ミルク飲みねこ

 【〜は〜が好きだ。】


グリコ 牛乳が 好きです

P1100734.JPG



グリコ 牛乳が 大好きです

P1100756.JPG
「うみゃい!」



何がどうしたわけか、この夏ごろから急に、牛乳大好き猫になりました。
うにゃうにゃと催促がうるさいので、浅い小皿にほんの少しだけ、
朝夕のご飯前にお給仕するのが恒例になりました。

ごきげんです。
そして、すごくあどけない顔になります。


アゴに白ヒゲ。
P1100758.JPG



グリコ+ミルク=あまあま〜♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


※解説と、おまけ写真。(↓)

* * *

〜は〜が好きだ。の解説★
 いや別に解説が必要な文型とも思えないでしょうけれど、
 これ、けっこうおもしろいのです。
 「XはYが好きだ。」において、Xは、<好き>という感情を抱く主体、
 Yは、その感情が向けられる対象です。
 昭和の国語学者、時枝誠記というひとは、このYを、対象語、と名づけました。
 
 ふつう、<対象>というと、ガじゃなくてヲでマークしたくなるものですが、
 一部の述語(=文のしっぽにくる動詞やら形容詞やら)は、
 今回ご紹介した、「XY...」という構文を使うのです。


 どんなのかといいますと、――
 
 ・「嫌いだ、ほしい、うれしい、くやしい、じれったい」などの、感情形容詞
  (私)ウリがひざに乗ってくれないの哀しい

 ・「かゆい、まぶしい、くすぐったい、苦しい」などの、感覚形容詞
  (私)子猫の極細爪にひっかかれた手痛い(痛くて上等♪)

 ・「できる、歌える、食べられる」など、他動詞由来の可能動詞
  ☆うちの猫日本語話せます


それがどした、というような現象かもしれませんが、
上にあげた語たちは、どうも動詞にしては形容詞っぽかったり、
形容詞にしては動詞っぽかったりする、と思いませんか?

たとえば、<食べる>とか<踊る>なんていう動作を表す語は、
たいていの言語で、文句なしに、動詞です。
でも、たとえば、<好き>とか<痛い>に近い意味を表す単語は、
言語によって、所属先の品詞がふらつきます。

日本語では「好き」っていう形容詞(ナ形容詞)を使うけど、
英語では'like'っていう動詞を使う、というように。

んー、だからそれがどしたのよ、と言われそうですが、
こういうのって、外国語を習うときに、「えっ?」って思う局面のひとつだと思う。
え? 「痛い」っていう形容詞、ないの? 動詞使うの? それって、ヘン!
なんてふうに。

えーと、だからそれがどうしたかというと、
や、おもしろいな、と思うわけです。


* * *

イッコニコを拾う直前、9月の下旬に撮った写真です。
彼岸花が秋の日ざしに透けて、とってもきれいだったので、
ミルク飲みグリコといっしょに撮りたかったのです。
その意気やよし、ってことで、広い心でご覧くださいませね。


ネコとミルクと彼岸花
P1100969.JPG
いや、もうちょっとちゃんとこっちを向いてほしい。

だが、ヒトが低い姿勢を取るやいなや、「膝乗る〜!」と突進してくるのが、グリコ
P1100991.JPG
近い近い近い。

しょうがないので、立ったまま見おろして、
むりやりな、「猫と彼岸花(とミルク皿)」の図。
P1100988.JPG



いやだからそれがどした?
と、やっぱり言われそうな......
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


コメント

なんかくるさんの自慢(ぽっちま篇)みたい・・(笑)

  • ねんねこ商会
  • 2012/11/12 12:18

満足なお顔がかわいい!
日本語の目的語にいつ「が」をつけるのがよくわからなかったのですが、述語の種類によって「を」か「が」が決まるんですね。
知らなかった!
日本語の文法が理解できません。


◇ねんねこ商会さん
 だってぇ、グリコてば、す〜ぐ寄ってきちゃうんですもン。
 も、困ってしまうんですのよ。ぐふぐふ♪


◇テケトさん
 あ、「ぎうぎう」は一段落つきましたか?
 
 動詞らしくない動詞とか、逆に動詞めいた形容詞とか、
 こういう、典型的じゃない連中って、おもしろいです。
 
 知らなくても使えてしまうのが、母語の文法の不思議なところですね。
 あんまり考えすぎると息もできなくなっちゃいますから、
 ひとまず使えてればオッケー、てことで。

  • ニャンタのおば
  • 2012/11/13 08:00