シャイ?

 



「シャイ」という単語から

最も遠いところにいるお方。
 

 

P1350187.JPG

 

濡れアゴ、鼻くそ、

ありのまま。

 



花
 

 

 

夏休み恒例シリーズ


留学生は見た!

3人めは、韓国のKHさんです。
 

REXのじゅんびのために本屋さんに行って韓国語の初心者向けの本を買った時店員さんがカーバは必要ないですか。で質問してます。その時私は「カーバ」って何だろうかで思ってます。そのあとで店員さんに「なぜカーバが必要ですか」と聞いて店員さんも戸惑いしました。結局(けっきょく)カーバはもらいないままその本屋さんを後になりました。あとで日本人の友に「カーバ」について開いたら、「だって自分が何の本を読んでいるか見られなら恥かしいでしょ」って言って自分は当本に日本人はどこまで「シーイ」なのかと思ってました。
※転記者注:REXはLEXのまちがい。LEXは千葉大でやっている語学の交換おしえっこプログラムです。


 
今では電車内を見回しても、
本を読んでいる人は本当に少なくて、
ほぼ全員がスマホに顔を伏せていますが、
ごくたまに本を読んでいる人を見ると、
その本には、ほぼ例外なく
カバーがかけられています。

 
その理由はいろいろあるでしょう。
汚したくないからかもしれない。
でも、たぶん、
KHさんの友人の言う通りなんでしょうね。
何を読んでいるか見られたらかしい!

 
日本人はどこまでシャイなのか。

 
**

 
私はカバーはもらない派です。
本は汚れるもんだと思っているし、
紙がもったいないから。

 
でも、たまにちょっと
後ろめたい感じの本
(たとえばアレ系とか、ソレ系とか)
を人前で読むときは、
何となくコソコソしてしまいます。

 
あるいは、
吊革につかまって読んでいるときに
座っている人の視線を手もとに感じて
ええい、うっとうしい!
と思ったりもします。

 
シャイというのとは
少し違う気もするけれど、
人目を気にする心性は
私にもあるということですね。
今度から
もう少し堂々としてみよう。



 
食後のグリコさんみたいに。
 

P1350184.JPG



それにしても
「カバーは要りまs......」
と言いかけたときには
すでにかけ終わっている
日本の書店員さんの早業、
すごいよね。
 

 



 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

コメント

私はカバーをお願いしてしまう派です (・・;)
自分の布製や皮製のブックカバーもあすのですが
読書用は自分のカバー・保管用は本屋さんの
紙のカバー・・・みたいに,好きな作家さんの本は
2冊求めることが多いので。
KHさんのお国はカバーなしが普通なのですね (^^)

  • ж∫цж
  • 2019/08/07 11:44

そのまんまのグリコさん素敵!

カバーいりません派です。(紙がもったいない)
じゃあ何を読んでいるか誰に見られてもかまうもんか
と言う程の度胸?もなく、その本の表紙を裏返しにして
真っ白な表紙にします。
ウフフ これで私が何を読んでいるか分かるまい(^皿^)
・・・私ははたしてシャイなのだろうか?

うーん、元書店バイトといたしましては、お会計を済ませたあとも
店内を見て回るお客様も多く(私が客として書店に行くときもそうです。
買った後であ、こっちの棚もちょっと見ていこうかな、とうろうろ)、
カバンなどに入れず歩いていると無用の誤解を招くこともあるので
カバーがかかっているとその点はお互い安心というか…
要りませんとおっしゃるお客様にはレシートを挟ませていただいたりしました。

客の立場オンリーの今はカバーは断り、持参の袋にいれてもらい
家で包装紙などでカバーをかけます。
恥ずかしくはないけれど見られたくもないかな…

書店のカバーは新刊書、新書、文庫などの大きさにあわせてあらかじめ
一部を折って用意しているので、きっとどなたも早業が可能だと思います。

  • 三毛猫
  • 2019/08/07 23:52

三毛猫さんとは時代がだいぶん違いますが、
元常勤書店員としても同じような感想を持ちました。
わたくしも客としては、カバーと袋を断り、
自らレシートを本に挟んで店を出ます。
もっぱらス○バの丈夫な紙袋(仕事先などで無駄に捨てられる
憂き目にあるそれを持ち帰る習性が……)などでカバーをかけたり、
手持ちのブックカバーをかけて読みます。
恥ずかしい感覚はほとんどないかな。
帯がずれるのがうっとうしくてカバーをかるというのが一番近いかも。
外しちゃえばいいだけだけれど。
これもまた、なんとなく。

あらかじめのカバー折りが懐かしいなぁ。

KHさんもどんどん、(書店員さんの手早さに負けないように)
「カバーはいりません」と言いながら、
レジに本を差し出してください!

◇ж∫цжさん◇
保管用にもう1冊! なんと、まあ。本棚がいくつあっても足りないことになりそうですね。そしてそのカバーには自筆でタイトルなどをお書きになるわけですか? すごいなあ。/私はただでさえ本の所在を把握しきれないおバカさんなので、探す際の重要な手掛かりの一つである装丁を隠してしまうような収蔵はできないんです。というか、装丁もその本のたいせつな一部ですから、見て楽しみたいですしね。

◇きなこ姫さん◇
ありのまますぎて、もう笑うしかありません。じつはこの写真は半月ほども前のものでして、今のグリコさんはちょっとアゴの下がはげちゃってます。放っておくと不潔なことになるので、日に何度も拭いてさしあげねばならず、「素敵」という単語からもはるかに遠いおばあちゃんです。/あー、カバーを裏返しにしている人、たまに見かけますね。それはやっぱり、恥じらい文化ですかねえ。

◇三毛猫さん◇
ほっほー、そのようなご経歴が? 私は(本屋さんに限らず)買った物は店員さんの目の前でかばんなり持参の袋に収納して、安心してもらいます。腹が立つのは、「ではシール貼らせてください」っていう、あれ。あれはやめてほしいなあ。/カバーを折って用意してあるのは知っていますけれど、版型がまちまちな単行本でもかなりの早業でうつくしくかけてくださるでしょう? やっぱりすごい技術だと思います(要らない気はするけど)。

◇こてちさん◇
おやおや、こてちさんにもそのような過去が? 最近では「カバーかけますか?」って聞いてくれるお店が増えたし、断ると「では店を出るまで必ずレシートをお持ちください」と言ってくれますね。私は三毛猫さんへのお返事に書いたように、お店の人の目の前でしまうようにしていますけれど。/そして帯問題! ありますねえ。ワタシはちゃっちゃと外してしまうことが多いですが、最近では帯が表紙やカバーデザインの一部になっているものも多くて、捨てられません。あれ引っかかって破れたりするのがうっとうしいんですよねえ。困ったものですなあ。

  • ニャンタのおば
  • 2019/08/09 08:09

グリコさんのくつろぎ方、とても気持ちよさそうです。
ふと、日本髪を結った時の枕を思ってしまいました。何か優雅で、小粋な風情ですね。グリコさん、素敵〜。
カバーはお願いする派です。

  • スカイ ベル
  • 2019/08/10 17:20


◇スカイ ベルさん◇
あー、あれ! なんとおもしろいものを思いついてくださったこと。グリコが銀杏に結って...... 箱枕でくつろぐ姐さん。襟は黒繻子。俄然たのしくなりました。ありがとうございます。/カバーをかける書店員さんの早業、まだまだ必要とされているのですね。

  • ニャンタのおば
  • 2019/08/11 11:40