猫マナー「入る」編



きのうは、「正しい日本語」 について、ややうっとうしい展開になりました。

お口直しに、「正しい猫」の写真を、もう少しお見せいたしましょう。






めでたくお外に出たウリ

もちろん入るときも、ヒトを使います。




おじちゃーん
P1010115.JPG


はいるにゃ。
P1010114.JPG




はよ あけぃ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
 
コメント

○ ウリちゃん、眼で日本語を話してマス!!
「開けてねっ!」、「開けろよ!」・・・ どっちか…?
  〜  〜  〜
 さて、日本語の学習の関連して、教えてください。
 実は、50代の上司で、「一朝一夕」(=いっちょういっせき)と読むところを「いっちょういちゆう」って言う人がいます。
 お客さんの前でも会議でも…、気づいていないのでヘーキです。。
 いい年したオジサンなので、傷つけずに正しい読み方を知っていただくには、どうすればよいでしょうか?
 文法を「ハード」とすると、使う場面は「ソフト」とも言えそうですが、こうしたソフト面(≠ソフト麺)でのアドバイスをお願いします。
          <学校給食のソフト麺なののちゃんより>
 

フフフ 無言のプレッシャーを感じさせるそのお顔!

鍵を持たずに出勤して毎晩奥さんに玄関開けさせるご主人の話にはイラッとしたけど、
猫なら許します♪ ウフフ

本当に気持ち良さそうなベランダですね。

ウリさんちには真面目なドアボーイ(?)がいらっしゃるのね(*^-^*)


↑ソフト麺にクスッ♪
お恥ずかしい話ですが私、数年前まで「肋骨」を
漢字を見たイメージで「じょこつ」と読んでました。
勝手に軟骨みたいなもんだと思って(笑)
友人に指摘され赤面、振り返ると血の気が引きましたよ(^^;

  • A
  • 2013/03/19 18:10


◆みなさま、コメントありがとうございます。
◇kitcatさん
 そうなんです、ウリはとっても日本語が上手です。
 ここは「開ける!」=既定の事実の宣言、もしくは命令ですね。

 ええと、当ブログではソフト麺バリカタ麺とも、
 ご質問はお受けしておりません。(無知がばれるから。)
 ことにこうした「傷つけずに気づいてもらう」のは、難度高し。
 留学生相手でも、しばしば悩みます。 
 それにしても一朝一夕を頻繁に使う上司って、ちょっと何だか......


◇sotoniさん
 無言で雄弁!
 あ、ベランダは崩壊寸前なんです。
 体重をかけるのがコワイ。

 誰ですかその「ご主人」って。
 ウチだったら締め出しですな。


◇Aさん
 ドアボーイ氏は勤勉なんですが、
 ウリ猫の困った顔が好物のおばがいるので、
 ウリは今日も困っています。

 「声に出して読」まない漢字って、多いですよね。
 死ぬまで間違っていたことに気づかない単語がありそうです。

  • ニャンタのおば
  • 2013/03/20 12:12

 昨日昼休みに会社から書き込んだコメントが上手く送れなかったようなので
アップします。

 はずかしながら、ウチのデン子は「ハシタナイ行動」をしていました。
無言のまま勝手に掃き出し窓のサッシを開けて外に出て行き、少し開いていた
風呂場の窓から勝手に帰って来ました。時にはヤモリ、アブラコウモリ、
スズメさんなどのお友達を連れて。お友達たちは迷惑だったろうに。

 ウリちゃんは賢いねぇ、「おねがい」ができるのだから。

  • nonoji-souris
  • 2013/03/20 15:38


◆nonoji-sourisさん、コメントありがとうございます。
 はずかしながら、先代のニャンタも、ハシタナイ猫でした。
 さすがにこの写真のサッシ戸は重すぎたようですが、
 ほかの戸は、たいがいさくっと開けて出入りしておりました。
 若かりしころは同伴帰宅もしてました。ふう。

 ありがとうございます。ウリは、ええ、賢いです。
 そして、あくまで「お願い」ではなく「使役」でございます。

  • ニャンタのおば
  • 2013/03/21 07:36