箱入り娘


【〜ようになる】


立春をとうに過ぎたというに、今年の2月は寒い、寒い。
それでも、光の春は、もう来ています。

まぶしい朝日がさしこむ窓ぎわで、漬物用の白菜を干していたら、
となりのウリ箱から妙なものが出ているのに気づきました。

P1180033.JPG




にょ。

P1180035.JPG


ウリも、このごろ箱に入はいようになりました

はいれるようになりました



それがどうした。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



※「〜ようになる」の解説と、
 猫が箱に入るのが見出しになるようなことか?についての解説と、
 箱のナカミの写真。(↓)




* * *

〜ようになるの解説】

 「動詞の辞書形/可能動詞の辞書形+ようになる」の形で、
 〔習慣や態度、能力などが変化する〕ようすを表す。

   ☆グリコは、いつのころからか、急にミルクをほしがるようになった

   ☆ウリは、以前はぜったい箱に入ろうとしなかったが、
    このごろ、わりと自然な感じで、入るようになった


* * *   

ウリと箱についての解説――

おおかたの猫は、「箱があれば入る」という習性を持っていますよね。
でも、ウリは、家に来たときから、箱には興味なし。
まるで、なし。
ヒトが、宅配の荷物などを開梱していても、けっして寄って来ない。
おもちゃにしていいよ、と床に置いた箱も、
遠回りして避けて通るようなところがありました。

ま、好みの問題はあるからね、と、さして気にも留めずにいたのですが、
ある日、家に来て数か月したころ、珍しくダンボールにちんまり入ってたので、
冗談で、「よーし、この猫拾っちゃお♪」と言いながら、ふたをしめようとしたところ、
ダンボールのふたがこすれる音に、ウリは、パニック状態で飛び出しました。

あきらかに尋常ではない、そのようす。

ニブイ飼い主もようやく気がつきました。

ウリは、段ボール箱に興味がないのではない。
コワイんだ、って。

* * *

ここから先は想像になります。

おそらくウリは、段ボール箱に入れられて、捨てられた。
それも、ふたをされて、捨てられた。
その箱は、生後半年ほどのウリの背が届かないような、深い箱だった。

懸命に背伸びして、飛び上がって、長い時間奮闘して、
そうして、ようやく、灰色しましまのちび猫は、外に出た。

奮闘のあいだ、いろんな音がしたに違いありません。
箱のふたがこすれる音、自分の爪が箱を引っかく音......
恐怖と、絶望の、音。




* * *

それでも、「はこねこ」のかわいさを見てみたい飼い主、
箱で遊ぶたのしさを味わってほしい飼い主は、
手ごろな箱が手に入ると、未練たらしく細工を施し、
部屋の隅にころがしておくのでした。

「おふとんちっち」(⇒)の悪癖がおさまるのと同じころからだったでしょうか。
ときおりこんなふうに、中に入ってくれるようになりました
今でも、中にいるよりは、上に乗っていることのほうが多いけれど、
ま、そんなわけです。
ウリ箱にウリがおさまっている図は、
おばにとっては、とてもうれしい光景なのです。

* * *



中をのぞいてみましょう。



P1180042.JPG

2月の朝のお日さまがまぶしすぎてようわからんですけれども、
ヘンな顔!
ヘンで、ヘンで、かわいい顔!!


文型の解説より
事情の解説が長いゾ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

昨夜の記事も、ぜひご覧ください!
コメント

ウリさん、その手!
その角度で手をのぞかせるなんて、
箱使いの上級者に認定。
もー、箱なんてものはおもちゃにしてくれるっ!

ウリちゃん、「怖い箱」から「楽しい箱」に思えるように
なってよかったね〜。
 ヒトはとても嫌な記憶は瞬間的(?)に無意識に消し
去ってしまうことがあるようですが、動物は嫌な経験を
生きる知識として記憶しておく場合もあるのかな?と、
思うことがあります。
 
 これからも楽しい記憶をたくさんプールして行こう♪

  • nonoji
  • 2013/02/20 13:10

そうか、トラウマだったのか。
でも、やさしいおばちゃんのお陰で楽しめるようになったのね。

先生、例文が作れました!

  • 伽美
  • 2013/02/20 16:16

箱の穴から手を出して遊んでると思ったら
ひっかけて寝てらっしゃるとはステキな使い方♪

「猫は箱好き」と当たり前に思っていたけど
ウリさんは苦手だったんだ。
でもおばさまの家に来て、箱に入れるようになったのね(^^

  • 2013/02/20 18:22


フフフ、凄い・・・いえいえ、可愛いお顔♪

猫にもトラウマがあるのね。
幸せになれて良かったですね(^^)

  • sotoni
  • 2013/02/20 18:34

ちらっとのぞいたぽふぽふがかわいいこと。
箱の中で変顔をしているのはリラックスしている証拠ですね♪
そっか、ウリちゃん、箱がこわかったんだ。
でも、どう?箱の入り心地は?いいもんだよねー。

こっ

このチロと出したお手てはまさにKSG!!

  • ねんねこ商会
  • 2013/02/21 07:08

きやあ♪
ちょいと出ているぽむも
中で寛いでいるウリちゃんもかわいいよう!
おひさまはウリちゃんにもグリコさんにも
幸せを運んでくる♪

家も箱にあまり入ってくれないので
気まぐれにちょいと入ってくれると
もう盛り上がる盛り上がる(ヒトが)
アマ○ンの箱、いつまでも捨てれなくてもう困っちゃう〜。
とか言ってみたい・・・・・


◆みなさま、猫が箱に入ったってぇだけのことに、
 温かなコメントを、ありがとうございます。

◇こてちさん
 認定、ありがとうございます!
 上達が遅かったのは、飼い主のダンボール細工に不満があったからかも。
 ダンボール工作界の巨匠、こてち先生に弟子入りしなくては。

◇nonojiさん
 生きるための記憶......
 こんなちっちゃな脳みそに、厭な記憶は留めてほしくありませんね。
 たのしいことでいっぱいにしてあげたいです。
 と言いながら、嫌がるウリを今日も今日とて、むぎゅう〜♪

◇伽美さん
 ええ、虎馬おそるべし。
 何ともいえないあの瞬間のウリの恐慌ぶり、
 瞬時にいろんなことに合点が行き、同時にいろんなことが想像されたのでした。
 今でも涙が出そうになります。
 ナイスな例文、ありがとうございます!

◇Aさん
 ええ、困りながら寝てました♪
 このカッコウで「決まっちゃった」んでしょうね。
 箱が苦手な猫がいるなんて思ってもみなかったので、
 フツーに箱が好きになってくれて、うれしいです。

◇sotoniさん
 うふぐふ......
 どうぞもう遠慮なくおっしゃっちゃってください。
 カワイイカワイイ♪
 虎も馬も、しっしっ!

◇キウイさん
 こわいんだ、って気づくまでにえらく時間をかけてしまった飼い主です。
 にぶくてごめんよ〜。
 今でも開梱したりするときの音は苦手みたいなので、
 ダンボール工作は、別室でこっそり静かにやっております。

◇ねんねこ商会さん
 むかしは はこが こわすぎたぎょん。(ウリ)

◇ぽぽろさん
 そうそう、かわいいよう!
 ミュウさんがお入りにならないのは、なぜでしょう。
 美貌を隠すのがもったいないから?
 うむ。きっと、そうです。
 熱帯雨林箱は、さっさと処分なされませ。

  • ニャンタのおば
  • 2013/02/21 18:37