キミを食う!

★文型【〜のような】



たべられちゃうですよ、きみ。
P1070273.JPG
 




さてさて、この愛すべきかぼちゃ、飾っておきたいのは山々なれど、
さっさと食べちゃうのが、かぼちゃと、その生産者、長谷川さんへの礼儀。
蛮勇をふるって包丁を入れました!

縦に切るか、横に切るか、さんざん迷った末、
えいやっ!
P1080565.JPG
だってー。
どうしたって横に切ってみたくなるじゃありませんか!

まさに花丸ですな。
誘惑に負けて真横に切っちゃった以上、
この花丸の形を生かしたものを作らねば。

P1080574.JPG
左隅は、玉子ささげという、飛騨の山畑でとれたお豆さん。
薪ストーブでくつくつ茹でたのが、冷凍庫にちょっと残っていた。
同じく半端に残っていたクスクスと、さらに豆乳と玉子をまぜて――

P1080577.JPG
種とワタを抜いた下半分に詰め、
チーズを乗っけて、オーブンへ。

P1080585.JPG
むー。
ちょっと乾き気味になってしまった。
蒸し焼きのお湯が少なすぎたかな。
許されよ、小菊どの。

P1080590.JPG
でも、おいしい♪
果肉は、ほこほこ系じゃなくて、ねっとり系。
舌にまつわる感じが、なんとも言えません。

*

オーブンが働いている間に、もう1品。
ストレートに味わってみたくて、上半分を「花弁」に沿って薄く切り、
多めの油に粗塩、それにローズマリーを一枝添えて揚げ焼きにしてみる。
P1080579.JPG
むむっ。
......こ、こっちのほうが、断然、んまい!
オリーブオイルとの相性が、いい感じです。
シンプルの勝ち、ってことでしょうか。

と言いつつ、冷蔵庫にあった残り物のサワークリームを乗っけてみる。
ついでに「泡」も、添えてみた♪
P1080583.JPG
おほほ。
これまたうんまい♪

長谷川さん、ごちそうさまでした!
小菊ちゃんのいのち、ありがたく、おいしく、いただきました!
(上半分の残りは、長谷川さんおすすめのキンピラにしてみました。
 ザラメと濃い口しょうゆで甘じょっぱくして。
 おいしくて、写真撮り忘れました〜。)




ウリは たべないでにゃ!
P1080561.JPG


『東北食べる通信』は、
「食べる情報誌」なのだ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
たのしいのだ〜。


ついでなんで、過去の記事を振り返ってみました。
==「ウリ猫と野菜」シリーズ==
  ・すくなかぼちゃ ←おどろきますよ、この巨大さ!
  ・ロマネスコ ←「寒いぼが出る!」と言う方もあり。閲覧注意野菜。
  ・バターナッツかぼちゃ
  ・ズッキーニ

コメント

ごはんを食べた後なのに、じゅる、、、となりますた。

昨年はじめて南瓜のお漬物をたべたのですが、しゃきしゃきした歯触りで美味しゅうございましたよ。いつかまた小菊さん一族がおうちに来られた際はお試しくださいませ。(自分は作れませんが)

  • ねんねこ商会
  • 2014/01/29 08:14

スーパーで買える均一な野菜とは一味違う伝統野菜、国内外の
珍しい野菜が見直されて食べる機会もふえてきましたね。 
黒キャベツ、縮緬キャベツ、フィノッキオなども美味しいですよ!
東北食べる通信、購読してみようかな。

  • おっチョコ
  • 2014/01/29 08:39

これは美味しそうですね。
特にローズマリーを入れての揚げ焼き。
甘いかぼちゃ料理は苦手ですが、これはイケそう。

  • 伽美
  • 2014/01/29 11:30


◆みなさま、コメントをありがとうございました。
◇ねんねこ商会さん
 かぼちゃの漬物?!
 若い実を使うんでしょうか。
 うまく味を想像できません。
 試作は、どこぞで試食をしてからにいたします〜。(失敗がコワイ。)

◇おっチョコさん
 黒キャベツ! フィノッキオ!
 何それ?と、お勉強いたしました。
 世の中にはいろんな野菜があるんですねえ。
 自国の伝統野菜にエキゾチズムを感じてしまうのは妙なものですが、
 各地で復活の動きがあるのはうれしいですね。
 食べる通信は、ご懸案の東北旅行の予習に、おススメです!

◇伽美さん
 皮付きのジャガイモなんかも、油多めで焼くとおいしいですよ。
 この小さな鋳鉄のフライパンでやると、ことに美味! 

  • ニャンタのおば
  • 2014/01/30 10:50