降矢ななさんと3.2パーセント

 【〜ておく】#2



降矢ななふりやななさんは、絵本作家です。
お仕事の一覧は、⇒こちらにあります。
「あ、この絵、知ってる!」「うちにこの本ある!」という方も多いでしょう。

降矢さんは、スロヴァキアに住んでいらっしゃいます。
日本を遠く離れた場所にいらして、
昨年の東日本大震災には、大きなショックを受けられました。
しかし、いっとき呆然となさったのちは、すばやく立ち上がり、
日本の、世界の、お友だちに呼びかけ、こんな巡回展を企画なさいました。


日本語版はこちらからお入りください。
参加アーティストのリストや、作品の一部もご覧になれます。
(※日本巡回も、来年3月ごろを目ざして準備中だそうです。)


あの日からすでに1年と3か月と2週間近く。
おそろしい勢いで時間は過ぎて、
私たちの記憶もずんずん薄らいできていて、
なんだかもう、いろんなことが、なしくずしに日常に戻りつつあって、
まるであの日のことはなかったみたいになってきて、
原発もまるっきり無事だったみたいに思えてきてしまって、
それはまるで、みんなで手を取り合って催眠術にかかろうとしているみたいで、
立ち止まって考える気力も出てこないような気にもなるのだけれど、

だけれど。

ちゃんと日本の外の人たちが見てくれている、とわかって、うれしい。
ちゃんと外の人たちに見られている、とわかって、背筋がピッとする。
ちゃんとしなきゃ、って思う。



降矢さんとは、微ぅかなご縁が、若かりしころにありまして。
こんなにすばらしい方と(かすぅかにでも)知り合いなのが、
そりゃもうやっぱり、うれしくて、ほこらしくて。
だからご紹介しました。


来る7月28日(土)の午後には、こんな催しもあります。


場所は板橋区立美術館。
入場無料。
降矢さんに会えますよ。お話が聞けますよ。
ファンの方、ぜひどうぞ!

  

=さて、=
↓ 
金曜日の文型に、例文を追加します。 ↓


みんなで決めよう!原発都民投票」は、
有権者の3.2パーセントの署名を集めました。
おおよそ30人に1人が署名した計算です。
少なくない、と思います。

でも東京都議会は、あっさりこれを無視しました。
自民党、公明党、民主党(の一部)が、
これをゴミ箱にほうり込みました。

どの党が、どの議員が、無視したか、私は覚えておこうと思います。
ついでに、傍聴席に向かって、'thumbs down'という
傲岸なジェスチャーをしてみせた都知事のことも、覚えておきます

★・★

この署名運動についての当ブログの過去の記事は、⇒こちら

自分の投票したあの人はどっちに手を挙げたのか、
それを知りたい方は、こちらの傍聴ルポをご覧ください。
文中の採決結果の図は、拡大して見ることができます。

「30人に1人」のイメージは、下の地図をご覧いただくと
身近なものとして感じていただけるかもしれません。
同じく「みんなで決めよう!」のサイトにあったものです。
市区町村別の署名数マップ
小笠原村がスゴイです!



イヤなことは早く忘れたほうがいいんだけど、
でも、これは別!
次の選挙まで、

 何が何でも にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 覚えておこう。


コメント