昔の絵カード 涙ぐまし

★日本語【絵教材】



ほんとに長々とごめんなさいね。

発掘したシミだらけの絵カードを

捨てちゃう前の思い出話、
もうちょっとだけ、おつきあいください。



当時日本語教育機関を制圧してたのは
『みんなの日本語』でした。
典型的な文型積み上げ式の教科書。
まず新出語を導入して
文型を理解してもらって
それから応用練習、という流れ。


新出語を導入する、とは
学習者の頭に単語を押し込むってことです。
コロナビールの瓶に
ライムをぎゅむっと押し込むごとく。


P6060052.JPG
これは『みん日』の単語リストに
「〜といっしょに」
「(家族、2人、3人)で」
「(みんな/大勢)で」
という語句があったから描いたのでしょう。




昔の自分、ご苦労さん!

P6060053.JPG



そして、文型の導入では
既習文型と混乱が生じることもあります。
で、

こんな絵が必要になったのでしょうな。

P6060049.JPG
「(窓を開け)てください」
「(窓を開け)てもいいですか」


2人の人物の
ヘアスタイルにご注目だわよ。
ほんとに、ご苦労さん!

 

 

昔話はあと1回、

水曜で終わります〜。

 

猫押し→

にほんブログ村 外国語ブログへ←日本語押し

 

コメント

シンプルで楽しい絵の数々でしたよ。
頑張って製作された若き日のおばさま お疲れさまでした。
これらの力作で学んだ生徒さんたちが 地球のどこかにいると思うと
楽しいな。

  • きゃろりん
  • 2020/06/16 07:49


◇きゃろりんさん◇
ありがとうございます。ほんとですねえ。この星のどこかに......ええ、たのしい♪(捨てがたいカードはあと1回分ありますの、おつきあいくださいましね。)

  • ニャンタのおば
  • 2020/06/16 09:57

ふたり腕を組んだり、お父さんが後ろから肩に
手を回したり…
本当にしっかり伝わって、しかもすんなり
理解できるというか、入ってくる解り易い
素敵な絵カードです (^^)♪
どれを見ても愛嬌たっぷり (▽≦)

  • ж∫цж
  • 2020/06/16 14:55

中学の英語の先生がイラストを授業に取り入れていました。
今でも楽しい思い出です。
どれかお気に入りの一枚を額装して取っておかれたらいかがでしょうか?

  • おっチョコ
  • 2020/06/16 19:07


◇ж∫цжさん◇
今見ると、あまりに類型的な「家族」ですけれど、まあ、時代の制約っていうものでしょうか。愛嬌があるとは、とてもうれしいほめ言葉です。ありがとうございます。

◇おっチョコさん◇
せんせーががんばって描いた、と思うと、それだけで学習者の心のハードルが少し下がるのかもしれませんね。冷静な人だったら「よけいなとこにエネルギー使いやがって」と思うかもしれませんけれど。たいていの学生は教師に優しい。救われます。

  • ニャンタのおば
  • 2020/06/18 09:58