例はいくらでもありますよね。期待しましょう。チョウさんに原文載せていいか聞いてみますね。/すでに読んだ本がホメられていると、はい、私も「むふ♪」と思います。再読リストに入れてくださって、ありがとうございます!

  • ニャンタのおば
  • 2019/08/02 08:53

うなづきましてございます。
小さな「でも」が生み出す空気には
なかなかのものがありますね。
すっきりしました。
ありがとうございました!