食欲の冬、おばの場合


このまえ高山に帰ったとき、Yおばちゃんに、ムカゴをもらいました。
東京でも探せば駐車場の生垣なんかにヤマノイモがからんでいて、
ムカゴぐらい、じつはわりと簡単に手に入るのですが、
Yおばちゃんがくれたのは、太い親指の先ほどもあるりっぱなもの。
しかも、どっさり。

半分は塩煎りにして、遠野ホップ一番搾りのつまみにしましたが、
まだまだある。

そこで、ムカゴ飯を炊いてみることにしました。
が、昆布を浸けておくのを忘れていたことに、炊く段になって気づく。
でも、(私にしては)タイミングよく、いいものがあったのを思い出した。

「がごめ昆布塩」。

ずいぶん前に函館の従妹がくれたのが、冷蔵庫で眠っていたんですな。
昆布粉末やら魚醤やらが入っているらしい。

これ幸い、酒とがごめ昆布塩を投入して、火にかける。
P1070368.JPG

ぷぅぷぅといい匂いの湯気を上げることしばし、
炊き上がり。
P1070378.JPG
ムカゴが、ごろん、ごろん、と豪快な眺め。

おこげも、ちょうどいい具合。
P1070383.JPG
がごめ昆布塩、大正解!
ご飯でお酒が進むとは、これいかに。


飛騨のむかごと、函館の昆布と塩が、
はからずもわが家で出会ったわけです。
しかも、函館の従妹はYおばちゃんの娘なのである。
母と娘のこらぼれーしょん♪なのである。
めでたやのぅ。

ごちそうさまでした!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
また太るわぇな。


※昆布の次はかつおぶし。
 あしたは、ウリにかつぶし。
 その驚愕の結果にあなたはきっと驚愕する!

コメント

見事なむかごご飯ですね!
私は土鍋で炊いたご飯でワインが進むので困ります。
ご飯は別腹、なんてね♪

  • おっチョコ
  • 2013/12/19 08:08

西と言わず北と言わず、
縁のある方から美味しい頂き物をすると
とても風味な嬉しさがありますね♪
しかも母娘のコラボがこっそりとカントーで!

酒は、コメの酒は太りまっせ。
しょーちゅーになさいませ、毎日飲む方は。

  • 藏ゆ
  • 2013/12/19 09:19

がごめこんぶ、こういう風にも使えるのですね。この夏函館で買ってきていま手元にあるので非常に参考になりました!

  • Kazue Takada
  • 2013/12/19 15:16


◆コメントをありがとうございました。
◇おっチョコさん
 ご飯でワイン!
 斬新でございますなあ。
 別腹......結果はひとつ腹に具現するのがイタイです。

◇藏ゆさん
 ええ、こっそりと素敵なこらぼれいしょん♪
 酒は、だって、酒がおいしいんですもん。
 毎晩飲むったって、ちょっぴりですもん。

◇Kazue Takadaさん
 (こちらでは)初めまして! ようこそおいでくださいました。
 がごめ昆布、これは昆布本体ではなく、粉末に塩を混ぜた製品です。
 色が濁るかな、と思ったのですが、きれいにおいしく炊き上がりました。
 ぜひお試しあれ。

  • ニャンタのおば
  • 2013/12/21 16:43